PROFIBUS PA、PROFIBUS DP、Fieldbus Foundation向けのフィールドバス分配器とセグメントカプラ

PROFIBUS PA、PROFIBUS DP、Fieldbus Foundation向けのフィールドバス分配器とセグメントカプラ

PROFIBUS PAおよびFOUNDATION Fieldbus用フィールドバス分配器(フィールドデバイスカプラともいう)は、ご使用のフィールドバスをお客様のニーズに合わせてフィールド内で拡張するオプションを提供します。フィールド機器を制御システムに簡単にネットワーク化するために、モジュール式DP/PAカプラにより、PROFIBUS DPネットワークをPROFIBUS PAプロセスネットワークに透過的に接続することができます。

詳細情報
PROFIBUS DP/PAカプラ

モジュール型PROFIBUS DPからPROFIBUS PAカプラへ

PROFIBUS DP/PAセグメントカプラ

DP/PAカプラにより、PROFIBUS DPネットワークをPROFIBUS PAプロセスネットワークに透過的に接続することができます。

  • カプラごとに最大10の、PROFIBUS DPまたはPROFIBUS PAモジュールで、最大4種類のDP/PAネットワークに接続
  • 最大10モジュールまでのネットワーク冗長性
  • 通信インターフェースモジュール経由のネットワーク診断機能を内蔵
  • ネットワーク診断のコンフィグレーションとアクセスを行うための、高性能の組込みウェブサーバ
  • 12 Mbpsまでのあらゆるボーレートを透過的に自動検出
  • 運用中に交換可能なシステムモジュール
  • FDT/DTMを使用したPROFIBUSフィールドデバイスの管理とコンフィグレーション

各コンフィグレーションに対して、PROFIBUS PAネットワークとのインターフェース用に、管理用ヘッドステーション、PROFIBUS DPリピータ、PROFIBUS PAモジュールが必要です。このモジュール型アプローチにより、固有アプリケーションのコンフィグレーションが可能です。設定済みのFB-HSB-DP/PAユニットが、ほとんどのアプリケーションに適した基本パッケージを提供します。

制御盤内のZone 2向けFOUNDATION Fieldbusカプラ

制御盤内のフィールドデバイスカプラ

Zone 2向けのモジュール型FOUNDATION Fieldbusデバイスカプラ

FOUNDATION Fieldbus用のモジュール型フィールドデバイスカプラは、3つの主要機器で構成されています。

  • 幹線モジュール(新しいフィールドバスステーションを形成)
  • カップリングモジュール
  • 必要に応じて診断モジュール

1つまたは2つの出力がある仕様でのフィールドバスデバイスカプラは、短絡保護されていて、ネットワークを保護します。モジュール型システムの電源電圧は、DINレールに簡単にスナップ取付けすることができるDINレールコネクタ経由で、下位分岐されます。
同じケース内でのZone 0、1、および2機器の接続によるZone 2設置のために、本質安全配線クリアランス実装用の__FB-MODULAR仕切り板__を利用できます。

制御レベルには、DD(デバイス記述)、EDDL(電子デバイス記述言語)、DTM(デバイスタイプマネージャ)を使用して、標準のH1通信および機器管理経由で組み込まれます。

Zone 2向けのマルチチャネルFOUNDATION FieldbusとPROFIBUS PAカプラ

Zone 2向けのフィールドデバイスカプラ

Zone 2向けのマルチチャネルFOUNDATION FieldbusとPROFIBUS PAカプラ

PROFIBUS PAおよびFOUNDATION Fieldbus対応のマルチチャネルのフィールドバスデバイスカプラは、-50°C から +90°Cの周囲温度条件向けに設計されています。非常にコンパクトで、さらにスペースを節約するために、一方の下側から接続されます。これはスペースをできるだけ効率良く使用可能で、分岐ボックスでの最大のチャネル密度を達成できることを意味しています。

フィールドデバイスカプラは、Fieldbus Foundationによって登録されています。

フィールドバスバリア

PROFIBUS PAおよびFOUNDATION Fieldbus向けのフィールドバスバリア

FOUNDATION FieldbusおよびPROFIBUS PA向けのZone 1フィールドバスバリア

PROFIBUS PAおよびFOUNDATION Fieldbus用のマルチチャネルのフィールドデバイスカプラは、防爆エリア1認証のため「フィールドバスバリア」とも呼ばれます。

  • 周囲温度-40°C ~ +80°Cで試験済み
  • 軽量で堅牢
  • 下から片側接続により、取付けは簡単で省スペース
  • Fieldbus Foundationにより登録済み

インテリジェントな回路は、高い信号品質の接点跳動を最小限に抑えます。

ATEX、IECEx、およびUL Class I、Div. 2認証のフィールドバス分岐ボックス

フィールドバス分岐ボックス

システム認証と事前設置済みのフィールドバスカプラによるフィールドバス分岐ボックス

当社はフィールドデバイスカプラを使用するためのフィールドバス分岐ボックスを提供します。ATEX、IECEx、およびUL Class I、Division 2に準拠の認証により、世界中で高い信頼性で使用することができます。

あらかじめ取付けられたボックスには、幹線用のサージ保護あり/なしの2つのバージョンがあります。幹線をフィールドデバイスに接続します。

  • 艶消しの316Lステンレス製で、すぐに使用できる分岐ボックス
  • 10ポートまたは16ポートで利用可能
  • マルチチャネルのZone 2フィールドデバイスカプラですばやく簡単に取付け
  • 軽量でコンパクト