太陽光発電のストリング監視

ソーラーパワーの有効活用

ソーラーパワーの有効活用

SOLARCHECKは太陽光発電システムの性能について信頼性のある情報を提供します。このためエラーを検出し、適切な対策を取ることができます。

戻る 太陽光発電システム管理

カテゴリ

絞込み検索 太陽光発電のストリング監視

このカテゴリの製品をすべて表示する

エラー検出で高効率化:太陽光発電システムは最短の時間で最大のエネルギー収率を達成する必要があります。SOLARCHECKはパネル破損や接触・配線不良による個別回線の電力損失にすぐに反応します。

特長

  • 接続箱に電源ユニットの追加不要、低コストかつ短時間で配線
  • ホールセンサでケーブルを中断せず、簡単かつ安全に電流測定
  • コンパクト設計で省スペース設置
  • Modbus/RTU通信でモニタリングシステムに簡単に組込み
  • デジタル入力の追加により、警報接点をモニタリング
  • オプションでDC 1500 Vまで電圧測定でき柔軟に拡張可能

SOLARCHECK – 測定と通信

SOLARCHECK PVストリング電流モニタリングの製品概要  

SOLARCHECK - モジュール式ストリング電流モニタリングシステム

モジュール式SOLARCHECKモニタリングシステムは電流および電圧測定用の各種機器および関連する通信モジュールで構成されています。

通信モジュール:

  • 最大8つの測定モジュールを接続し測定値を収集
  • データを供給して上位コントローラに送信
  • 接続した測定モジュールに電源供給

電流測定モジュール:

  • 最大DC 20 Aの電流を8チャネルで測定
  • 最大-1 Aの逆電流を検出
  • DC 20 Aの4チャネル拡張モジュール
  • モニタリング用デジタル入力、例:サージ保護モジュールの警報接点など
  • 通信モジュール経由で電源供給

電圧測定モジュール:

  • 接地した太陽光発電システムでDC 1500 Vまで電圧測定
  • 通常、接続と電源供給は8チャネルのSOLARCHECK電流測定モジュールにあるアナログ入力を通じて行う
  • 電圧測定値はアナログ信号で出力
  • (オプション)SOLARCHECKグループから取り外して使用することも可能

モニタリングシステムに簡単に組込み

大規模ネットワークのモニタリング  

SOLARCHECKネットワークで太陽光発電ストリングをモニタリング

通信モジュールはRS485 Modbus経由で電流測定モジュールの測定値を収集し、上位コントローラに送信します。

  • 最大8か所または4か所のストリング電流を収集できますが、1台の電流測定モジュールで収集できるのは1か所分だけです。
  • 1台の通信モジュールにはいずれの種類の電流測定モジュールも8台まで接続できます。
  • 2本の通信ケーブルは測定モジュールへの電源供給にも使用します。つまりフィールドに電源を追加する必要はありません。
  • 通常電圧測定モジュールが接続されており、8チャネルの電流測定モジュールにあるアナログ入力から電源が供給されます。
  • すべての測定値はオープンレジスタから通信モジュールで読取り可能です。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階