ハイブリッド太陽光発電システム

ハイブリッド太陽光発電システム

厳しい条件に対応

ハイブリッド太陽光発電システムの堅牢なソリューションと部品は最も厳しい環境条件にも耐性があります。

住宅への電源供給とともにハイブリッド太陽光発電システムは産業環境でも使用されます。たとえば海水の淡水化、鉱山活動、農業活動、遠くのリゾート地へのエネルギー供給などがあります。

ハイブリッド太陽光発電システムは気象条件が厳しい場所に設置されることがよくあります。このため発電ユニットとともに、アキュムレータ、インバータ、このユニットを制御し調整するために必要な機器も過酷な環境条件に耐える必要があります。フエニックス コンタクトのソリューションと部品はこの要件に適合する点で理想的です。

特長

  • エネルギーおよび性能データのモニタリングと収集で、ハイブリッド太陽光発電システムの効率の強化
  • 小規模コントローラのモジュール拡張と幅広いI/O機器の機能で高い柔軟性
  • シリアルプロトコルでインバータと通信

測定パワー

アプリケーションのパワー測定端末  

すべてのエネルギーフローをパワー測定端末で記録

実績のあるAxiolineシステム用のパワー測定端末はハイブリッド太陽光発電システムが生成する電圧、電流、パワーをすべて記録します。

つまり産業実績のあるオートメーションおよびエネルギー測定部品をワンストップで入手できます。パワー測定端末でAC値を解析できます。瞬時値を記録して評価できます。

負荷管理

アプリケーションの小規模コントローラ  

小規模コントローラで効率的なエネルギー管理が可能

フエニックス コンタクトの小規模コントローラを使用して、ハイブリッド太陽光発電システムを制御および監視し、効率的なエネルギー管理を実現することができます。

負荷の進行状況が把握されている場合は、負荷管理システムをMatlab Simulinkを使用したモデルに基づいて開発し、シミュレーション環境でテストすることができます。これにより、エンジニアリング作業を軽減することができます。

制御エネルギーの提供

制御エネルギーの提供  

電圧と負荷の変動を補償するための大型蓄電システム

急激に変動する再生可能エネルギーの供給では、パワーグリッドにより厳しい負荷試験を実施します。太陽光発電システムにおける最大電力出力を制限することは効率的ではないので、動作の予備バッファはより頻繁に使用されます。当社のモジュール式制御システムは、制御エネルギーを供給するための中枢管理機能を前提としています。

データインターフェース

アプリケーションのI/O機器  

I/O機器ですばやく簡単にデータをリンク

あらゆるアプリケーションに適した幅広いI/Oモジュールと各種機能端子台があります。

たとえばアナログおよびデジタルデータはそれぞれ1枚のパネルで記録できます。パネルはコントローラに柔軟に取り付けることができます。

遠隔地にもエネルギー供給

ハイブリッド太陽光発電システムを確実に稼働させるためにシステムのすべての部品を最適に調整する必要があります。フエニックス コンタクトの小規模コントローラでアプリケーション全体を制御して調整できます。

エネルギーマネージャと同じように動作し、消費者のエネルギー需要に適切な場所と時間で対応できるようにします。

自律型電源  

厳しい環境条件でもオートメーションソリューションはいつでも対応

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階