プロセスインダストリー4.0

プロセスシステムの近代化およびデジタル化

プロセスシステムの近代化

最新のデジタルシステムへの道程に寄り添います。

最新のデジタルシステムへの3段階の計画についての説明をご覧ください。これには、計画外の障害を防止するために設計された最適なメンテナンスプロセスとともに、最先端の通信機能が含まれます。検査巡回および文書化は、このタイプのシステムでは完全にペーパーレスです。

ステップ1:制御エンジニアリングの革新

旧システムから新システムへの移行  

旧システムから新システムへの移行

オペレータの第一歩は、システムの現状を分析することです。使用している制御システムと計測制御エンジニアリングの使用年数について。これにより最適な移行時期が分かります。

オートメーションエンジニアリングのエキスパートによる旧システムから新システムへの移行方法について説明します。在庫確保には細心の注意を図り、綿密にご相談の上、ダウンタイムを最小限に抑えます。

ステップ2:メンテナンス4.0でペーパーレスを実現

産業用WLAN対応範囲  

産業用WLAN対応範囲により、スマートなインフラを拡大

システムの適応のための次のステップは、オペレーターが制御テクノロジと計測制御テクノロジを最先端の技術にまで引き上げた後、現場で行われます。

ここは、スマートシステムの識別および産業用WLANの対応範囲の組み合わせが、オペレータが段階的に導入できる効率的なメンテナンスプロセスの基盤を形成するために加わるところです。

ステップ3:人工知能と計測データの結合

システムの予知保全  

予知保全で潜在的な障害を早期に検出

オペレータとして、測定データの収集によって早い段階で潜在的な障害を検出できると、トラブルシューティングやそれに関連するダウンタイムを適宜スケジュールすることができます。必要に応じて、後に延期することもできます。

ウェブサービスを組み込むことは、付加価値を生み出すための簡単で安全な方法です。こちらでその仕組みをご覧いただけます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階