プリント基板用端子台

プリント基板へのシンプルな電線接続用のプリント基板用端子台

プリント基板用端子台によりシグナル・データ・パワーを簡単かつ安全にプリント基板に伝送することができます。それは、数多くの産業や市場のさまざまなアプリケーション、さらにインダストリー4.0アプリケーションに適しています。サイズをXSからXXLにクラス分けした製品ラインアップのCOMBICONシリーズには、2.5mmピッチの小型端子台から20mmピッチのパワーアプリケーション向け端子台まで揃っています。またインチピッチ、ミリピッチなど各種用意しています。

詳細情報

特長

  • 接続電線サイズ0.14 mm²(AWG 26)から95 mm²(AWG 3/0)まで
  • 最大電流:232 A(IEC)/230 A(UL 使用グループB、C)
  • 最大電圧:1000 V(IEC)/600 V(UL 使用グループB、C)
  • ねじ接続、スプリング接続、圧接接続、SKEDDダイレクトプラグインなどの幅広い接続方式と、T-LOX接続方式
  • ウェーブはんだ付け、THRはんだ付け、SMTはんだ付け用
COMBICONプリント基板接続テクノロジ

COMBICON 50周年 接続のスピリット

私たちと一緒にお祝いしましょう:プリント基板用端子台・コネクタで世界最大の製品ラインアップを誇るCOMBICONが、50周年を迎えました。壮大なサクセスストーリー、それはお客様やパートナー企業の皆さまと共に綴られてきました。当社の記念サイトでは、その舞台裏や将来についてご覧いただけます。ご来場をお待ちしております。

さまざまなプリント基板用端子台で実装されたプリント基板

主要な機能の概要

アプリケーションに適したプリント基板用端子台を提供します。当社の独自の幅広い製品ラインアップをご利用ください。

  • 接続電線サイズ0.14 mm²(AWG  26)~95 mm²(AWG  3/0)用
  • 最大電流232 A(IEC)/200 A(UL B、C)用
  • 最大電圧1000 V(IEC)/600 V(UL B、C)用
  • さまざまな電線接続方向に対応するねじ接続式、スプリング接続式、圧接接続式端子台
  • 2.5~20 mmピッチ用
  • ウェーブはんだ付け、スルーホールリフローはんだ付け、表面実装はんだ付け用
プリント基板へのシンプルな接続用のプリント基板用端子台

プリント基板へのシンプルな接続用のプリント基板用端子台

プリント基板用端子台のコンフィグレータ

ご希望のプリント基板用端子台のバージョンを生成します。その際、拡張された製品ラインを使用して、お好みの色、印字、およびコーディングの製品を選択してください。

新製品

設定可能なプリント基板用端子台SPTモジュラーシリーズ
プリント基板用端子台SPT-THRシリーズ
最大0.5 mm²の電線に対応するプリント基板用端子台MPTシリーズ
シングルペアイーサネット(SPE)用プリント基板用端子台・コネクタ
PROFINETアプリケーション用のプリント基板用端子台
データ伝送用プリント基板用端子台・コネクタ向けのシールド接続
LPT/LPTA 2.5シリーズのストレートおよびアングル型プリント基板用端子台
LPT/LPTA 6シリーズのストレートおよびアングル型プリント基板用端子台
プリント基板用端子台LPT 16シリーズ
設定可能なプリント基板用端子台SPTモジュラーシリーズ
単極の接続端子台で24 V、最大1,500 V

プリント基板用端子台SPTモジュラーシリーズは、機器に最大1,500 Vの高い電圧を供給することができます。拡張可能なカラースペースがあり、必要に応じて異なる電線断面積に対応する組合せの端子台を簡単に設定可能です。コンフィグレーションデータには24時間365日アクセス可能です。

こちらが特長です

  • 電力損失を低減:耐電圧最大1,500 V
  • より多くのカラーオプション:ご要望に応じて極ごとの着色が可能
  • 全機器接続に一つの部品で対応:異なる個々の部品を組み合わせてオーダーメイドの連結型端子台を作成します。
  • 製品をカスタマイズする簡単な方法:オンラインコンフィグレータを使用
  • 技術データはオンラインで簡単にアクセス可能:製品はすべてQRコード付き

こちらが主な機能です

  • 接続電線サイズ:1.5 mm²~35 mm²
  • 耐電圧最大1,500 V
  • ご要望に応じてさまざまな接続サイズのハイブリッドブロックをご利用いただけます
  • ブロックには3色まで使用することができます

最大接続電線4 mm²のスルーホールリフロー対応プリント基板用端子台
Push-inスプリング接続でクイック接続

プリント基板用端子台SPT-THRシリーズに電線サイズ4 mm²用が加わり、リフローはんだ付け用製品のラインアップが拡張されました。本体と色分けされた開放ボタンにより、直感的に操作が分かり、また確実な電線接続が確保されます。

こちらが特長です

  • 工具を使用しないPush-inスプリング接続で時間を短縮
  • 長期的に安定性のある接触力
  • 本体と色分けされた開放ボタンで直観的に分かる操作
  • 操作方向と電線挿入方向が同一で機器前面に組込み可能
  • 表面実装はんだ付け工程への組込み用に設計

こちらが主な機能です

  • 最大電流32 A
  • 最大電圧400 V
  • 接続電線サイズ:0.2 mm²~4 mm²
  • ピッチ:5.0 mm
  • 2~12極
  • 箱梱包またはテープ・オン・リール梱包で供給

最大接続電線0.5 mm²の表面実装対応およびスルーホールリフロー対応のプリント基板用端子台
自動実装用

最大接続電線0.5mm²のプリント基板用端子台MPTシリーズは、自動実装用ねじ接続方式を搭載した表面実装およびスルーホールリフローはんだ付け用の製品で製品ラインアップを拡張します。2.54 mmピッチにより、コンパクトなアプリケーションで省スペースの機器接続が実現されます。

こちらが特長です

  • 最大限の接触力で最小限の発熱
  • 1極に2本の電線の接続が可能
  • それぞれの接続電線サイズに対応する非常にコンパクトなデザイン
  • 表面実装はんだ付け工程への組込み用に設計

こちらが主な機能です

  • 最大電流6 A
  • 最大電圧320 V
  • 接続電線サイズ:0.14 mm²~0.5 mm²
  • ピッチ:2.54 mm
  • 2~12極
  • ねじ接続方式
  • テープ・オン・リール梱包で供給

APL用プリント基板用端子台・コネクタ
インテリジェントなプロセスオートメーション向け

シングルペアイーサネット(SPE)用プリント基板用端子台・コネクタにより、インテリジェントなフィールドデバイスをスイッチベースのイーサネット環境に統合することができます。Advanced Physical Layer向けのプリント基板用端子台・コネクタは、プロセスオートメーションのアプリケーションに理想的です。

こちらが特長です

  • 幅広いアプリケーション向けのプリント基板用端子台・コネクタの包括的な製品ラインアップ
  • 水平、垂直、斜めの電線接続方向で、幅広い機器設計に最適
  • 接続エラーなし:色分け識別で配線が容易
  • 安全性向上:IEC 60079-7に準拠した爆発性雰囲気での保護Ex eタイプ向け仕様も提供

こちらが主な機能です

  • 接続電線サイズ:0.14 mm²~4 mm²
  • 5.0 mmおよび5.08 mmピッチ
  • 3極
  • ねじ式またはスプリング式接続でウェーブはんだ付け工程に対応
  • 「APLポートプロファイル仕様書(APL Port Profile Specification)」の要件を満たす

汎用的なプリント基板用端子台
PROFINET環境内の固定接続

PROFINETアプリケーション向けプリント基板用端子台により、多数のアプリケーションとプロセスオートメーションにおける固定接続もシンプルになります。さまざまな配線方向と接続方式により、高性能なプリント基板接続に理想的なソリューションを提供します。

こちらが特長です

  • 幅広いアプリケーション向けのプリント基板用端子台の包括的な製品ラインアップ
  • 水平、垂直、斜めの電線接続方向で、幅広い機器設計に最適
  • 接続エラーなし:色分け識別で配線が容易
  • EN 50173およびISO/IEC 11801準拠でCAT5要件に準拠

こちらが主な機能です

  • 接続電線サイズ:0.14 mm²~4 mm²
  • ピッチ:3.5 mmおよび5.0 mm
  • 4極
  • ねじまたはスプリング接続方式
  • ウェーブはんだ付け工程に対応
  • 「PROFINET向けガイドライン」の要件への準拠(Rev.05/2017)

プリント基板用シールド接続
干渉信号の安全な排除向け

データ伝送用のプリント基板用端子台・コネクタに合ったシールド接続により、ケーブルのシールドを確実に接地することができ、EMC保護に役立ちます。アプリケーションに応じた最適なシールド接続を複数のバリエーションからお選びいただけます

こちらが特長です

  • 干渉信号の安全な排除
  • 広い表面積のシールドで低伝送インピーダンス
  • ケーブルシールドの便利な取付け

こちらが主な機能です

  • シールド径最大10 mm
  • ねじまたはスプリング接続方式
  • はんだ付けまたは接続ポイントへの接続用

最大接続電線4 mm²のレバー操作型プリント基板用端子台
最大24 Aの電流の安全な伝送

LPT/LPTA 2.5シリーズのストレート型およびアングル型のプリント基板用端子台により、最大断面積4 mm²の電線を工具なしで接続可能になります。本体と色分けされた操作レバーの明確な位置とレバー操作型Push-inスプリング接続の確かな接触力により、信頼性の高い接続を確保します。

こちらが特長です

  • 本体と色分けされた操作レバーで直感的に分かる操作
  • 工具を使用しないレバー操作型でフェルール付き/フェルールなしの電線を短時間で挿抜可能
  • 視覚的にわかるレバー位置で、クランプスペースの開閉状態を確実にフィードバック
  • 長期的に安定性のある接触力
  • レバーを閉じた状態で短時間でPush-in式接続

こちらが主な機能です

  • 最大電流24 A
  • 最大電圧630 V
  • 接続電線サイズ:0.2 mm²~4 mm²
  • ピッチ:5.0 mm
  • 1~12極

最大接続電線10 mm²のレバー操作型プリント基板用端子台
最大41 Aの電流の安全な伝送

LPT/LPTA 6シリーズのストレート型およびアングル型のプリント基板用端子台により、最大断面積10 mm²の電線を工具なしで接続可能になります。本体と色分けされた操作レバーの明確な位置とレバー操作型Push-inスプリング接続の確かな接触力により、信頼性の高い接続を確保します。

こちらが特長です

  • 本体と色分けされた操作レバーで直感的に分かる操作
  • 工具を使用しないレバー操作型でフェルール付き/フェルールなしの電線を短時間で挿抜可能
  • 視覚的にわかるレバー位置で、クランプスペースの開閉状態を確実にフィードバック
  • 長期的に安定性のある接触力
  • レバーを閉じた状態で短時間でPush-in式接続

こちらが主な機能です

  • 最大電流41 A
  • 最大電圧1,000 V
  • 接続電線サイズ:0.2 mm²~10 mm²
  • ピッチ:7.5 mm
  • 1~8極
  • IEC/UL 61800-5-1準拠で感電保護が向上

最大接続電線25 mm²のレバー操作型プリント基板用端子台
最大76 Aの電流の安全な伝送

LPT 16シリーズのプリント基板用端子台により、最大断面積25 mm²の電線を工具なしで接続可能になります。本体と色分けされた操作レバーの明確な位置とレバー操作型Push-inスプリング接続の確かな接触力により、信頼性の高い接続を確保します。

こちらが特長です

  • 本体と色分けされた操作レバーで直感的に分かる操作
  • 工具を使用しないレバー操作型でフェルール付き/フェルールなしの電線を短時間で挿抜可能
  • 視覚的にわかるレバー位置で、クランプスペースの開閉状態を確実にフィードバック
  • 長期的に安定性のある接触力
  • レバーを閉じた状態で短時間でPush-in式接続

こちらが主な機能です

  • 最大電流76 A
  • 最大電圧1,000 V
  • 接続電線サイズ:0.75 mm²~25 mm²
  • ピッチ:10および15 mm
  • 1~8極
  • IEC/UL 61800-5-1準拠で感電保護が向上

COMBICONプログラムの全製品ラインアップ お客様のアプリケーションに最適なプリント基板用端子台をお選びください。小型端子台のXS製品ラインアップからパワー端子台のXXL製品ラインアップまで取り揃えています。

XS製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
S製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
M製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
L製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
XL製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
XXL製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真
XS製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ2.5 mm~3.81 mm
  • ねじ接続式、スプリング接続式、圧接接続式のプリント基板用端子台
  • フローはんだ付け、スルーホールリフローはんだ付け、表面実装による基板実装
  • さまざまな電線接続方向と操作方向
  • T分岐、導通チェック用穴付きのバージョン

S製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ3.5 mm~7.62 mm
  • ねじ接続式、スプリング接続式のプリント基板用端子台
  • フローはんだ付け、スルーホールリフローはんだ付け、表面実装による基板実装
  • さまざまな電線接続方向と操作方向、および複数段型
  • T分岐、導通チェック用穴付き、防爆構造のバージョン

M製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ5.0 mm~7.62 mm
  • ねじ接続式、スプリング接続式のプリント基板用端子台
  • フローはんだ付け、スルーホールリフローはんだ付けによる基板実装
  • さまざまな電線接続方向と操作方向、および複数段型
  • T分岐、導通チェック用穴付き、防爆構造のバージョン
  • ねじ接続式とスプリング接続式で同一形状の端子台

L製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ6.35 mm~12.7 mm
  • ねじ接続式、スプリング接続式のプリント基板用端子台
  • スルーホールリフローはんだ付けによる基板実装
  • さまざまな電線接続方向と操作方向
  • 導通チェック用穴付きのバージョン
  • ねじ接続式とスプリング接続式で同一形状の端子台

XL製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ10.16 mm~15 mm
  • ねじ接続式、スプリング接続式のプリント基板用端子台
  • スルーホールリフローはんだ付けによる基板実装
  • さまざまな電線接続方向と操作方向
  • 導通チェック用穴付きのバージョン
  • ねじ接続式とスプリング接続式で同一形状の端子台

XXL製品ラインアップのプリント基板用端子台の写真

主な特長

  • ピッチ17.5 mm~20 mm
  • ねじ接続式のプリント基板用端子台
  • スルーホールリフローはんだ付けによる基板実装
  • 導通チェック用穴付きのバージョン

双子デザインプリント基板用端子台TDPTシリーズ
双子デザインプリント基板用端子台TDPTシリーズ YouTube

インダストリー4.0向けの双子デザインプリント基板用端子台

同一形状の双子デザインプリント基板用端子台は、サイズとピン配置が同一で、インダストリー4.0の柔軟な要件と機器設計に適しています。ねじ接続式でもスプリング接続式でも、端子台にはIOTの機器設計に適した接続テクノロジがあります。

SPTAF 1プリント基板用端子台
SPTAF 1プリント基板用端子台 YouTube

低背型プリント基板用端子台SPTAF 1シリーズ

低背型プリント基板用端子台SPTAF 1は、ビルディングテクノロジや薄型モジュールに理想的です。45°の電線接続口とさまざまなタイプの開放ボタンにより、迅速で簡単な取付けが可能です。Push-in式で、AWG 16までの単線および撚線のプリント基板への、実際的信頼性の高い接続が可能です。

eペーパー
全製品ラインアップの概要
COMBICON製品の概要をご確認ください。ご使用のアプリケーションで、信号、データ、または電力を伝送するために適した接続テクノロジを見つける方法をご説明します。
eペーパーを開く
さまざまなプリント基板用端子台・コネクタが実装されたプリント基板

多くのアプリケーションに理想的 プリント基板用端子台は幅広いアプリケーションに汎用接続ソリューションを提供します。代表的なものは次のとおりです。

プリント基板用接続テクノロジを備えた周波数コンバータ
コントローラとプリント基板用端子台・コネクタ
プリント基板用接続テクノロジの電源
シグナルコンバータとプリント基板用端子台・コネクタ
プリント基板接続テクノロジのバスカプラ
プリント基板のLED
煙警報と火災警報
通信機器とプリント基板用端子台・コネクタ
ビルディングオートメーション用コントローラ
プリント基板用接続とSUNCLIXコネクタを備えたソーラーインバータ
リモート監視とプリント基板用端子台・コネクタ
プリント基板接続テクノロジを備えた家庭用充電ステーション
流量計とプリント基板用端子台・コネクタ

接続テクノロジ

製品シリーズはさまざまな配線オプションが特長です。従来のねじ接続方式からIDC圧接接続方式、革新的なPush-inテクノロジまで。この基本的接続方式をアプリケーションで利用可能です。

クランプケージ仕様ねじ接続方式
レバー操作型Push-in接続方式の例
IDC圧接接続の例
クランプケージ仕様ねじ接続方式

ねじ接続方式はメンテナンス不要で、電線2本接続により、高い柔軟性と負荷容量を実現しています。電線保護クリップ仕様はビルディングオートメーション、セーフティテクノロジ、テレコミュニケーションの準産業用アプリケーション向けに適しています。クランプケージ接続により、高い接続信頼性が要求される産業用アプリケーションを理想的に接続できます。前面操作型ねじ接続方式は、薄型機器前面とプリント基板ラックに最適です。

レバー操作型Push-in接続方式の例

スプリング接続方式の分野では、フエニックス・コンタクトはPush-inスプリング接続式、レバー操作型Push-in接続式、スプリングケージ接続式、SUNXCLIXスプリング接続式、T-LOXトグルレバー接続式のプリント基板用端子台・コネクタを提供します。この接続方式は操作が簡単で、機器メーカは設置時の時間を節約できます。接続はスプリングコンタクトエレメントで耐振動性もあります。

IDC圧接接続の例

IDC圧接接続方式は電線の前処理が不要で非常に短時間に接続できます。この方式では金属ブレードが被覆を切断し、電線との間に信頼性の高い接続を実現します。

実装方法の種類

プリント基板用端子台は、さまざまな方法でプリント基板に取り付けることができます。接続方式にはウェーブはんだ付け、THR(スルーホールリフロー)はんだ付け、SMT(表面実装)はんだ付けなどがあります。つまり効率的にプリント基板実装し確実に加工することができます。

ウェーブはんだ付け工程の例のイラスト
表面実装の例のイラスト
スルーホールリフローはんだ付けの例のイラスト
ウェーブはんだ付け工程の例のイラスト

フローはんだ付けは主にスルーホール部品で実装された電子モジュールを製造する際の従来のはんだ付け工程です。はんだピンをプリント基板を貫通して挿入しプリント基板裏面ではんだ付けするのがこのはんだ付け工程の特長です。

表面実装の例のイラスト

表面実装(SMT)は表面実装用部品に使用します。クリームはんだが塗られたプリント基板表面に部品を載せ、リフローはんだ付け工程にてはんだ付けします。この方法には該当する表面コンタクト付きの特別な部品が必要です。

スルーホールリフローはんだ付けの例のイラスト

スルーホールリフローはんだ付け(THR)により、高温材料で作られたスルーホール部品を表面実装はんだ付け工程に組み込むことができます。この工程では、クリームはんだが塗布されたスルーホールにはんだピンを差し込み、リフローはんだ工程ではんだ付けします。