セクターカップリング

セクターカップリングにより、エネルギーフローを産業の境界にわたって組み合わせ、包括的に考慮することができます。目標は、エネルギーをどこでも、つまり適切なタイミングで適切な場所で、十分利用可能にすることです。
防護服を着て設計図を持つ2人

最大限のエネルギー効率の電源

発電、電力の供給と保管や消費は、セクターカップリングでは全体的なシステムとみなされています。各セクターはエネルギーを互いに交換して、必要な場所で適切な形態で利用できるようにしています。エネルギー消費および生成に関するデータを収集して評価することで、エネルギーフローを最適に制御することができます。

つまり、セクターはパフォーマンスの面だけではなく、通信の面でもネットワーク化される必要があります。さまざまなネットワーク内の標準化された通信プロトコルにより、システムの境界に関係なく必要な通信が可能になります。セクターカップリングの原理は、例えば企業内などの小規模でも、企業間でも機能します。フエニックス・コンタクトは、エネルギー産業、インフラ、モビリティの各セクターの、電化、ネットワーク化、オートメーション向けの製品、ソリューション、サービスを提供しています。

特長

  • 持続可能な電源
  • リソース効率の高い製造
  • 気候保護のための幅広い最適化
  • 再生可能なエネルギー源から生成されたエネルギーのストレージ
  • 一環したデータと情報の流れ
  • 持続可能な社会のためにすべてを組合せ

専門家チームとつながりましょう

「セクターカップリングに関する疑問に対してアドバイスし、ソリューションでお客様をサポートします。」
シーダー(Schieder)のE-Mobility GmbHの外観

ビルのさらなる可能性 太陽光発電、製造、バッテリーストレージ、E-Mobilityのカップリング

現在、ビルは単なる頭上の屋根を遙かに超えた機能を提供しています。セクターカップリングを実現する場所です。スマートビルディングは、太陽光発電、制御エンジニアリング、製造、バッテリーストレージシステム、さらには充電ステーションの間に有意義なリンクを提供します。フエニックス・コンタクトは、これ向けに適切なソリューションを提供し、充電ステーションを太陽光発電システムに、換気および照明をエネルギー管理に、製造をバッテリーストレージシステムに接続します。全体が双方向に機能します。ここでは、電気自動車は一時的なエネルギー貯蔵システムにもなり、ビルに給電します。これは持続可能で同時にスマートでもあります。

Schieder製造インフラ

より多くのパイロット制御を備えた製造システム バッテリーストレージシステム、製造制御、エネルギー市場のカップリング

混合がすべて – そして数量がすべて。ビルと製造の間に接続を作成すると、供給と需要を非常にうまく調整することができます。製造注文で、実際にどれだけのエネルギーが必要でしょうか。明後日のことを考えてバッテリーストレージシステムを適時に再充電することには価値があるでしょうか。これに独自の太陽光発電システムを使用するか、キロワット時のコスト効率が優れていれば公衆送電網から電力を購入すべきでしょうか。

ネットワーク化と、とりわけデジタル化により、これらの疑問に対する適切な答えが得られます。作業にはやるだけの価値があります。カップリングされたセクターは持続可能で同時に経済的です。

ファクトリーサイト

プロセス中にエネルギーを維持する ストレージ、機械ネットワーク、変換の削減により損失を制限

エネルギーを、それがあるべきところ、つまり製造プロセスに置きましょう。当社はセクターカップリングを使用して損失を効果的に防止しています。生成する必要のない電力により、コストを削減でき、地球環境にも優しくなります。

これは、例えばビル、バッテリーストレージシステム、製造機械の組合せによって実現することができます。本質的には、このカップリングでは適切なエネルギー源を適切な場所で適切な時に使用することが重要です。また、このネットワークをバッテリーストレージシステムとも組み合わせて直流を使用すると、継続的な変換と無駄なブレーキエネルギーによる損失をなくすことができます。これがAll Electric Societyへの道です。

無人搬送車システムの前のタブレットを持つ人

ストレージをロジスティクスで満たす 無人搬送車システムを負荷管理向けのモバイルストレージシステムとして使用

工場内で、イントラロジスティクス(社内物流)のタスクを完全に自律的に遂行する無人搬送車システムは、珍しいものではなくなっています。AGV(無人搬送車システム)は、自ら経路を発見し、シフトの最後に独立してバッテリーを充電します。

今、私たちが慣れておくべきことは、AGVにできることはイントラロジスティクス(社内物流)だけではないということです。結局、エネルギー貯蔵システムには、工場全体の一時的なピーク負荷管理のための大きな可能性があります。当社の考えは、各バッテリーモジュール機器を、サプライヤー、つまり、カップリングされたセクターのエネルギーグリッド向けの電源として使用することを考慮することです。これにより、All Electric Societyへの道をさらに進むことができます。

海に浮かぶクルーズ船

船舶と港湾、そして多くの可能性 Power-to-Xおよびモバイルエネルギーアプリケーション用の水素

海上は無限に広がっていますが、港に到着すると、とくにクルーズ船では突然窮屈になります。このような白い巨体への抵抗は高まっています。人気のある港湾都市の住民は、このようなディーゼル駆動の発電機からの排気に、文字どおりうんざりしています。これらは、クルーズ船が岸壁に停泊している間メインエンジンが停止している際に、ホテル業務を継続するために必要です。

しかし別の方法もあります。プロセステクノロジ、電解、船舶を結び付けると、燃料電池が可能になります。ここでは、再生可能なエネルギー源から製造された水素を、船上での電流として使用します。燃料電池は排ガスを出しません。そのためクルーズ船産業が少しクリーンになります。

都市の航空写真

インフラ:再生可能エネルギーのアプリケーション モバイル発電機に接続された太陽光発電システムと電解システム

建設現場や屋外アプリケーションに給電する、臭いの強いディーゼル発電機のことは、誰もが知っています。緊急時の発電も、いまだにガソリンその他の化石燃料を使用しています。代わりにモバイル燃料電池を使用し、ソーラーシステムや風力発電基地からの余剰エネルギーで水素を生成したら、世界はどれだけ持続可能になるでしょうか。

太陽光発電システムとプロセステクノロジ電解槽のカップリングにより、インフラがより持続可能になります。そしてこのセクターカップリングは既に未来の夢ではなく、現実の物です。例えば、鉄道会社のネットワーク運用における非常用電源向けには、燃料電池がますますディーゼルに取って代わっています。

洋上プラットフォーム

水素により、再生可能なエネルギー源から生成されたエネルギーが保存可能に 持続可能なロジスティクス向けにカップリングされた太陽光発電システム、プロセステクノロジ、交通システム

風力と太陽光からのエネルギーが、その時不要な場合はどうしますか。船舶と航空機は、長距離ルート上で実際にどのように再生可能エネルギーを利用できるのでしょうか。

ソリューション:余剰の風力および太陽光発電電力を,水の電解に使用し、生成された水素を、プロセス内で貴重な合成燃料を合成するために使用します。太陽光発電と風力発電、プロセステクノロジ、輸送のセクターカップリングにより、特に非常に風が強い地域や天候の良い地域向けに、未来志向の開発の可能性が生まれます。太陽光と風力による電力を化学エネルギーに変換して、保存可能になるように使用します。これにより、空中および海洋でのクリーンなロジスティクスルートが開けます。