ビルインフラ用IoTベースのPLC

ビルインフラ用PLC

ビルのIoT―簡単なオートメーション

迅速で効率的な統合、設定、表示

戻る コントローラ

カテゴリ

絞込み検索 ビルインフラ用PLC

このカテゴリの製品をすべて表示する

高性能なモジュール型IoTベースILC 2050 BIコントローラは、ビル内のオートメーションタスク、特に建物のインフラ、エネルギーフローおよびHVACアプリケーションの監視および制御用に特別に設計されています。コントローラは拡張可能であり、任意の数のハードウェアおよびソフトウェアアプリケーションに使用できます。

特長

  • 標準化された機能により、起動コストを削減
  • 1台のコントローラ上にさまざまなプロトコルがあるため、センサとアクチュエータの組込みにかかる手間が軽減
  • ドラッグ&ドロップを使用した簡単なプログラミング
  • どんな場所でも可能なウェブベースのメンテナンス、監視、プログラミングで、コスト効率の良い動作

サブセクションの組込み―オープンで効率的かつ無制限

異なるサブセクションと屋上ソーラーシステムのある建物  

異なるサブセクションに簡単に統合

Niagara frameworkの主な特長は、フィールドレベルでのさまざまなバスシステムとプロトコルからのデータの組込みができることです。この情報は、コントローラでコンパイルおよび処理され、転送されます。コントローラは、BACnet/IP、Modbus/TCP、KNXnet/IP、LonMark IP-852、oBIXおよびSNMPなど、多数の通信ドライバをサポートしています。 

接続された機器やネットワークからのデータは標準化されており、システム全体で利用可能です

フレキシブルなライセンスモデル

立方体  

柔軟なライセンシング – オーダーメイドソリューション

コントローラのNiagaraライセンスは、組込み可能なデータポイントの数に基づいています。基本ライセンスは250データポイントから始まり、10,000データポイントまで拡張できます。ソフトウェアの更新とアップグレード用の保守ライセンスも必要となります。1年、3年または5年のランタイムの中から選択可能です。お問い合わせください。お客様のプロジェクトに最適なライセンスをご用意いたします。

サーバレベルでのステーション管理―スーパーバイザおよびWorkbench

表示付き制御盤および産業用PC  

ステーションの簡単で効率的な設定

スーパーバイザ

スーパーバイザは、SCADAシステムにおけるセントラルトレンドロギング、アーカイブ、アラーム、表示、スケジューラ、システム全体のデータベース管理および統合など、リアルタイム情報およびサーバ機能のグラフィック表示を提供します。スーパーバイザは、他のシステムとの直接通信をサポートするために、BACnet/IP、Modbus/TCP、KNXnet/IP、LonMark IP-852、oBIX and SNMPなどのさまざまなIPベースのプロトコルと標準化されたオブジェクトモデルを使用しています。

Workbench

Workbenchはグラフィックとテキストベースのプログラミングツールを備えた組込みのスーパーバイザ開発プラットフォームです。Workbenchは、通信インターフェース、Web表示、ユーザー管理の設定に使用され、アラームコンソールが搭載されています。Workbenchは、標準モジュール用の複雑な機能を開発するために必要なすべての部品を提供します。ワイヤシートビューは、ドラッグ&ドロップを使用したプログラミングアプリケーションを提供します。各スーパーバイザライセンスにはWorkbenchライセンスが含まれます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階