概要に戻る

モジュール銅線リピータ

モジュール銅線リピータでシステムパワーを向上

銅線/FO伝送の全イメージ  

銅線リピータとOptical Link Modules(OLM)の組合せ、PROFIBUSハブとして設計

PSI-REP銅線リピータでネットワークをデータ速度にかかわらず広く拡張できます。リピータでセグメント化してデバイス数も拡張できます。

高品質の4方向絶縁で極めて高度な干渉イミュニティが保証されます。

この場合もPSI-MOSデバイスのモジュールコンセプトで銅線と光ファイバーチャネルを安定して混在させることができます。条件によっては帯域を上げ、EMIを安全に伝送し、チャネルを広げて分散できます。

 

主な特長:

  • 開始文字検出フィルタで壊れたPROFIBUSテレグラムを検出
  • ビットリタイミングでデバイスを必要な深さまでカスケード可能
  • 高品質電気絶縁で産業用アプリケーションに適した干渉イミュニティを保証

モジュール構造

DINレールコネクタ経由で接続  

DINレールコネクタ経由で接続

DINレールコネクタでデバイス同士をすばやく簡単に接続できます。この方法でデータ信号と電源のクロス配線を行います。デバイスをすばやく設置し誤接続を防ぎます。

このようにアプリケーションに合わせて最大10台のデバイスを組み合わせることができます。このモジュールPROFIBUSハブは銅線または光ファイバーで30チャネルまで設計できます。

モジュールで柔軟に:稼働時でも他のモジュールに影響を与えずにモジュールを交換できます。オプションのシステム電源をシステムに連続的に組み込んで冗長的に使用することもできます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階