CHARX control professional―急速充電ステーション用DC充電コントローラ

急速充電ステーション用DC充電コントローラ

自由にプログラミング可能なCHARX control professionalおよびCHARX control integrated DC充電コントローラは、IEC 61851-23に準拠したモード4急速充電に対応した最新の充電ステーションにインテリジェンスを提供します。それらは、電気自動車との通信や、充電プロセスの監視、充電電流などのパラメータの制御、またオプションで追加タスクの処理なども行います。

詳細情報

特長

[x]- 19インチ充電コントローラは、すべての機能を1台の機器に統合

  • 圧接接続の19インチシステムにより、設置とメンテナンスが簡潔に
  • IEC 61131に準拠したプログラミングの自由な選択と、フレキシブルな使用
  • あらかじめ組み込まれたファンクションブロックにより、プログラミング作業を削減
  • 幅広いインターフェースで、システムに簡単に組込み

新製品

19インチ充電ステーション向けの電源制御モジュール

19インチ充電ステーション向けの電源制御モジュール

モジュール型DC充電インフラを設計

CHARX control integratedは、19インチ充電ステーションの制御・監視用のすべての機能を組み合わせたものです。制御モジュールは、最大150 kWの急速DC充電用に、最大5台の30 kW電源モジュールを管理します。充電ステーションの設計、設置、メンテナンスがシンプルになります。

主な特長

  • 19インチ標準、3ラックユニット
  • DC入力x 5:0 A~150 A、0 V~1,000 V
  • DC出力x 1:0 A~500 A、0 V~1,000 V
  • 定格DC出力電力:150 kW
  • 内蔵機能:充電コントローラ、モバイルモデム、絶縁監視、パワーコンタクタ、ヒューズ、サージ保護、24 V電源

特長

  • すべての機能が1つの高度に統合された機器に組み合わされているため、効率的で省スペース
  • 19インチの標準寸法とPush-in高速接続で、迅速な設置とメンテナンス
  • 欧州安全規格およびEN 61000準拠のEMC規格に準拠
  • IEC 61131に準拠した充電コントローラプログラミングを自由に選択でき、柔軟な使用
  • 幅広いインターフェースで、簡単にシステムに組込み、リモートアクセス

DC充電コントローラの概要 2つの制御ソリューションの比較

CHARX control integrated
CHARX control professional
CHARX control integrated

CHARX control professional

アプリケーションと取付けタイプ スライドインとクイック接続の19インチラック用充電ステーション – 必要なコンポーネントをすべて統合 従来型取付けのDINレールベースの充電ステーション - 個別のデザインインが可能
内蔵機能 充電コントローラ、モバイルモデム、絶縁監視、コンタクタ、ヒューズ、サージ保護 DC充電コントローラ、モバイルモデム
内蔵インターフェース IEC 61851-23、OCPP、TCP/IP、RS-485、CANバス、I/O、SDカード、SIMカード、緊急スイッチオフ、ファン用230 V IEC 61851-23、IEC 61851-1、CHAdeMO、OCPP、TCP/IP、RS-232、RS-485、CANバス、I/O、SDカード、SIMカード
サポート対象充電ポイント DC x 1 DC x 1、AC x 1
サポート対象DC充電電力 150 kW 無制限
IEC 61131に準拠して自由にプログラミング可能
寸法 (幅 x 高さ x 奥行) 483 mm x 134 mm x 550 mm(19インチ規格3 RU) 285 mm x 158 mm x 70 mm
直接製品へ 直接製品へ

対応アクセサリ 要件に応じてその他の機能を追加

 

計量法に準拠の課金向けのDCエネルギーメーター
モバイルアンテナ
PC Worxファンクションブロックのライセンス付きSDカード
計量法に準拠の課金向けのDCエネルギーメーター

モバイルアンテナ

PC Worxファンクションブロックのライセンス付きSDカード

製品へ 製品へ 製品へ

製品動画 19インチシステム

モジュール型19インチシステムの詳細 DC充電ステーションの迅速なラック取付けを実現

標準の19インチ形式のCHARXシステムは、充電電流の分岐、変換、制御のための複数の調整されたモジュールで構成されます。新しい分岐モジュールCHARX power distribute、新しい制御モジュール電源モジュールCHARX control integrated、電源モジュールCHARX control basicを、任意の充電状況に合わせて組み合わせることができます。

DINレール部品を備えた従来型の組立てと比較して、モジュール型セットアップでは、DC充電ステーションの複雑さが大幅に軽減され、モジュールを迅速に設置・交換することができます。

インタラクティブイメージマップ:19インチのラック取付け用モジュール型CHARXシステム
電源制御モジュール
CHARX control integratedは、19インチ充電ステーションの制御・監視に必要なすべての機能を組み合わせたものです。制御モジュールは、最大150 kWの急速DC充電用に、5台までの30 kW電源モジュールを管理します。充電コントローラ、絶縁監視、パワーコンタクタ、ヒューズ、24 V補助電源、その他多くの部品など、必要な部品をすべて組み合わせているため、充電ステーションの計画、設置、メンテナンスがシンプルになります。制御盤のファン制御、温度測定、出力電圧測定などが可能になります。モジュールは幅広い通信インターフェースも備え、簡単にシステムに組み込み、リモートアクセスが可能です。
直接制御モジュールへ
分岐モジュール
CHARX power distributeは、19インチ急速充電ステーション内の、最大5台の電源モジュールにAC主電圧を給電します。制御モジュールにも給電します。内蔵のサージ保護、ミニチュアサーキットブレーカ、過熱保護により、すべての下流のモジュールと電線に最大レベルの安全性を確保します。これにより、過電圧カテゴリIIの電源モジュールのヒューズ接続が可能になります。
直接分岐モジュールへ
パワーモジュール
非常に効率的なCHARX power basic急速充電モジュールにより、DC充電インフラをより経済的に運営できます。AC主電力を電気自動車の急速充電に必要なDC電力に変換します。コンパクトな19インチのラックモジュールは、充電ステーションに直接取り付けて、電力要件に合わせて自由に相互接続することができます。
直接AC/DC電源モジュールへ
最大5台の電源モジュールを相互接続
19インチ充電ステーションのモジュール型設計により、最大5台の30 kW電源モジュールを相互接続することで、最大150 kWの充電電力を実現できます。
高速圧接式接続テクノロジ
Push-in高速接続とT-LOX(トグルレバー)方式により、剥き線またはフェルール付き電線を使用でき、迅速な設置と容易なメンテナンスを確保します。
省スペースで効率的な設計
特に市街地の充電ステーションでは、スペース要件は重要な要因です。同一の充電電力の比較可能なシステムは、スペース要件が大幅に高く、追加の配線作業が必要です。
幅広いインターフェース
充電ケーブル、タッチパネル、RFIDリーダー、状態LED、パワーエレクトロニクスなどを、CCS、CANバス、OCPP、TCP/IP、RS-485、I/O通信インターフェースに簡単に接続することができます。
IEC 61131に準拠して自由にプログラミング可能
CHARX control integrated制御モジュールは使い方が非常に柔軟で、IEC 61131に準拠して自由にプログラミング可能で、充電ステーションのソフトウェアとユーザーインターフェースを完全にカスタマイズすることができます。
3Dビュー

3Dで今すぐご体験ください

19インチCHARX control integrated制御モジュールの詳細をご覧ください。自由なズーム機能や回転機能を利用して、製品をあらゆる角度からご覧いただけます。

19インチシステムによる、DC充電ステーションの迅速な設置

DINレール向けコントローラの詳細 CHARX control professionalの多用途インターフェースをご紹介

インタラクティブイメージマップ:CHARX control professional DC充電コントローラ
モバイルインターフェース
ユーザ管理、課金、リモート診断などの機能を使用するには、内蔵のモバイルインターフェースを使用して充電コントローラをバックエンドシステムにOCPP(Open Charge Point Protocol)で接続します。
イーサネットインターフェース
2つのイーサネットポートを使用して、充電プロセスのタッチパネルへの表示、PC Worx経由のプログラミング、充電および負荷管理システムへの統合ができます。
状態LED
LEDにより、充電コントローラの状態と通信インターフェースのデータトラフィックを一覧できます。LEDは、エラー診断にも使用することができます。
SDカードスロット
ここに、既製のPC Worxプログラミングブロックのユーザーライセンスを含むSDカード(別売)を挿入することができます。SDカードを使用して、ログ記録された充電プロセスを保存したり、コントローラのコンフィグレーションを別の充電コントローラに転送することもできます。
AC充電用インターフェース
AC充電プロセスが規格に準拠していることを確実にするため、コントローラは必要な充電パラメータを、IEC 61851-1に準拠のAC充電インターフェース経由で車両と交換します。
CCS充電用インターフェース
DC急速充電プロセスが規格に準拠できるようにするため、コントローラはDIN SPEC 70121に準拠の必要な充電パラメータを、IEC 61851-23に準拠のCCS充電インターフェース経由で車両と交換します。
パワーエレクトロニクスの制御
電流、電圧、電力などの必要な充電パラメータは、CANバスインターフェースを介してパワーエレクトロニクスに送信されます。エンジニアリング費用を削減するため、当社ではCHARX power電源モジュール向けの既製のPC Worxファンクションブロックを提供しています。
エネルギーメーターの接続
エネルギー消費を測定して充電プロセスを正確に課金するために、ACおよびDCエネルギーメーターをRS-232およびRS-485シリアルインターフェース経由で接続します。
RFIDリーダー統合
RFIDカードリーダーをRS-232またはRS-485経由で接続して、ユーザが充電プロセスを、バックエンドシステムで、またはローカルのRFID許可リストを使用して承認することができます。
デジタルI/O
DCコンタクタの制御、絶縁監視の評価、ドアロック機構の監視、充電状態LEDの起動など、追加のお客様固有のコンポーネントを、16個のデジタル入力および出力経由でそれぞれ接続することができます。
この充電コントローラは、PC Worx内の既製のファンクションブロックを使用してプログラミング

幅広いアプリケーション IEC 61131に準拠して自由にプログラミング可能

CHARX control professionalとCHARX control integratedは、IEC 61131に準拠して特定の充電アプリケーション向けに自由にプログラミング可能です。

これにより、可能な限り幅広いアプリケーションを目的とした万能の充電コントローラになります。そのため、充電ステーションのソフトウェアとユーザーインターフェースを完全にカスタマイズすることができます。

DIN SPEC 70121に準拠した車両通信向けの既製のPC Worxファンクションブロックを使用することで、エンジニアリング作業を軽減することができます。

お客様専任担当者

当社の製品およびソリューションに関するすべてのご質問に対応

日本の連絡先
フエニックス・コンタクト株式会社
充電インフラプロジェクトについて、ご遠慮なくお問い合わせください。
Eペーパ-で詳細をご覧ください
新しいE-Mobilityパンフレット
電気自動車と充電インフラ向けの当社の幅広い充電テクノロジを160ページ以上にわたりご紹介します。また、当社に関してお伝えしたい情報をすべてご紹介し、充電テクノロジの基本原理をご説明しています。
Eペーパーを見る
印刷版およびタブレット上のEペーパーでのE-Mobilityパンフレット