セグメント制御ソリューション

概要

パーク管理:監視と制御  

パーク管理:監視と制御

  • 大規模太陽光発電システムを効率的に稼働するためには連続モニタリングとセグメントレベルでの制御が必要です。
  • フエニックス・コンタクトのArray Controlで、プランナとシステムオペレータはあらゆる累積データを収集し効率的なパーク管理で使用できる十分に試験した信頼性のあるソリューションを手に入れることができます。
  • このソリューションはすばやく設置でき大規模太陽光発電システムに簡単に組み込むことができます。

アプリケーション

Array Control  

Array Controlスイッチギアと制御装置のアッセンブリ

大規模太陽光発電システムを効率的に運用するために稼働時のモニタリングと制御が必要です。

10 MW規模のソーラーシステムはソーラーパネル20枚x2500ストリングほどで構成されています。そして近くに接続箱、インバータ、および基準センサ、ウェザーステーション、エネルギーメーターなどのモニタリング部品などが構成されています。

大量の測定データを収集して処理し、インバータを制御し、システムの状態を上位データ管理システムに伝送する必要があります。

ソリューション

累積データ量が膨大なため太陽光発電パークはアレーと呼ばれる個別セグメントに分割されています。フエニックス・コンタクトのスイッチギアおよび制御装置のアッセンブリArray Controlにはコントローラがあります。コントローラはアレーのインバータ、データロガー、エネルギーメーターの測定データを統一データモデルに準拠して受信し、中央制御室の上位SCADAシステムに転送します。

プリプログラミングされたファンクションブロックで個別部品とArray Controlを簡単に接続できます。ネットワークが過負荷であればArray Controlはインバータを制御してパワーを落とします。またArray Controlには多数の診断機能があり、たとえばストリングの性能が低下した時などに診断します。記録した値は盗難防止保護やデバイスエラーなどの状態メッセージで補足されます。すべてのデータは25年間保存されます。

フエニックス・コンタクトのパーク管理システムの基礎的要素であるArray Controlで大規模太陽光発電システムを効率的に管理できるようになりました。

大規模太陽光発電システムの監視と制御  

Array Controlで大規模太陽光発電システムを効率的に稼働

特長

  • インテリジェントなオートメーションソリューションで低コストのエンジニアリングと稼働
  • すべての関連データをセグメントレベルで統一データモデルで収集する基礎アプリケーション
  • さまざまなインバータ、DCメーター、モニタリング部品をプリプログラミングのファンクションブロックライブラリで簡単に組込み
  • 拡張性が高く、データ処理とデータ量が増えても対応可能

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: