セーフティリレーモジュール

セーフティリレーモジュールおよびセンサ

セーフティリレーモジュールを使用して、機器とシステムのセーフティ機能を確実に実装することができます。非常停止ボタン、ライトカーテン、安全ドアスイッチからの信号を監視して、必要な場合には安全状態を開始します。PSR製品ラインアップには、固定または設定可能なセーフティ機能を持つセーフティリレー、停止検知用および速度超過セーフティリレー、安全カップリングリレーがあります。

詳細情報

製品シリーズ

安全電気機械式リレーと非安全電気機械式リレーの違いについて。

###安全電気機械式リレーと非安全電気機械式リレーの違いについて。

非安全スイッチングリレーでは、複数のスイッチングサイクル後に金属接点が溶着することがあります。この場合に機械オペレータが非常停止押しボタンを押すと、機械は停止しません。その結果、非安全状態になります。これにより、オペレータの負傷や機械の損傷につながることがあります。

セーフティリレーモジュールに設置されたリレーは、EN 50205に準拠する強制ガイド付接点のリレーテクノロジをベースにしており、機械およびシステムの機能を確実に監視します。冗長化構造により、機械オペレータは常に安全状態が担保されます。

国内外の規範や規格では、非安全リレーを危険な機械やシステムで使用することを禁じています。ここでは、代わりに関連安全規格および規範に準拠するセーフティリレーモジュールを使用する必要があります。

安全機能

###安全機能

セーフティリレーモジュールは、機器やシステムで、以下のようないくつかの安全機能と論理演算が実行できれば十分という場合に理想的です。

  • 非常停止
  • 安全ドアなど、可動ガードの監視 
  • 電気感光性保護機器
  • クラスIIICまでの両手操作式制御機器
  • 停止監視および速度監視
強制ガイド接点付きリレー

強制ガイド接点付きリレー

強制ガイド付接点で実績のある安全性

監視機能を統合したセーフティリレーモジュールでは、強制ガイドプロパティを使用して障害を検出します。これにより接点溶着などの深刻な障害を確実に検出し、高い安全性を実現します。

しくみ
基本リレーのa接点およびb接点は、強制ガイドで機械的に接続されています。このためa接点とb接点が同時に閉じることはありません。適切な回路と一緒に使用すると、オープンエラーを確実に検出することができます。これは、人間と機器の安全性を最大限に確保するための最も確実な方法です。

セーフティリレーモジュールの関連規格および承認

###セーフティリレーモジュールの関連規格および承認

フエニックス・コンタクトのすべてのセーフティリレーモジュールは、パフォーマンスレベルeまでのEN ISO 13849またはSIL3までのIEC61508に準拠するTÜV認証を得ています。   
セーフティリレーモジュールはセーフティ機能の論理部を形成するサブシステムで、新しい安全性要件に対応する必要があります。認証プロセスの一環として、とりわけ次のスイッチング機器の機能が検査、評価、検証されます。 

  • 正しい設計
  • 危険側故障発生までの平均時間(MTTFd)
  • 診断範囲(DC)
  • 共通原因故障(CCF)

特長特長

PSRセーフティリレーモジュールの主な特長:

  • すべての安全機能に最適な製品が利用可能
  • コンパクトなセーフティリレーモジュールは非常に小さいスペースにも設置可能
  • Push-in式接続で簡単に配線
  • GL、UL、TÜV、海事、燃焼技術など、あらゆる市場と産業向けの承認
  • 革新的なリレーテクノロジで、より多くの診断オプションと最大のセーフティ
機能安全
セーフティスイッチから安全コントローラまで
当社のセーフティ製品ラインアップには、非接触型セーフティスイッチからセーフティリレーモジュールやI/O、安全コントローラが含まれます。フエニックス・コンタクトのセーフティコンポーネントはすべてSIL認証で、取扱いが非常に簡単なことが特徴です。
今すぐカタログをダウンロード
制御盤内の機能安全