エッジコンピューティング - スマートIoTソリューション用

エッジコンピューティング

エッジコンピューティング用のPLCnext Controlは、実績のある産業用PCの堅牢性と、オープンなPLCnext Technologyエコシステムを組み合わせているため、インテリジェントなIoTエッジソリューションを開発する機能を備えています。大量のデータをソースに近いところで処理することにより、アプリケーションはより迅速かつ柔軟に応答することができます。プリインストールされたソフトウェアと一貫したグラフィカルインターフェースにより、IoTアプリケーションを簡単かつ包括的に作成することができます。

詳細情報
Go to Product Detail Page for item 1185423
EPC 1522 - エッジデバイス
EPC 1522 - エッジデバイス
1185423

Intel®Celeron®N3350プロセッサを搭載したPLCnext産業用エッジコンピュータ。この小型形状のプログラミング可能なエッジデバイスは、IEC61131-3、MATLAB Simulink、C/C++をサポートしており、プロトコル変換、データ収集、クラウドコンピューティングに最適です。

Go to Product Detail Page for item 1185416
EPC 1502 - エッジデバイス
EPC 1502 - エッジデバイス
1185416

Intel®Celeron®N3350プロセッサを搭載したPLCnext産業用エッジコンピュータ。この小型形状のプログラミング可能なエッジデバイスは、IEC61131-3、MATLAB Simulink、C/C++をサポートしており、プロトコル変換、データ収集、クラウドコンピューティングに最適です。

エッジコンピューティングの特長

  • エッジコンピューティングにより、増大するデータ量を最適に処理・評価することができます。
  • 企業全体のバリューチェーンをエッジコンピューティングで最適化することができます。
  • 一般的なクラウドソリューションと比較してレイテンシ時間を削減。
  • インテリジェントなエッジコンピューティングで、インダストリー4.0やIoTなどのなじみのあるコンセプトを初めて実現できるようになります。
  • スマートエッジ機器から、新しいクラウドベースアプリケーションとサービスを実行。

バリューチェーン全体の最適化

デジタル化のトレンドには、業界にとってチャンスとリスクの両方があります。デジタル化には高いコンピューティングパワーとストレージ容量が必要だからです。産業用クラウドコンピューティングにより、企業は増加するデータ量を処理して評価し、それを使用して付加価値チェーン全体を最適化することができます。

クラウドコンピューティングに言及する際、インターネットを介してクラウドへの接続があることが前提です。しかし多くのアプリケーションでは、非常に短いサイクルでデータを収集してチェックし、プロセスに戻す必要があります。そのようなシナリオでは、インターネットレイテンシ時間のみとっても、パブリッククラウドソリューションは適していません。そのためこのようなスマートアプリケーションでは、エッジコンピューティングがますます使用されています。

クラウドコンピューティングをタブレットで使用する人

エッジコンピューティングの完璧な補完:クラウドコンピューティング

エッジコンピューティングとは、インテリジェンスを機械に近づけて、データソースに近づけるものです。このインテリジェントシステムにより、インダストリー4.0や、モノのインターネット(IoT)などのなじみのあるコンセプトを実現することができます。例えば、データの収集と集約、データの(前)処理と解析、予知保全などの人工知能の使用、機械対機械の通信やクラウド接続などの上位レベルシステムとの通信など、多数のアプリケーション分野があります。   これらはすべて、データ保護とデータセキュリティ、ならびに情報処理時のレイテンシ時間データ伝送レート、コンピューティングパワーとストレージスペースのコストを考慮しながら実行されます。

エッジコンピューティングは、データソースの近くに位置しながら、企業のITアーキテクチャに統合されている、ネットワーク接続された機器の分散型コンピューティングインフラに関係するコンセプトです。エッジ機器はクラウドベースのアプリケーションとサービスを含む、新しいアプリケーションを実行することができます。しかし、エッジコンピューティングはクラウドコンピューティングに代わるものではありません。その代わりに、補完することができます。そのため、エッジとクラウドには、2つのソリューション間のタスクの分布がアプリケーションに応じて異なるような、パートナーシップがあります。

ITとOTの間のエッジコンピューティングの構築

PLCnext Technology:スマートエッジコンピューティングの基盤

フエニックス・コンタクトには、機械に近いエッジコンピューティングのアプリケーションに理想的に適した接続性のDNAがあります。 この分野では、フエニックス・コンタクトはエッジでの安全なクラウド通信とデータ処理向けの製品を提供しています。 一例は、PLCnext Technology制御プラットフォームで、製造環境におけるスマートエッジコンピューティングの理想的な基盤です。堅牢なハードウェア、エンジニアリングおよびコンフィグレーションソフトウェア、PLCnext Technologyソフトウェア関連の産業用アプリストア、情報を調達し専門知識を共有するためのコミュニティを含む、全エコシステムに貢献します。PLCnext Technologyのオープン性により、任意のお客様アプリケーションを統合することができます。

エッジコンピューティング用PLCnext Controlは、PLCnext Technologyに基づいてエッジ機器として使用され、実績のある産業用PCの堅牢性と、オープンなPLCnext Technologyエコシステムを組み合わせているため、インテリジェントなIoTエッジソリューションを開発する機能を備えています。

Eペーパー
新しいPLCnext TechnologyのEペーパー
PLCnext Technologyに関する初のインタラクティブなEペーパーを今すぐチェックしてください。必要な情報をすべて1ヶ所でご覧いただけます。 このEペーパーでは随所に、さらなるやり取りが可能になるボタンが表示されます。魅力的なアプリケーションからヒントを得たり、当社のハードウェアを3D画像で詳しく確認したり、オンラインショップで製品情報を調べたり、エコシステムの4つの部分すべてを詳しく学んだりすることができます。また、お好みのトピックに関する関連リンクや埋め込み動画も多数ご用意しております。
Eペーパーへ
PLCnext TechnologyのEペーパー