MPG Mendener Präzisionsrohr:中断しないワイヤレス

通信が中断しないWireless-MUXワイヤレスモジュール

鋳造所の充電カート  

6年以上中断なし:MPGのBluetoothワイヤレス通信

MPG Mendener Präzisionsrohr鋳造所は100年以上にわたり金属を製造加工してきた欧州の銅合金伝熱管市場のリーダーの1つです。150名の従業員が250 kmの伝熱管を月産しています。製造した伝熱管は発電所、システム製造、精錬所、造船所などで使用されています。

MPGでは溶かす金属を充電カートで炉に運んでいます。フエニックス・コンタクトのワイヤレスソリューションはこうした過酷な環境でエラーフリーの通信を保証します。

アプリケーション

伝熱管は厳しい要件を満たすだけではなく40年間故障せずに使える必要があります。このため鋳造所は半完成品をアプリケーションに合わせて標準品質以上に仕上げています。フォークリフト車でCyrus Schwingtechnikのレール付き電動充電カートに移して炉に運びます。

充電カートの制御テクノロジを担当するのはBregar Systemtechnikです。同社の専門はモーションシーケンスのオートメーションソリューションや配線・制御盤システムです。従来はカートの位置、エラーメッセージ、起動/停止、非常停止などをケーブルドラムを介してセントラルコントローラとマシンコントローラの間で通信していました。しかし有線ではコストがかさみ、エラーが生じやすく、メンテナンスに手間がかかることがわかりました

ソリューション

Bluetoothマルチプレクサを搭載した充電カート  

Bluetoothマルチプレクサを搭載した充電カート

Thomas VosはBregarで制御テクノロジを担当しています。「他の通信ソリューションを探していたところフエニックス・コンタクトのワイヤレステクノロジに出会いました」。現在Bregarはケーブルの代わりにワイヤレスマルチプレクサを使用しています。これはBluetoothテクノロジをベースにしています。

「Wireless-MUXでは充電カートのシグナルを中央のマシンコントローラにワイヤレスで送信します」とVosは説明します。「つまりこのような過酷な環境でもデータを簡単に低コストで転送できるのです」。

Wireless-MUXは16のデジタル信号と2つのアナログ信号を双方向で転送しており、40本の信号用ケーブルの代わりになっています。ワイヤレステクノロジとしてIEEE 802.15に準拠するBluetoothが使用されており、無料でライセンスフリーの2.4 GHz周波数帯で動作します。高速適応周波数ホッピング方式が組み込まれており、堅牢で信頼性のある通信となっています。

まとめ

Thomas Vos、Rico von Borzestowski、Thomas Meisterjahn  

このテクノロジに好印象を持ったThomas Vos、Rico von Borzestowski、Thomas Meisterjahn

フエニックス・コンタクトのワイヤレスシステムが良好な結果だったことから、Bregarは現在さまざまな通信要件の複数のアプリケーションでこのワイヤレスシステムを使用しています。MPGで設定したワイヤレス経路は6年以上中断することなく動作しています。

「フエニックス・コンタクトのワイヤレスソリューションを使用することで数多くの課題を解決し大幅なコスト削減ができました」とThomas Vosは述べていますが、これはCyrusとMPGの担当者も同様です。ワイヤレスは今後のプロジェクトで繰り返し使用されると思われる極めて人気のある代替方式です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階