フィールドバスインストレーションはメンテナンスと拡張が簡単

フィールドバスインストレーションはメンテナンスと拡張が簡単

完全に適合

コンパクトな設計が軽量化と省スペースにつながります。

特長:拡張性のあるフィールドバリアとデバイスカプラ

  • ホットスワップ対応部品でエラー発生時に最大の可用性を実現
  • すぐに取付け可能な配線済みのフィールド接続ボックスですばやく設置
  • 簡単なセグメントプランニングで予備のハードウェア不要
  • 拡張が簡単でモジュール性を維持
  • DC 24 V分電のバージョンには4線式フィールドバス装置もあり
  • 3つの製品番号だけですべてのアプリケーションを管理するため保管コストが低額

特長:フィールド装置のジャンクションボックス

  • M12ケーブル接続オプションでダウンタイムが最短
  • 防爆対応および非防爆対応のハウジングバージョン
  • 標準フィールドバスケーブルドラムの使用で保管コストが低額

アプリケーション

プロセスエンジニアリングのフィールドバスインストレーションを設計する場合、可用性が重要な役割を果たします。これはPROFIBUS PAやFoundation Fieldbusも同様です。

フィールドバリアとトポロジ
セグメントプロテクタやフィールドバリアを使用してバスセグメントを分岐の短絡から保護し、必要な保護タイプを提供します。ただし通常の4チャネルのフィールドバリアには障害発生時に分離できないという欠点があります。代わりに単体のフィールドバリアを最も良く使用されるライントポロジに配置してセグメント全体を切り離す必要があります。この結果、可用性に大きな効果が生まれます。

エラーがシステム全体に与える影響

エラーがシステム全体に与える影響

フィールド配線
フィールド装置を接続する場合、電気エンジニアでなくてもすばやく交換してダウンタイムを最小限に抑えるというプロセス重視の要件があります。これはフィールドデバイスのコネクタ(通常はM12または7/8インチ)で実現できます。こう聞くと極めて単純に思えるかも知れません。しかし環境条件が厳しい場合も多く(ATEX、粉塵、酸、腐食性ガスなど)、このような環境ではフィールドでアッセンブリ可能なコネクタを使用するのがほぼ不可能です。このときの弱点はケーブルとコネクタのシールにあります。

このためケーブルにしっかりモールドして固定されたコネクタを使用します。
とはいえフィールド分配器とフィールド装置の距離はさまざまなため、メーカーがアッセンブリしたケーブルにはさまざまな長さが必要となります。経済上の理由から、さまざまな長さのケーブルを常に用意しておくことは不可能です。在庫コストや物流コストが跳ね上がり対応する意味がなくなります。

ソリューション

モジュール拡張可能なフィールドバリア  

モジュール拡張可能なフィールドバリア

拡張可能なフィールドレベル
フエニックス・コンタクトは、セグメントのエラーの影響を最小限に抑えてシステムの可用性を高める拡張可能なフィールドバリアのインストレーションコンセプトを提供します。フィールドバリアを動作中に交換したり、他のフィールドバス装置との通信に悪影響を与えることなくPROFIBUS PA/FOUNDATION Fieldbusを拡張できます。

これは各カプラに標準で付属しているDINレールコネクタを使用することで実現できます。このコネクタを使用すればデバイスカプラを取り外してもバックプレーンなどのクロス通信が影響を受けることはありません。また既存の装置の動作に悪影響を与えずにセグメントを拡張するために使用することもできます。

フィールド接続ボックスとモジュール拡張可能なフィールドバリア  

フィールド接続ボックスとモジュール拡張可能なフィールドバリア

フエニックス・コンタクトは、デバイスカプラ、フィールドバリア、サージ保護、フィールドバスケーブルなどの必要な部品をすべて供給可能なだけではなく、簡単に設置できるフィールド接続ボックス
(ジャンクションボックス)も提供できます。

セットアップにプリアッセンブリされている場合と、必要なフィールドバリアにすべて配線し取り付けられている場合があります。フィールド接続ボックスには防爆対応と防爆非対応があり、ねじ接続、ケーブルクランプレールおよびバスバーが付属しています。

フィールド装置のジャンクションボックス

化学システムの一般的なケーブル配線  

化学システムの一般的なケーブル配線

フィールド装置側には、フィールド装置の手前にリンクとして取り付ける小型のパッシブジャンクションボックスがあります。フィールド分配器のドラムから延びるケーブルの先端をフィールド装置のM12ケーブルアセンブリのフリー先端とフィールド互換で接続できます。

金属製ハウジングとシールドねじ接続でフィールドバス互換のシールド接続をいつでも実現できます。ハウジングで2線のフィールドバスを接続するだけです。シンプルな青の電気機器製品として設計されているこのフィールド装置のジャンクションボックスはExゾーン1の本質安全回路でも使用できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階