ルーターとレイヤ3スイッチ

ルーターとレイヤ3スイッチ

ルーターとスイッチが一体化

レイヤ3スイッチにはレイヤ2レベルのスイッチ機構とレイヤ3レベルのルーティング機能が組み合わされています。

戻る イーサネットスイッチ

カテゴリ

絞込み検索 ルーターとレイヤ3スイッチ

このカテゴリの製品をすべて表示する

フエニックス・コンタクトの産業用ルーターとレイヤ3スイッチを使用して、機械、生産システム、下位ネットワーク全体を上位の社内ネットワークに組み込むことができます。

特長

  • レイヤ3スイッチのセグメンテーションで最適なネットワーク構造を実現
  • さまざまな異なるNAT機構により、アドレス空間にかかわらず機械を生産ネットワークに非常に柔軟に接続
  • 同じIPアドレス領域のシステムを上位ネットワークに冗長接続
  • レイヤ3機能と幅広いメディアのラインアップでさまざまな種類のメディアを通じて複数の下位ネットワークを接続

同じIPアドレス範囲のシステムを統合するNATスイッチ

FL NAT 2000スイッチ  

NATスイッチはNATルーティングとスイッチングを1台の機器で組み合わせます。

複数の機械をネットワークで同時に動かす場合、それぞれの機械を個別に設定する必要があります。機械を上位通信ネットワークに組み込むことができるのはこの方法だけです。NAT(Network Address Translation)では同一のIPアドレス空間で生産セル全体を動作させることができ、機械を個別に設定する必要はありません。

当社のNATスイッチは、マネージドスイッチ2000シリーズのプロパティと非常に柔軟性の高いNATルーターのプロパティを1台のDINレール機器に組み合せます。

レイヤ3スイッチを使用したセグメンテーション

GHSモジュールマネージドスイッチ  

レイヤ3 GHSスイッチを使用することで、幅広いメディアで柔軟性のあるオートメーションとルーティングを実現できます。

ネットワークセグメンテーションを利用して拡張性のある複雑なネットワークを設計します。モジュラ型レイヤ3 GHSスイッチを使用すると、VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)により、さまざまな下位ネットワーク間を冗長接続でき、効率的かつコスト効率の良い通信を確保できます。ギガビットスイッチはすべてのポートへのルーティングをサポートし、モジュール型設計で産業アプリケーションのポート要件を満たします。つまり最大で28倍のポート専用ルーティング数を実現できます。さらに、イーサネットスイッチは多くのプロトコルおよび規格をサポートします。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階