概要に戻る

タッチプルーフ

IEC 60529 / DIN EN 50274 - 電気設備およびシステムは、作業の実施または測定および試験作業の実行時に、保守技術員に高レベルの安全性も提供する必要があります。

直径12.5 mmのテストフィンガーを使用した接触安全試験  

直径12.5 mmのテストフィンガーを使用した接触安全試験

IEC 60529 / DIN EN 50274 - 電気設備およびシステムは、作業の実施または測定および試験作業の実行時に、保守技術員に高レベルの安全性も提供する必要があります。

精密機構および電気工学のためのドイツの事業主の責任保険協会が発行した事故防止規則BGV A2は、電気システムのオペレータに適用され、特別な安全要件により電気事故防止を目的としています。これらの規則には、作業、操作、および1000 V ~ 1500 Vまでの低電圧システムにおける「通電部品」の近くでの偶発的な取扱いの際の安全距離に関する詳述が含まれています。通電部品を取り扱う作業は、通電が解除されて初めて許可されます。通電部品近くでの操作は、これらの部品の電源が切られている状態、もしくは直接接触から保護されている場合にのみ可能です(§6)。通電部品の近くでの作業の際は、次の安全対策を行います:作業期間中は電源を切った状態にするか、作業中にカバーやバリア形式の衝撃保護を実施することを確保する。(§7)。

直径50 mmのテストボールを使用した接触安全試験  

テストボールを使用した接触安全試験

通電部品を取り扱う作業は、通電が解除されて初めて許可されます。通電部品近くでの操作は、これらの部品の電源が切られている状態、もしくは直接接触から保護されている場合にのみ可能です(§6)。通電部品の近くでの作業の際は、次の安全対策を行います:作業期間中は電源を切った状態にするか、作業中にカバーやバリア形式の衝撃保護を実施することを確保する。(§7)。「偶発的な取扱い」という用語は、押しボタン、ロッカーアーム、または回転ボタンのような器具を通電部品の近くで操作するために導入されました。VDE 0105-1に準拠して、「直接接触に対する部分的な保護を伴う操作」によって確保されています。「偶発的な取扱い」に関する詳述はDIN EN 50274をご参照ください。これにより、操作器具付近の通電部品を接触から保護すべき度合いが指定されます。この基礎が「偶発的な取扱いのための保護区域」の定義となり、ユーザが機械を取り扱うために確保しなければならない領域となります。半径30mmの均一な包絡線により形成される領域が、通電部品を取り囲まなければならないことが最も重要な点となります。この範囲は、「接触保護」になっていなければなりません。つまり、電気機器の通電部品がIEC 60529/DIN VDE 0470-1規格(テストフィンガー)に規定されるVDEテストフィンガーの接触範囲内であってはなりません。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階