駅を通過するICE列車

鉄道テクノロジ向けのソリューション 鉄道運用を安全で信頼性のあるものに

安全で高可用性の鉄道運用には、高品質、長寿命、信頼性を備えたコンポーネントが必要です。当社は100年にわたって、信頼できるパートナーとして鉄道産業のお客様をサポートしてきました。最初の商用製品である路面電車用カテナリーアーマチュアを、1923年に導入しました。

そして将来も、安全な運用と鉄道インフラのデジタル化を保証する、鉄道テクノロジ向けスマートソリューションでお客様に寄り添います。鉄道産業の厳しい要件を満たす製品とソリューションの詳細をご覧ください。

当社のRailway Center of Excellence 実際の鉄道用アプリケーションでフエニックス・コンタクトの製品を体験

フエニックス・コンタクト社の住所に設置されたRailway Center of Excellenceでは、実際のアプリケーションにおける鉄道専用製品を展示しています。  展示品には、信号、ポイント駆動装置、ホイールセンサなどのインフラ用フィールド製品が含まれています。制御タスクは積層表示灯が再作成するので、最初からこれらの機能を体験できます。ここでは、フエニックス・コンタクトの製品の使い方を学び、鉄道産業の課題について当社のエキスパートと話し合うことができます。  詳細については、お気軽にお問い合わせください。

試験とシミュレーション中に実施されるあらゆる電気的スイッチングプロセスの時間の無駄を回避するため、当社はフエニックス・コンタクトのPush-in式ダイレクト接続技術を選択しました。 

Rudolf Mühlenbein - Voestalpine Signaling, 研究開発
Voestalpine Signaling社のRudolf Mühlenbein氏

持続可能な未来のため All Electric Societyに向けて

鉄道輸送が持続可能な選択肢の代表であるように、フエニックス・コンタクトはAll Electric Society (AES)を代表する存在です。戦略的に目指しているのは、主要なエネルギー形態として、再生可能なソースから生成される安価な電気エネルギーが、事実上無制限に利用できる世界です。これに関連して、発電、変換、貯蔵から効率的な消費に至るまでの、エネルギーの流れを最適化するためのセクターカップリングのソリューションに継続的に取り組んでいます。この目標に向かって、持続可能な未来の原動力となるネットワーク化されたインテリジェントなシステムを作成しています。