拡張器とリピータ

拡張器とリピータ

ご使用のフィールドバスネットワークのパフォーマンス向上

戻る フィールドバス通信

カテゴリ

絞込み検索 拡張器とリピータ

このカテゴリの製品をすべて表示する

フエニックス・コンタクトの拡張器を使用すると、それぞれのフィールドバス規格を超えてネットワークの範囲を広げることができます。リピータは、機器の範囲と台数を拡張するセグメンテーションを有効にします。拡張器とリピータを使用して、ご使用のフィールドバスネットワークを拡張し、パフォーマンスを向上させることができます。

特長

  • 範囲の拡大とセグメンテーションによる性能の向上
  • 拡張器を使用して範囲を広げるには、2線式を使用します。
  • リピータを使用した信号処理によるネットワーク拡張

銅線ベースで20 kmまで伝送するPROFIBUS拡張器

ロゴ付きPROFIBUS拡張器  

PROFIBUS拡張器

PROFIBUS拡張器を使用して従来の銅線ケーブル経由のリモートPROFIBUS機器に到達できます。これにより、特別なケーブルを使用せずに最大1.5 kmの距離で最大1.5 Mbpsのデータ速度が可能になります。

機器にはDSLポートが2つあり、冗長ポイントツーポイントまたはリニア構造を明確に設定できます。

さらに、DINレールコネクタで銅線ケーブルと光ファイバを混在させて運用することも可能です。

最後にパワーはUSBケーブルから給電され、外部24 V電源を使わずに装置を構成できます。

シリアル拡張器 – RS-232、RS-422、RS-485のネットワークを拡張

SHDSL最新のアプリケーション  

シリアル拡張器

産業用シリアル拡張器により、シリアルRS-232、RS-422、およびRS-485インターフェースのシリアル規格を超えて範囲の拡張ができるようになります。これには特別なケーブルは不要です。どの2線式ケーブルでも使用できます。

つまり2線式および4線式のケーブルに対してポイントツーポイント、ライン、およびスター構造を実装できるということになります。

つまり利用可能な社内ケーブルを使用してネットワークをコスト効率良く実装できるということになります。廃止された電話線や、もう使用されていないフィールドバスケーブルは、この目的には最適です。

フィールドバスリピータ - セグメンテーションを介した拡張

フィールドバスリピータ  

フィールドバスリピータ

フエニックス・コンタクトのリピータを使用すると、データ速度に関係なく、広範囲にネットワークを拡張できます。リピータでセグメント化することで、デバイス数を増やすこともできます。範囲を広げ、EMCなしで送信し、必要に応じてチャネルを拡張して配信することができます。モジュール式コンセプトは、銅と光ファイバのチャネルのどの組合せでもサポートします。

  • 信号処理での組込みのビットリタイミング機能により、リピータは必要な深度までカスケード接続できます。
  • 組込みのビットオーバーサンプリング機能により、耐干渉テレグラムを確保します。
  • 開始デリミタ検出により影響のない損傷PROFIBUSテレグラムが検出され、ネットワークからフィルタリングされます。

PROFIBUSおよびRS-485ネットワーク向けアクティブ終端

PSI-TERMINATOR-PB-TBUS  

PSI-TERMINATOR-PB-TBUSを使用したアクティブ終端

PSI-TERMINATOR-PB-TBUSを使って、PROFIBUSおよびRS-485ネットワークを簡単にアクティブに終端させます。

このため次のような特長があります。

  • 恒久アクティブ端末で耐干渉のバス通信 したがって、バス加入者は使用中に接続および遮断することができます。
  • ネットワーク上の固定プログラミングインターフェース
  • 冗長化電源
  • DINレール取付けバスコネクタから給電し他の機器と組み合わせて使用

D-SUB接続を使い、アクティブなプログラミングおよび診断装置に電源を供給します。この機器は、バスシステムの定義済みサービスインターフェースとして使用することもできます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階