概要に戻る

予防機能モニタリング

プレミアム電源QUINT POWERは最大のシステム可用性を実現します。予防機能モニタリングはこの点において非常に重要です。

クリティカルな動作状態を初期段階で検出

電源がBoostモードであればこのメッセージが警報として表示され、システムが停止することはありません。  

アクティブ信号出力とフローティングリレー接点でリモートモニタリング

予防機能モニタリングにより、ユーザーもシステムもエラーが発生する前にクリティカルな状況を検出できます。

  • 出力電圧と出力電流を常時モニタリング
  • クリティカルな状況は次の方法で確認できます。
    • LED
    • フローティングリレー接点
    • アクティブ信号出力

POWER BOOSTモードのモニタリング

POWER BOOSTモードで電源をモニタリング  

POWER BOOSTモードではフル出力電圧が可能です。

次の場合、電源から所定の定格値を超える電流が流れます。

  • 電源はPOWER BOOSTモードに入っています。
  • 通常に運転します - 接続された負荷と同じ - 出力電圧DC24V時

POWER BOOSTモードではさらに負荷が増加します。この負荷を表示し、コントローラにレポートします。この負荷を表示し、コントローラにレポートします。

例:

コンベアベルトがスムーズに動いていないような問題が予防機能モニタリングで検出されます。電圧降下で他の負荷に影響が出る前にシステムの修復が可能です。  

実用性

予防機能モニタリングの特長を示す試験を詳しく紹介しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

優れたシステム可用性のカスタマイズ可能な電源