スマートシティ:持続可能でより良い環境 リソースの保全、省エネルギー、データの活用 - 都市化に伴う課題を克服するスマートシティ用のソリューションとテクノロジで

ネットワーク化されたスマートシティの図
Smart City Box動画
Smart City Boxで、よりよい持続可能な居住環境を MovingImage

よりよい都市の実現に向けて 資源やデータをすべて効率的に使用しましょう

スマートシティに向けたデジタル変革は、All Electric Societyの未来像に即した、将来の持続可能で安全な都市を形成するための第一歩となります。スマートシティアプリケーションは、社会とデジタル化の間のネットワークリンクとして重要な役割を果たします。
でも、ネットワークが一貫しており、利用可能な全てのデータソースが活用できるという環境がなければ、その居住地が本当の意味で「スマート」になったとは言えません。当社のスマートサービスは、こうしたデータを基に、IoT機器を駆使してお客様が必要とするデータの透明性を確保します。コスト効率も資源効率も良いスマートシティプロジェクトの実現に向けた当社の活動にぜひご参加ください。

テクノロジとインテリジェントシステムやプロセスを組み合わせることによって、よりよい未来の街というコンセプトを実現します。当社のオープンなIoTソリューションを活用することで、統合的で持続可能な都市開発を促進することができます。

Jörg Nolte - Phoenix Contact, Vice President VMM Infrastructure
Jörg Nolte

スマートシティ向けIoTソリューション デジタル化への導入を簡単にするブロック

スマートシティアプリケーション用の設定済み制御盤
交差点でタブレットを持つ人
スマートコネクテッドシティの図
ソフトウェアサービスを利用したスクリーン
スマートシティアプリケーション用の設定済み制御盤

コンポーネントの広範なラインアップに加えて、Smart City Boxはデジタル化に向けて汎用的に適用できる製品です。設定済みの制御盤をハブとして使用することにより、都会のインフラにおけるスマートアプリケーションの導入を可能にします。

PLCnext Technologyエコシステム向けのハードウェアであるPLCnext Controlは、Smart City Boxの中核を担う存在です。LoRaWANネットワークの構築や拡張に、当社のLoRaWANオープンゲートウェイが使用されています。ディープラーニングアプリケーション向けに、AI機能が搭載されたモジュールが統合されています。

交差点でタブレットを持つ人

個別の要件に対し、プロジェクトにおける高い柔軟性で対応します。当社の専門知識を活用することでITリソースを節約することができます。

LoRaWANなどの最新の無線技術に対するコンサルティングやトレーニングを提供します。また、当社の包括的なサービスのラインアップには、試運転、エンジニアリング、ソフトウェアやハードウェア(センサテクノロジなど)のIoT環境への統合などが含まれています。

スマートコネクテッドシティの図

あらゆるセンサやデータを当社のIoTプラットフォームで一元管理 フエニックス・コンタクトは、grovez.ioにより、スマートシティのサービスを運用できる安全なクラウド環境を提供しています。 

直感的に分かるウェブインターフェースとダッシュボードにより、IoTプラットフォームを簡単にご利用いただけます。IoTプラットフォームの運用と保守は当社が責任を持って管理するため、社内のITリソースを費やす必要もありません。

また、お客様独自のスマートシティアプリケーションを実現するために、MQTTやLoRaWANサーバなどの既存の通信インターフェースに加え、Grovez.ioは他の通信技術にも簡単に拡張することが可能です。 

ソフトウェアサービスを利用したスクリーン

フエニックス・コンタクトは、Software-as-a-Service(SaaS)ソリューションを標準型でもカスタマイズ型でも提供することができます。 機器はウェブサービスアクセスによってインテリジェントに管理され、スマートシティアプリケーションからのデータは必要に応じて表示することができます。

オープンシステムアーキテクチャにより、当社のIoTプラットフォームでソフトウェアサービスを使用することも、協働してお客様の既存のインフラに当社のアプリケーション固有のソフトウェアを統合させることも可能です。

PLCnext TechnologyとFraunhofer IOSB-INA社のロゴ

協力・調査プロジェクト AIを活用した都市のスマートな未来のためのアプリケーション

人々の暮らしや地域社会に進歩と利益をもたらすために、現在、多くの先進的な新しいアプリケーションが開発されています。フエニックス・コンタクトはFraunhofer IOSB-INA社と協力し、暮らしを抜本から改革するAI機能搭載のソリューションを開発しています。

深層学習アプリケーションの一例としては、光センサ技術を用いた車両のカウントがあります。画像データは、PLCnext TechnologyエコシステムのハードウェアであるPLCnext Controlで処理され、匿名でクラウドに伝送されます。これにより、長期的に都市の交通の流れが最適化されます。