プレミアム電源QUINT POWER

プレミアム電源

SFB Technologyおよび信号閾値と特性曲線の個別のコンフィグレーションにより、プレミアム機能を備えた高性能の電源QUINT POWERは優れたシステム可用性を提供します。100 W以下の電源QUINT POWERは、コンパクトなサイズで監視機能と高性能の予備電力機能を独自に組み合わせています。

詳細情報

特長特長

  • SFB Technologyで標準ミニチュアサーキットブレーカを選択的にトリップさせます。並列接続の負荷は引き続き動作します。
  • 監視機能により、エラーが発生する前にクリティカルな動作状態が通知されます
  • エネルギー効率が高く長寿命、一体型ガス入り放電管で最大耐性を確保
  • スタティックブーストで簡単にシステム拡張するためのパワーリザーブが、最大125%の持続電力を提供します。  最大200%で5秒間のダイナミックブーストにより困難な負荷を確実に起動
  • プレミアム電源は、COMPLETE lineシステムの一部です

電源QUINT POWER 1~40Aにわたり高性能で高い信頼性

インタラクティブイメージマップ:QUINT POWERシリーズ
100 W未満のQUINT POWER
QUINT POWERはコンパクトなサイズで、最大100 Wまでの出力範囲の非常に厳しいシステム要件を満たします。
100 W未満のQUINT POWER
40 Aの電源QUINT POWER
高性能電源は最大40 Aまでの電流で利用可能です。
40 Aの電源QUINT POWER
QUINT POWER Plusバージョン
過酷な環境下の要求の厳しいアプリケーション用の電源。
QUINT POWER Plusバージョン
通信可能な電源QUINT POWER
通信可能な電源は、動作データに関して完全な透明性を提供します。
通信可能な電源QUINT POWER

高性能電源QUINT POWERは、SFB Technology、監視機能、および調整可能な設定により、システム可用性を確保します。

QUINTシリーズの100 W未満の電源QUINYは、コンパクトなサイズで監視機能と高性能の予備電力機能を独自に組み合わせています。さらに、低電力範囲の電源QUINY用にPush-in式接続およびねじ式接続から選択することができます。

通信可能な電源QUINT POWER

通信可能な電源QUINT POWER

通信可能な電源QUINT POWER

通信可能なQUINT POWER電源は、AC側から24 V DC側への動作データに関して完全な透明性を提供します。フィールドバスまたはIO-Linkから、制御環境に迅速かつ簡単に統合またはパラメータ設定ができます。

フィールドバス経由の統合:

  • CAPAROCサーキットブレーカシステムと統合されたPROFINETインターフェースへの接続を経由
  • DC UPSサーキットブレーカシステムと統合されたEtherNet/IP、EtherCAT、Modbus、またはPROFINETインターフェースへの接続を経由

IO-Linkによる統合:

  • IO-Linkマスタへの直接接続

さらに通信可能な電源により、監視機能とメンテナンスが可能になり、優れたシステム可用性を確保します。

優れたシステム可用性のためのデータの透明性
通信可能な24V電源システム
IO-Linkを備えた電源QUINT POWERと、機器用サーキットブレーカシステムCAPAROCまたはインテリジェントなQUINT DC UPSを組み合わせて、通信可能で信頼性の高い電源ソリューションを構築することができます。スマートシステムがすべての重要な動作および診断データを提供します。監視機能により、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。
24 V電源システムへ
電源、機器用サーキットブレーカ、USP
電源QUINT POWER

QUINT POWER―ご使用のアプリケーションに合わせて調整するのに理想的

電源QUINT POWER用コンフィグレータ

信号閾値、特性曲線、出力電圧など、さまざまなパラメータを個別に設定することができます。お客様のカスタマイズされた電源を、1点のみから注文可能です。 

製品動画

機能安全向け電源

厳しい周辺環境向けのQUINT POWER Plusバージョン

機能安全

電源QUINT POWERは機能安全要件(SIL)を満たし、最大の動作安全性を確保します。並列動作でも異なる位相に接続された場合でも、入力電圧に問題がある場合でも、高い信頼性で負荷に供給することができます。

20 A電源のPlusバージョンを設置するか、QUINT POWERをQUINT-S-ORING冗長化モジュールと組み合わせて使用することにより、安全度水準SIL 3(IEC 61508)までの機能安全を備えたアプリケーションに組み込むことができます。

110 V DCの電源QUINT POWER

110 V DCの電源QUINT POWER

110 V DCのQUINT POWER

出力110 V DCの新しい電源QUINT POWERにより、複数の電源ユニットを直列に接続する時代は終わりました。この新しい電源を使用すれば、1台の機器のみで135 V DCの電圧範囲までのアプリケーションに給電することができます。プロセスおよびエネルギーテクノロジに最適なソリューションです。

QUINT POWERのテクノロジと特長

SFB Technology
照明機器
QUINT POWERで簡単にシステムを拡張
SFB Technology

標準ミニチュアサーキットブレーカをすばやく磁気トリップさせるには、電源は定格電流の数倍の電流を短時間で流す必要があります。
電源QUINT POWERは、SFB(Selective Fuse Breaking)Technologyにより、最大6倍の定格電流を15 ms流し、標準的なミニチュアサーキットブレーカを迅速かつ確実に遮断します。故障した電流経路は選択的に遮断され、故障箇所を特定し、重要なシステム部品の動作は継続させます。

SFB Technologyの詳細
照明機器

QUINT POWER電源は、出力電圧と出力電流を常時監視します。監視機能で危機的な動作状況を表示し、エラー発生前にコントローラに通知します。アクティブスイッチング出力および無電圧リレー接点により、遠隔監視が行われます。

QUINT POWERで簡単にシステムを拡張

電源QUINT POWERでシステムを簡単に拡張することができます。そのために、スタティックブーストは定格電流の最大125%を継続して供給します。困難な負荷を起動するために、ダイナミックブーストはさらに定格電流の最大200%を5秒間供給することが可能です。

最大のシステム可用性を実現するためのさまざまな機能を搭載

異なる出力範囲でのさまざまな機能により、高性能の電源QUINT POWERは最大のシステム可用性を確保します。SFB Technology、個別設定、組込みのガス入り放電管、またはさまざまな接続方法による省スペースで省エネのバージョン―QUINT POWERはご使用のシステムの電源を確実に保護します。

100 Wを超えるQUINT POWER
100 W未満のQUINT POWER
100 Wを超えるQUINT POWER

100 W未満のQUINT POWER

SFB Technology
監視機能
設定済み品を注文可能
Push-in接続方式とねじ接続方式から選択可能
スタティックブーストパワーリザーブ
ダイナミックブーストパワーリザーブ
ガス入り放電管内蔵
薄型機器
堅牢設計
高効率