概要に戻る

SAFECONFによるセーフティコンフィグレーション

フエニックス・コンタクトのソフトウェアでセーフティ機器を簡単に設定

ドラッグ&ドロップでセーフティを簡単に実現できるようになりました。SAFECONFはフリーソフトで、マウスを数回クリックするだけでPSRtrisafeとSafetyBridgeの機能を簡単に設定できます。

SAFECONFソフトウェア

ドラッグ&ドロップでセーフティ機器を簡単に設定

ISO 13849-1を効果的に実現

SAFECONFによる機器設定はセーフティアプリケーションの設定に関する法的な指針に沿っています。ISO 13849-1の内容はSAFECONFを使って効果的に実現できます。

ドラッグ&ドロップでセーフティロジックを簡単に作成

SAFECONFソフトウェア  

ファンクションブロックですばやく作業ができる

常にユーザーフレンドリー:SAFECONFソフトウェアでセーフティロジックを確実に作成しファンクションモジュールにパラメータを指定できます。

組込みの検証プロセスで正しいモジュール接続とシグナル回線の整合性を自動的に検証します。

設定内容を確実に送信

SAFECONFソフトウェアの検証手順  

確実に送信

設定内容をハードウェアに送信する場合、逸脱の影響や設定の不備を確実に排除する必要があります。

内蔵のテスト方法で正しいデータが伝送されていることを確認すると同時に不正な設定を防ぐことができるソリューションです。

セーフティロジックの検証

テストプランを使ったパフォーマンス試験  

テストプランとシミュレーションモードを使った検証

テストプランを使ってセーフティロジックの性能と特定の動作を確認します。

シミュレーションモードでは、セーフティロジックが動作しているかどうかをテストプランで確認できます。信号値を使ってエラー状態を調整し、セーフティ回路の動作を監視できます。

セーフティ対策を確実に文書化

SAFECONFソフトウェアで文書化  

文書化で明確に

SAFECONFではボタンをクリックするだけで総合的なプロジェクトレポートを作成できます。セーフティテクノロジで提供される重要な情報をすべて文書化することができます。

  • 寿命のアクティビティ
  • アクティビティの変更
  • パラメータ記録
  • プロジェクトの作成者および日付
  • ロジックプラン
  • 改訂状況
  • プロジェクトの変更
  • テスト結果

セーフティアプリケーションの高速起動

強制機能で起動  

強制機能で高速起動

SAFECONFでは、セーフティアプリケーションが正しく動作していることを機器から直接確認できます。

強制機能を使ってPSRtrisafeの入力と出力をそれぞれ設定します。機器やシステムの一部を指定して起動させることで、セーフティ機能の動作をはっきり確認する事ができます。この方法でシステムの起動が速くなります。


概要に戻る
ソフトウェア
  • SAFECONFによるセーフティコンフィグレーション

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階