機能安全

機能安全

お悩みにぴったり

フエニックス・コンタクトがお届けする安全性が、人々や機械の安全性に繋がります。

戻る テクノロジ

カテゴリ

  • 規格と指令
    規格と指令

    機能安全の分野では、必要な安全レベルに従うために規格と指令に準拠することが必要です。フエニックス・コンタクトは、お客様がさまざまな安全要件を把握できるようお手伝いいたします。

  • 用語集
    用語集

    機能安全に関する主要な用語の分かりやすく簡潔な説明がこちらでご覧いただけます。

  • FAQ
    機能安全に関するFAQ

    よくある質問への回答

  • トレーニング
    トレーニング

    フエニックス・コンタクトは、TÜV Rheinland認定のFS Technician for Machinery(機械の機能安全技術者)等の機能安全のトピックに関する認定トレーニングコースを提供します。

機能安全とは。

インテリジェントシステムの開発者およびメーカーには大きな課題があります。システムがどれほど洗練されていても、周囲の環境に深刻なリスクをもたらします。機能安全に適用される規格と指令は、人と環境、機器を確実に保護します。自動化セーフティシステムによって、リスクに対応する方法を説明しています。機能安全は法律で規制される環境で動作します。主要な規格の1つはEN ISO 13849-1で、機械が満たさなければならない安全要件を規定します。安全関連機能の信頼性に関する重要なパラメータは安全度水準(SIL)パフォーマンスレベル(PL)です。

機械指令:機械の安全に関する要件

EC機械指令には健康と安全に関する必須要件が含まれています。機器使用時の事故発生件数を減らすことが目的です。このためこの指令はシステムの設計と機械の構造に安全面を含めることを要求しています。

欧州経済領域内でシステムを販売、稼働させるにはこのCEマークが必要です。機器にCEマーキングを貼付できるのは機械指令の要求事項に全面的に適合する場合だけです。さらにこれは、産業で使用される製造プラントからキッチン用品まで、すべての機械に適用されます。

機能安全を実現するには所定の対策を取る必要があります。リスク評価により、必要な安全機能のタイプと範囲が決まります。機器の安全要件は機械指令に3段階で記述されています。

リスク評価からシステム認証までの安全に関するアドバイス

メーカーにとって、安全機能を機械に組み込むには余分な作業が発生します。フエニックス・コンタクトは、お客様の要件に合わせたアドバイスを提供することでお客様をサポートします。メーカーにかかわらず、フエニックス・コンタクトのTÜV認定の機能安全のエキスパートが、機械の安全ライフサイクル全体にわたり、計画、建設、改造、完了、運用を支援します。

さらに、機能安全向けの幅広い製品とソリューションをご覧ください。セーフティスイッチ、セーフティリレー、セーフティコントローラにより、システムを簡単に立ち上げて設定できます。つまりお客様は、法的要件が満たされシステムの安全な運用が保証されることを知って、安心してコア機能に集中できます。

安全のノウハウ

ネットワーク化とインテリジェント化が進む工場での作業活動は、故障や潜在的に危険な状況を管理できるような方法で、機能安全メカニズムによって規制されなければなりません。これは調整されたセーフティコンセプトによって最もよく達成できます。安全機能の専門分野は、業界の新しい課題に対応して常に変化し続けています。

規格が変更され、新しいテクノロジが生まれる中、フエニックス・コンタクトはお客様が最新の展開に後れを取らないよう支援することをお約束します。安全とセキュリティに関する雑誌GIT SICHERHEITとの協力により、フエニックス・コンタクトは安全市場における傾向と変化について、また機械オペレータやメーカーが知るべきことについて、講演します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階