照明の当たっている夜の街と、スマートシティのネットワーク化を示すアイコン

スマートシティ 明日のスマートシティのためのコンセプトとソリューション

デジタル化と技術の進歩は、都市や街、コミュニティに進出し、都市生活空間の開発のためのコンセプトを提供しています。より集中的な土地利用、交通量の増加、供給と廃棄のボトルネック、ならびに大気汚染と騒音のレベルの増加は、街に新しい課題を突き付け、インテリジェントなインフラのためのコンセプトが必要です。

テクノロジとインテリジェントなシステム、プロセスを組み合わせることによって、明日の住みやすい街のコンセプトが可能になります。フエニックス・コンタクト は、高度に統合されネットワーク化された情報と通信テクノロジにより、都市空間をスマートシティに構造的に変化させることに貢献しています。当社のアプリケーションとテクノロジの専門知識を活用して、スマートシティのコンセプトを実現しましょう。

スマートシティには、都市をより住みやすくインテリジェントにするアプリケーション分野がすべて含まれます。スマートシティ開発のコンセプトは、サプライヤ、建物、交通のためのデジタルテクノロジと持続可能なソリューションに基づいています。フエニックス・コンタクトは 未来のスマートシティへの道程をサポートします。

Jörg Nolte - Phoenix Contact, Vice President VMM Infrastructure
Jörg Nolte

スマートシティのすべてのセクターをインテリジェントに組み合わせるためのコンセプト

スマートシティは建物、インフラ、モビリティで構成される多くのセクタでできています。未来のAll Electric Society(全ての電動化社会)のビジョンは、個別のセクタをインテリジェントに組合わせることに基づきます。発電機と負荷との間のエネルギー交換を調整することは、持続可能な未来の礎です。スマートシティをすべてのセクターにわたってネットワーク化するには、テクノロジ、インテリジェントシステム、プロセスの他に、未来志向のオートメーションと通信技術が必要です。

ビルの内部からの様子とインテリジェントにネットワーク化されたビルを表すアイコン

ビルディングオートメーションのデジタル化

スマートビルディング スマートシティの必須の部分としての自己最適化ビル

スマートビルはスマートシティの必須の部分です。ビルをインテリジェントにネットワーク化して全体的コンセプトに統合すれば、例えば エネルギー供給の分野で、貯蔵システムや負荷として、効率的で安定した、経済的なシティコンセプトに貢献することができます。

当社のIoTベースのビル管理システムEmalyticsにより、ビルのデジタル化の中心的要素を1つのインテリジェントなプラットフォームに組み合わせて、さまざまなプロパティを場所に関わらず制御および監視できるようになります。

街の鳥瞰図とスマートシティのネットワーク化された交通システムを表すアイコン

交通インフラのデジタル化

スマート交通 インテリジェントにネットワーク化された交通システム

住みやすい街には、良好な空気とモビリティに適したアプローチが必要です。スマートシティに合わせて調整された交通システムは、街に住み、労働するための重要な基盤です。目標は、例えば 排気を削減して資源を保護しながら、同時にすべての道路および交通ユーザーの安全性を向上することによって、環境を保護することです。

当社のシステムとソリューションを使用すると、現在のデータをとらえ、インテリジェントオートメーションシステムの助けを借りて、変化するニーズに適応できます。
この新しいレベルの透明性と、積極的な交通制御やインテリジェントな街灯は、安全で持続可能なモビリティへの道程の、重要な構成要素です。

水とインテリジェントな水管理を表すアイコン

上下水道処理のデジタル化

スマートウォーター インテリジェントな水管理

スマートワールドの実現には、最も貴重な資源である水をインテリジェントに使用することも関係します。現代のプラントで流れているのは水だけではありません。大量のデータも流れています。

当社のスマートウォーター向けソリューションは、情報を活用して水の供給、廃棄、使用を向上するのに役立ちます。幅広いデータをリンクして評価することにより、重要なインフラを監視してリアルタイムで効率的かつ確実に制御することができます。プロセスの最適化を支援するため、外部情報もIoTアプリケーションを使用して取り込みます。オープンで柔軟なシステムにより、サプライヤーの計画の確実性が向上し、資源を保護することができます。

共同事業とプロジェクト

フエニックス・コンタクトはスマートシティに関する共同事業や研究プロジェクトに積極的に参加しています。そのためスマートシティの実践とは何かについてお伝えすることができます。都市空間のデジタル化がすでに多くの産業分野に恩恵をもたらしていることは否定できません。

Lemgo DigitalのロゴとFraunhofer IOSB-INA

街はデジタル化のための生きた実験室

中小規模の街や都市におけるデジタルトランスフォーメーション 街はデジタル化のための生きた実験室

巨大な街や主要都市に加えて中小規模の街や都市もデジタルソリューションの恩恵を享受できます。Fraunhofer IOSB-INAはこれを念頭に、2018年5月からIoT Real LabであるLemgo Digitalを、中小規模の街や都市のデジタルトランスフォーメーションのオープンで革新的なプラットフォームとして運用しています。

Fraunhoferチームは、OWL University of Applied Sciencesやその他のパートナー、ならびにのノルトライン・ヴェストファーレン(North Rhine-Westphalia、NRW)州のサポートも受けています。
インフラは、企業やIoTの新興企業、コミュニティ、研究機関が、モビリティ、小売り、環境の行動エリアにおいて、革新的な製品やデータベースのサービスを、「everyday experts(日常のエキスパート)」である地域住民と共同で実現するために利用されます。

旧ハンザ同盟都市であるLemgoは、NRW州にある180を超える中規模の街の基準となるプラットフォームとして位置づけられ、最も人口の多いこの連邦州の全人口の半数が居住しています。そのため、デジタル化の課題の開発とデジタル化プロジェクトの実施に関しては、NRW州やドイツ全体の多くの同様のコミュニティがLemgo Digitalからメリットを得ることができます。

街灯の内部をねじ止めしているフエニックス・コンタクトの従業員

街灯からの安全なデータ伝送から街灯監視システムまで

街灯プロジェクト

街灯は街の安全性向上と生活の質の向上に役立ちます。将来、照明がインテリジェントになり、市民のニーズにより柔軟に調整することができるようになります。これにより、夜間、雨、霧などの関連条件に最適に適応できます。同時に、住宅エリアや歩行者ゾーンで、横断歩道間の調整を行うことができます。

フエニックス・コンタクトは、Lemgo Digital Real Labで都市公共施設と協力して街灯を最新化しました。無線テクノロジLoRaWANを使用することで、既存のケーブル配線を維持することができました。個々のライトの明るさを調整することに加えて、消費データや状態データなど、ライトから追加情報を読み取ることが可能になりました。

新しいテクノロジに切り替えることによって、街灯柱に継続的に給電でき、カメラシステムや環境センサなどの追加のセンサのインフラにも給電できます。新しいLoRaWANネットワークの開発により、駐車スペースセンサなど、街に追加のセンサを組込むこともできるようになりました。そのため、LoRaWANと街灯柱はデジタルトランスフォーメーションの重要な要素です。