PLCnext Technology向けオートメーションテクノロジ

PLCnext Technology向けオートメーションテクノロジ

オートメーションテクノロジの幅広い製品ラインアップを活用し、PLCnext TechnologyでIIoTとインダストリー4.0に対応したシステムを装備してください。IEC 61131-3言語であれ高級言語(C/C++、C#、またはMATLAB® Simulink®など)であれ、お好みのプログラミング言語でリアルタイムに作業することができます。オープンソースコードとアプリを組込んだり、クラウド接続経由でPLCnext Controlでネットワーク化することができます。

詳細情報

PLCnext Technology向けオートメーション・テクノロジを使う理由:

  • 異なる性能クラスでさまざまなアプリケーション分野向けに最適化されたPLCにより、オートメーション業務に理想的に適用
  • Proficloud.ioなどさまざまなクラウドサービスへの接続により、全世界の機械とシステムデータの解析が可能 
  • PLCnext Control機器は、オープンソースのソフトウェアとアプリを使用して、関連するアプリケーションに合わせてカスタマイズ可能
  • オープンLinuxオペレーティングシステムと、最適化された開発環境を含む高級言語のサポート
  • PLC機能性の用途に合わせた拡張とI/Oのモジュール性により、カスタムフィットのオートメーションシステムを実現

新製品

PLC拡張モジュール – AXC F XT ML1000
RFC 4072R PLCnext Control機器
PLCnext Control – BPC 9102S
PROFIBUS向けPLCnext Control拡張機能
機械学習向けのPLC拡張機能
PLCnext Control拡張 – AXC F XT ML 1000

PLCnext Control AXC F 3152機器用拡張モジュールは、機械学習のプラットフォームであるEdge TPU Google Coralに基づいています。Edge TPUはTensorFlow Liteを使用するため、すべての訓練済みのモデルをこのソフトウェアベースで使用することができます。

こちらが特長です

  • ロード可能なニューラルネットワークの処理が可能
  • クラウドを経由することなく、重要な決定をローカルで実施可能
  • 結果情報はPLCのGDS経由で直接伝送

こちらが主な機能です

  • 1秒間に4兆回の演算(TOPS)を行うGoogle Edge TPU MLアクセラレータ
  • TensorFlow Liteをサポート―データストリーム指向プログラミングのためのフレームワーク
  • 温度範囲:-20°C ~ +55°C

高性能な冗長化PLC
RFC 4072R PLCnext Control機器

PLCnext Control RFC 4072Rは、I/OレベルとPLCレベルの両方でシステムの冗長性を必要とする、可用性と信頼性に関する要件が厳しいアプリケーション向けに最適化されています。

こちらが特長です

  • 仮想IPテクノロジにより、冗長システムと簡単に通信
  • 冗長性に関する詳細な経験は不要で、標準コントローラと同様の一般的な取扱い
  • 冗長性機能向けに最適化されたPLCnext Technology

こちらが主な機能です

  • OPC UA Pub/SubによるC2Cリアルタイム通信
  • システム冗長性PROFINET S2
  • SCADAシステムとの通信用仮想IPテクノロジ

過酷な条件に対応する高性能なセーフティコントローラ
PLCnext Control – BPC 9102S

BPC 9102SはPLCnextTechnologyに基づく最も高性能なリモートフィールドコントローラです。非常に高い安全要件と過酷な条件のアプリケーション向けに開発されました。

こちらが特長です

  • Intel® Core™ i7 オクタコアプロセッサ1台およびARMアーキテクチャに基づく高性能プロセッサ2台の使用により、最高の性能を確保
  • 多様化されたプロセッサと最大300台のPROFIsafe機器のサポートによる高度な安全性
  • リロード可能なC関数により、要件を迅速に実現

こちらが主な機能です

  • 1つのエンジニアリングツールのみで、標準プログラミングとセーフティプログラミング
  • 最大300台のPROFIsafe機器、PROFIsafe V2.6.1をサポート
  • ファンなしで-20°C ~ +60°Cの周囲温度(作動時)

PROFIBUS用のPLC拡張機能
PLCnext Control拡張 – AXC F XT PB

拡張モジュールはPLCnext Control AXC F 2152およびAXC F 3152向けの汎用PROFIBUS-DPコントローラです。従来のバスシステムをPLCnext Technologyに統合することができます。

こちらが特長です

  • PROFIBUSコントローラの機能性を簡単に統合
  • DP-V0およびDP-V1経由で通信
  • PLCnext Technology向けのPROFIBUSの使用が可能

こちらが主な機能です

  • PROFIBUS機器を125台まで接続可能
  • DP-V0/DP-V1プロトコル
  • 温度範囲:-25°C ~ +60°C

AxiocontrolシリーズのPLCnext Control機器

さまざまな性能クラスの拡張可能なPLCnext Control機器

オープンで革新的―Axiocontrolシリーズのモジュール型PLCnext Control機器

フエニックス・コンタクトの堅牢なAxiocontrolシリーズは、PLCnext Technology向けにさまざまな性能クラスのPLCを備えています。高級言語によるプログラミング向けに設計されていますが、従来のIEC 61131-3言語にも対応しています。
PLCは、AxiolineおよびInline IP20のI/O機器向けのモジュールを使用して拡張可能です。さらに、追加のイーサネットポートやセーフティおよびAI機能などのハードウェア機能を、AXC F 2152およびAXC F 3152 PLCnext Control機器の左側に追加することも可能です。

セキュリティは、ユーザー証明書も保存することができるTPM(Trusted Platform Module:セキュリティチップ)をベースにしています。このシリーズのコントローラは、TÜV SüdによりIEC 62443-4-1 ML 3 Full Process ProfileおよびIEC 62443-4-2認証を受けた最初のPLCです。これは、PLCnext Controlコントローラの開発において、安全な開発ライフサイクルが全面的に適用されたことを認めるものです。IEC 62443-4-1/-4-2に準拠する製品認証は、製品が安全に開発されたことを承認し、どの技術的セーフティ要件が実装されているかに関する情報を提供します。セキュリティプロファイルを有効にすることにより、広範なセキュリティレベル2(SL2)の機能にもアクセスできます。

高性能のPLCnext Control

高性能のPLCnext Control

安全で冗長―セーフティ機器を用いた大規模ネットワーク向けPLCnext Control機器

PLCnext Technology向けの高性能コントローラにより、例えば、安全性や可用性に高い要求を課すオートメーションアプリケーションなどを実現できるようになります。  非常に高いセーフティレベルが必要なアプリケーションには、当社の最大SIL 3のセーフティコントローラで安全策をとりましょう。独立した2つのCPUにより最大限の安全性を実現し、最大300の安全関連機器を備えた大規模ネットワークを運用できる高性能な4コアシステムを兼ね備えています。

オートメーション・テクノロジにより、ダウンタイムを減らし、コスト効率よく作業して、トンネルや空港などで起こる可能性のある損害を避けることができます。  光ファイバに基づく組込みの冗長化機能により、1台のコントローラが故障したり交換されたりしても、プロセスは中断されません。RFCコントローラはPROFINETに基づき、AutoSync Technologyにより自動的にシステムの冗長性を確立します。

いずれのRFCも、抵抗膜式タッチスクリーンで操作性が向上したシンプルなユーザーインターフェースを備えています。これにより高レベルの監視が強化されます。
組込みのOPC UAサーバにより、標準化された通信プロトコルを使用することで、PLCは今日ではすでに今後の需要に対応できるようになっています。

エッジコンピューティング用PLCnext Control―ユースケース

2つの性能クラスのエッジアプリケーション用PLCnext Control

データを中心にコンパクトに―エッジコンピューティング向けのPLCnext Control

エッジアプリケーション用のPLCnext Control機器を使用すると、フィールドからのデータをクラウドベースで最大限に活用するためのIoTエッジソリューションを構築することができます。これによりITの世界とOTの世界のギャップが補われます。PLCnext Technologyにより、既存のITインフラへの簡単な組込みが可能になります。

Node-RED、ローカル時系列データベース、シンプルなクラウド接続などのプリインストールされたソフトウェアツールを使用して、開発や準備の時間を短縮することができます。物理的にユーザーの近くでデータ処理を行うことで、情報を迅速かつ安全に、そして遅延なく交換することができます。組込みウェブベース管理ツールにより、シンプルで安全な管理が保証されます。さらに、エッジデバイスは特にコンパクトで、すべて金属製ケース内で受動的に冷却されます。

PLCnext Technology Starterkit
PLCnext Technologyを今すぐ始めましょう。
PLCnext Technologyのオープンな世界に参加して、機能性、操作、パフォーマンスから刺激を受けましょう。お楽しみください。お客様のプログラミングを応援しています。
スターターキットへ
PLCnext Technology Starterkit
PLCnext ControlとさまざまなI/Oを備えたオートメーションシステム

PLCnext ControlとさまざまなI/Oを備えたオートメーションシステム

I/Oによりオートメーションシステムの高いモジュール性を実現

オートメーションシステム向けのI/Oが必要ですか。I/Oモジュールの広範な製品ラインアップにより、それぞれのアプリケーション要件を理想的に実装するPLCステーションを、モジュール方式に従ってセットアップすることができます。Axioline F製品シリーズならびにAxioline Smart Elementのブロックモジュール型I/Oモジュールを接続でき、AxiocontrolシリーズのPLCnext Control機器に、限られたスペース内でも柔軟に組み立てることができます。I/O製品ラインアップには、デジタルモジュールとアナログモジュールの他にも、さまざまな機能モジュールが含まれています。一部のAxioline Fモジュールには、非常に過酷な環境条件向けのタイプもあります。

すでにフエニックス・コンタクトのInline I/O機器をシステムのオートメーションにご使用で、将来的にPLCnext Technologyエコシステムをアップグレードすることでさらにメリットを享受したいとお考えですか。Inlineアダプタ端子台により、既存のI/OステーションをPLCnext Control機器に簡単に装備でき、その後既存のシステムのモダナイゼーションが可能になります。
Project+ソフトウェアを使用して、適切なI/O機能を選択して、I/Oステーションを迅速にエラーなく設定することができます。

セーフティ、イーサネット、INTERBUS用のPLC拡張機能

セーフティ、イーサネット、INTERBUS用のPLC拡張機能

PLCnext Controlの機能を拡張

PLCnext Control機器(AXC F 2152またはAXC F 3152)の機能を、例えばコントローラの左側に配列可能なセーフティモジュール、イーサネットモジュール、またはAIモジュールで拡張します。  これにより、追加のイーサネットインターフェースを提供でき、AIを搭載したアプリケーションや機械学習向けにコントローラを最適化できます。左配列可能なPROFIsafe拡張機能は、フル機能を備えた安全志向のPLCで、最大SIL 3のセーフティアプリケーション向けに、PLCnext Control機器の機能範囲を拡張します。拡張モジュールを追加することで、最大3つのモジュールをPLCに接続することができます。

PLCnext Technologyエコシステムの追加パーツを利用

PLCnext Engineer
ノートPCで作業するプログラマ
PLCnext Storeの画面を映すノートPC
PLCnext Engineer

柔軟なPLCnext Engineerソフトウェアプラットフォームは、PLCnext Controlに関連するあらゆるエンジニアリングタスクを単独のツールに組み合わせた、無料のソフトウェアツールを提供します。ソフトウェアにより、IEC 61131-3に準拠のプログラミング、セーフティプログラミング、表示、診断が可能になり、アドインを使用して追加機能やインターフェースで拡張することができます。
PLCnext Engineerにより、高級言語プログラムまたはMATLAB® Simulink®モデルを呼び出し、これらをPLCnext Control機器上で試運転および管理することが可能になります。そのため高級言語コードを標準オートメーションと便利に組み合わせることができます。

ソフトウェアへ
ノートPCで作業するプログラマ

シンプルなクラウド統合、オープンソースソフトウェアを使用するオプション、PLCnext Communityの成長し続ける専門知識を通して、新しい形のコラボレーションを活用できます。PLCnext Technologyの情報、サポート、有用なリソースを活用しましょう。あるいは、フォーラムに質問を投稿して当社のエキスパートや他のユーザーからの回答を受け取りましょう。FAQの検索や説明動画の視聴を行い、当社のGitHub、Instagram、LinkedInをご活用ください。MakersBlogでは、興味深いアプリケーションの紹介や、業界のトレンド、ユースケースについて詳しくご紹介しています。

コミュニティへ
PLCnext Storeの画面を映すノートPC

PLCnext Storeは、PLCnext Control機器の機能を直ちに簡単に拡張することができるソフトウェアアプリケーション(アプリ)を提供します。ストアのオープン性により、サードパーティのプロバイダは、開発したアプリを販売することもできます。PLCnext Storeでは、プログラミングを加速するソフトウェアライブラリから、プログラミングの知識なしで使用できるプログラム済みのアプリまで、あらゆるアプリケーション向けのさまざまなアプリがあります。

PLCnext Storeへ