保護技術と制御エンジニアリング用のプラグインテストシステム

保護技術と制御エンジニアリング用のプラグインテストシステム

FAMEは、保護テクノロジで中電圧および高電圧開閉装置向けのあらゆる測定や試験タスクを行う革新的なモジュール型プラグインテストシステムです。プラグインテストシステムは、変流器および電圧変換器の機能テストを行う複雑な切換え操作、またトリップや信号コンタクトを、組み合わせています。手動試験は、自動で安全、かつ迅速に実行できるようになりました。

詳細情報

プラグインテストシステムの比較

プラグインテストシステムの比較
  • FAME 1
    プラグインテストソケットに操作プラグと変流器短絡があるプラグインテストシステム。

  • FAME 2
    試験用プラグに操作プラグと変流器短絡がないプラグインテストシステム。

  • FAME 3およびFAME 3 SL
    プラグインテストソケットに操作プラグと変流器短絡がないプラグインテストシステム。

  • FAME RACK
    プラグインテストソケットに操作プラグと変流器短絡がないプラグインテストシステム。

強制切替えシーケンスで簡単にテスト

強制切替えシーケンスで簡単にテスト

1台にまとめたプラグインテストシステムFAME 2およびFAME RACKの強制切替えシーケンス

プラグインテストシステムは、さまざまな切替えタスクを正しい強制切替えシーケンスで実行できるように、2種類のアプローチを使用します

FAME 2システムテストプラグには3種類の長さの接点があり、プラグ操作による安全な時系列的切断により、切替えシーケンスを実行することができます。

一方FAME RACKプラグインテストシステムは、プラグインテストソケットで強制切替えシーケンスを生じさせることができ、テストを単独のプラグのみで実行できて時間を節約することができます。プラグインテストソケットで強制切替えシーケンスを実装するため、ソケットは単独プレートで構成されています。そのためソケットの組立て時には、さまざまな切替えポイントのさまざまなタイプのプレートから選択することができます。例えば、S-プレートは遅延切替えポイントがあり、接続する接点までの距離が短いです。  つまり、このプレートはプラグインすると長い遅延で最後に切替えをします。システムにはSプレートの他にM- プレートとLプレートもあります。Mプレートには遅延切替えポイントがあり、Lプレートには早期切替えポイントがあります。

FAME 1、FAME 3。FAME 3 SLプラグインテストシステムは、さまざまなブロックの切替えプロセスシーケンスを組み合わせており、強制切替えシーケンスは不要です。

 FAME 3機能

FAME 3機能

自動誘導変流器短絡

FAMEプラグインテストシステムは、リレーのテストの場合や保護機器の交換のために、迅速かつ簡単に短絡することができます。そのためには、システムに応じて、プラグインテストソケットまたはテストプラグ内の標準プラグインブリッジで、変流器を短絡します。この結果、高度な信号分離を簡単に含めることができます。

回転式ハンドル機構

回転式ハンドル機構

FAME 2、FAME 3、FAME RACKプラグインテストシステム向けの回転式ハンドル機構

プラグインテストシステム用の特許取得の回転式ハンドル機構により、テストプラグをテストブロックから均一に引き出すことができます。関連するさまざまなスイッチ位置での強制ロックと短時間一時停止により、プラグインテストシステムはシステムとオペレータに最高レベルの安全性を提供します。

テストプラグを完全に挿入するとすぐに、プラグはプラグインテストソケットにしっかりロックします。すべてのテストコンタクトはテストセットアップ通りに接触しています。ハンドルを45°停止位置まで回転させると、テストプラグのラッチを解除することができます。これにより、プラグを中間段階まで引くことができます。プラグインテストシステム変流器の接点は保護機器と再接続されます。回転式ハンドルを開始位置に戻した後に初めて、プラグがロック解除されます。その後、テストプラグをプラグインテストシステムから完全に引き抜くことができます。元の信号接続が再確立されます。

FAME 3 SLのロック機構

FAME 3 SLのロック機構

FAME 3 SLプラグインテストシステムのロック機構

FAME 3 SLプラグインテストシステムのテストプラグは、プラグインテストソケットに差し込むと自動的にロックします。テストコンタクトはテストセットアップ通りにしっかり接触します。テストの終了後、橙色のレバーを作動することで、ロックを解除することができます。テストプラグを抜くと、プラグインテストシステムの元の信号接続に戻ります。

FAME壁面取付け

FAME壁面取付け

プラグインテストシステムの取付けタイプ

さまざまなプラグインテストシステムを、さまざまな方法で取付けることができます。

FAME RACKプラグインテストシステムは、19インチ取付けフレームにねじを使用して固定することができます。FAME 3ラックシステムのモジュール性により、最大7極のラックユニット2点、最大12極のラックユニット3点、および最大18極のラックユニット4点のプラグインテストソケットを再現することができます。  また、FAME RACKプラグインテストシステムは、フロントパネルの開口部または19インチ形状の制御盤扉外側に直付けすることも出来ます。

一方FAME 3 SLプラグインテストシステムは、パネル開口部専用に設計されています。このシステムは2つの押しボタンを使用し、プラグインテストシステムを適切な開口部に迅速かつ簡単にロックすることができます。

FAME 1、FAME 2、FAME 3システムは、すべて同様にフロントパネルの開口部または制御盤扉に取り付けられます。このプロセスで、特許取得のねじ機構によりプラグインテストソケットは開口部に詰め込まれます。

FAMEプラグインテストシステムを制御盤扉に安全に配線。

FAMEプラグインテストシステムを制御盤扉に安全に配線。

プラグインテストソケットの安全なケーブル配線

プラグインテストシステムは、制御や操作の目的で、通常外側からアクセスできるようにする必要があり、そのため扉に取り付ける必要があります。保護および制御エンジニアリングアプリケーションで、一部の機器やFAMEなどのプラグインテストソケットを制御盤扉に取り付けるのはこのためです。
ケーブルガイドシステムの回転アームで電線、ケーブル、ケーブルハーネスを制御盤扉や回転式取付けフレームに非常に簡単で安全に取り付けることができます。特許出願中の回転ジョイントを開くときも組立済みケーブルを通したり引き抜くときも工具を使用しないで済むため、このソリューションは時間がかかりません。

FAME 3 RACK

FAME 3 RACK

FAME RACKモジュール型19インチプラグインテストシステム用コンフィグレータ

FAME 3 RACKプラグインテストシステムを設定して、変流器および電圧変換器およびトリップや信号コンタクトの機能テストを迅速かつ簡単に実施しましょう。