パーク管理:オートメーションとネットワーキング

パーク管理:オートメーションとネットワーキング

最適なネットワーキング

インテリジェントオートメーションおよびネットワーキングでシステムの効率を高めます。

戻る 地上設置型システム

カテゴリ

連続稼働データ収集とインテリジェントデータ管理を用いて太陽光発電システムの効率と発電量を高めます。フエニックス・コンタクトのネットワークインフラ部品でセキュリティと信頼性を確保しながら地上設置型太陽光発電システムをネットワーク化できます。

インテリジェントオートメーションと表示ツールで地上設置型システムのデータを連続的に記録して評価できます。また地上設置型システムは公衆ネットワークを通じてメンテナンスできます。

特長

  • インテリジェントオートメーションソリューションで低コストのエンジニアリングと稼働
  • 冗長性があるフェールセーフのネットワーク
  • SunSpec®またはIEC 61850に準拠した標準データ伝送
  • 専用ファンクションブロックで高速エンジニアリング

ネットワーキングを実現

アプリケーションのスイッチ  

太陽光発電システムの安全なオペレーションのためのネットワーク部品

フエニックス・コンタクトの部品で地上設置型システムをすばやく簡単にネットワーク化しファイアウォールで保護した冗長ネットワークを作成します。

どの伝送メディアを用いてもフェールセーフ通信ソリューションをセットアップするための適切なネットワーク部品があります。ベースになるのは高性能ギガビットスイッチ、モデム、メディアコンバータです。

監視と制御

アプリケーションのArray Control  

太陽光発電システムのすべてのデータを連続的に記録して評価

大規模太陽光発電システムを効率的に稼働するためには常時モニタリングとセグメントレベルでの制御が必要です。

フエニックス・コンタクトのArray Controlスイッチギアとコントロールギアアッセンブリでこの機能を実行し、アレーの現在のパフォーマンス、環境条件、インバータ状態に関連するすべてのデータを記録します。このデータは中央制御室の上位SCADAシステムに送信されます。

オートメーションと表示

太陽光発電システムの出力曲線  

カスタム指定の太陽光発電システム表示ソリューション

効率的な太陽光発電パーク管理で大切なのは連続制御です。フエニックス・コンタクトは太陽光発電システムのオートメーションおよび表示ソリューションを標準およびカスタム指定で提供します。

革新的なソフトウェア製品、IEC 61131準拠のファンクションブロック対応のライブラリなど さまざまなデータロガー用ドライバやインバータ用インターフェースがパッケージに含まれています。

Array Controlで大規模太陽光発電システムを効率的に稼働

10 MWの太陽光発電パークはおよそ2,500のストリングが20枚ほどのソーラーパネルで構成されています。累積データ量が極めて大きいため太陽光発電パークは個別アレーに分割されています。

それぞれのアレーは多数の接続箱、インバータ、モニタリング部品で構成されています。

太陽光発電システムを効率的に稼働

稼働データ収集とデータ管理で最適な太陽光発電システム発電量

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階