電子式サーキットブレーカ製品シリーズ(CBM、CBMC、PTCB、CAPAROC)の概要

電子式サーキットブレーカ

インテリジェントな解析と障害の通知で、電子サーキットブレーカはシステム状態を監視する完璧な方法です。システムコンポーネントとスイッチモード電源ユニットを障害から保護するために使用できます。電子サーキットブレーカのさまざまなリモート表示機能により、システムの状態をいつでもどこからでも把握できます。

詳細情報

電子式サーキットブレーカの特長

電子式サーキットブレーカの全製品ラインアップは、ご使用の電源システム向けにインテリジェントな保護を提供します。取扱いが非常に簡単でシンプルな製品セレクションをご活用ください。

  • 幅広い製品ラインアップがあらゆる要件を満たす理想的な機器保護を提供
  • インテリジェントな分析および障害通知により危機状態を最適に監視
  • 工具不要の接続テクノロジと直観的に分かる操作で簡単に起動
  • 遠隔制御とリモート信号機能により、いつでも世界中どこでもシステム状態を把握
  • 24 Vのエネルギー供給の全面的な監視で、インダストリー4.0準拠

新製品

EtherNet/IP™インターフェースを備えたカスタマイズ可能なCAPAROCシステム用電源モジュール
取付け角度のDINレール上の48 V DCアプリケーション用PTCB電子式サーキットブレーカ
CAPAROC – 防爆エリア向け過電流保護
定格電流を0.1~0.63 Aで調整可能なDINレール用電子マイクロヒューズPTCB eFuse

サーキットブレーカシステムCAPAROC

EtherNet/IP™経由の通信

個々のモジュール型システムで、さまざまな通信インターフェース経由で異なるアプリケーションにアクセスすることができます。EtherNet/IP™インターフェースを備えた新しい電源モジュールにより、特に米国市場でも、さらに通信機能の優れたソリューションを開発することができます。

主な特長

  • QUINT POWERへのシステムバスインターフェース経由のデータ交換
  • EtherNet/IP™通信
  • エンジニアリングツールStudio 5000 EtherNet/IP™向けのファンクションブロックとアドオンの説明
  • 最大45 Aのシステム合計電流値
  • 電源電圧:12 V DC~24 V DC

特長

  • 将来性のあるモジュール型システムの幅広い組合せが可能であり、カスタマイズ可能な規格
  • 工具不要の組立て、中断のない設置、透過的な操作状態により操作が簡単
  • 選択からデジタルサービスまでの幅広いサポートを備えた驚くほどシンプルなデザイン・イン

薄型電子式サーキットブレーカ

汎用保護は48 V DCでも。

PTCB単極の電子式サーキットブレーカは、48 Vアプリケーションで汎用的に使用でき、重い負荷も安全に起動することができます。このサーキットブレーカは全体幅6 mmで、1~6 Aに調整でき、CLIPLINE complete端子台システムにブリッジを用いて接続することができます。

主な特長

  • リモートシグナリングおよび状態表示用インジケータ内蔵
  • リセット可能
  • 6つの定格電流値の間で設定可能
  • CLIPLINE端子台と互換性あり
  • マルチステージ特性曲線で重負荷の起動を向上

特長

  • CLIPLINE complete端子台シリーズへのブリッジ機能により、簡単なアプリケーション設定
  • 制御盤内は省スペース:幅わずか6 mmの非常に薄型の保護
  • 幅広いアプリケーションで各機器の電流値が設定可能なため、柔軟な使用と在庫の削減を実現

電子式サーキットブレーカシステムCAPAROC

防爆エリア向け過電流保護

調整可能なサーキットブレーカシステムが、防爆エリアの負荷も保護するようになりました。Zone 2向けのEx e認証により、対応可能なシステムアプリケーションの幅が大幅に広がります。

主な特長

  • 電源電圧:12 V DC~24 V DC
  • グループメッセージとリモートリセット
  • I >80%予備警告
  • ロータリースイッチを介して定格電流を読み取り、設定
  • Push-in接続方式:最大4または16 mm²
  • 2方向電源供給

特長

  • 将来性のあるモジュール型システムの個々の組合せが可能であり、カスタマイズ可能な規格
  • 工具不要の組立て、中断のない設置、透過的な操作状態により、どなたでも操作が簡単
  • 選択からデジタルサービスまでの幅広いサポートを備えた驚くほどシンプルなデザイン・イン

PTCB eFuse

DINレール用電子マイクロヒューズ

電子式サーキットブレーカPTCB eFuseで、定格電流1 A未満のヒューズ保護の透明性向上を確保します。全体幅わずか6 mmで、迅速な回復と容易なシステム計画、ならびに内蔵の電源供給のメリットをご活用ください。

主な特長

  • リモートシグナリングと視覚的な状態表示
  • ローカルおよびリモートでリセット可能
  • 低い電圧降下と正確なトリップ
  • 6つの定格電流値の間で設定可能
  • 電流制限分離出力
  • プラスとマイナスの配線

特長

  • 状態メッセージとローカルおよびリモートのリセットオプションで、正確な障害箇所の特定と迅速な復旧が可能
  • 正確なシャットダウン、低電圧損失、設定可能な電流値により、容易なシステム設計
  • プラスとマイナスの電源供給が全体幅6 mmで統合され、制御盤のスペースが拡大
  • CLIPLINE complete端子台シリーズへのブリッジ機能により、簡単なアプリケーション設定

電子式サーキットブレーカシステム CAPAROC

CAPAROCは、個々のお客様のためのモジュール型過電流保護システムです。多くの組合せオプション、直感的に分かる操作、驚くほどシンプルなデザイン・インで、機器保護における独自の個別規格を得ることができます。このシステムを使用することで、将来に向けて完璧な体制が整います。

さまざまな電源およびサーキットブレーカモジュールと内蔵の分電モジュールで構成されるサーキットブレーカシステム
サーキットブレーカモジュールと電源供給モジュールのさまざまな組合せにより、1つのシステムを構成します
CAPAROCは工具を使用せずに組立て可能で、LEDボタンで指で調整可能
個々のサーキットブレーカシステムCAPAROCをコンピュータ上でコンフィグレータを使用して設定する人
開始ページ:CAPAROC説明動画
さまざまな電源およびサーキットブレーカモジュールと内蔵の分電モジュールで構成されるサーキットブレーカシステム

  • 将来性のあるモジュール型システムの幅広い組合せが可能であり、カスタマイズ可能な規格
  • 工具不要の組立て、中断のない設置、透過的な操作状態により操作が簡単
  • 選択からデジタルサービスまでの幅広いサポートを備えた驚くほどシンプルなデザイン・イン

サーキットブレーカシステムCAPAROCの詳細をご覧ください
サーキットブレーカモジュールと電源供給モジュールのさまざまな組合せにより、1つのシステムを構成します

将来のためのシステム:CAPAROCは、幅広い個別モジュールと多数の組合せオプションで、カスタム仕様のソリューションを作成することができます。モジュラーシステムは、完全に互換性があり、常に技術的に最新かつ動作中でも将来の更新にいつでも拡張可能です。

CAPAROCは工具を使用せずに組立て可能で、LEDボタンで指で調整可能

CAPAROCで、工具不要の組立て、中断のない設置、透過的な操作状態による簡単操作を体験:モジュールは組立て時にも簡単にスナップ止めできます。簡単な定格電流設定と、接続と電位の明確な表示により、直感的に分かる操作を確保します。

個々のサーキットブレーカシステムCAPAROCをコンピュータ上でコンフィグレータを使用して設定する人

驚くほどシンプル:オンラインコンフィグレータで、ニーズに正確に合ったシステムを設定することができます。個別の製品番号で、ソリューションをいつでも再注文できます。適切なデジタルサービスで、とりわけ3Dモデルからマーキング、さらにデータシートとEPLANまで、個別データをサポートします。

容易なシステム設定
開始ページ:CAPAROC説明動画

個々のサーキットブレーカシステムの仕組みを、この詳細な説明動画でご説明します。

CAPAROC説明動画を開始
CAPAROCコンフィグレータ
カスタム仕様のサーキットブレーカシステム
お客様のご要望に応じて、カスタム仕様のサーキットブレーカを設計します。さらに、2Dおよび3Dのモデル、システムデータシート、個別製品番号など、重要な設計データをすべて入手することができます。カスタマイズされたシステムを、引受数量1ユニットからご注文いただけます。
今すぐコンフィグレーションを開始
画面にCAPAROCコンフィグレータを映すモニタの前の人

薄型電子式サーキットブレーカ PTCB

シンプルで省スペースの電源供給に最適:単極の電子式サーキットブレーカPTCBは、CLIPLINE completeの端子台システムにブリッジで接続することができ、0.1~8 Aの範囲で調節可能、小さい幅寸法の特長を備えています。

0.1~8 AのPTCB製品シリーズ
CLIPLINE complete端子台とブリッジされた単極の電子式サーキットブレーカPTCB
幅6 mmが強調された単極の電子式サーキットブレーカPTCBの平面図
LEDボタンを介してドライバを用いてサーキットブレーカPTCBを設定
起動した機器用サーキットブレーカは機器上でリセット
開始ページ:PTCB説明動画
0.1~8 AのPTCB製品シリーズ

  • CLIPLINE complete端子台シリーズへのブリッジ機能により、簡単なアプリケーション設定
  • 制御盤内は省スペース:幅わずか6 mmの保護
  • 幅広いアプリケーションで各機器の電流値が設定可能なため、柔軟な使用と在庫の削減を実現
  • 状態メッセージとローカルおよびリモートのリセットオプションで、正確な障害箇所の特定と迅速な可用性の復旧が可能

製品リストへ
CLIPLINE complete端子台とブリッジされた単極の電子式サーキットブレーカPTCB

機器用サーキットブレーカPTCBは、CLIPLINE complete端子台シリーズにブリッジを用いて接続することができます。CLIPLINE completeシステムの標準端子台およびアクセサリを使用することができ、新しい材料を特定する必要はありません。これにより既存のアプリケーションに理想的な保護モジュールを迅速かつ簡単に追加できます。

幅6 mmが強調された単極の電子式サーキットブレーカPTCBの平面図

PTCBにより電源分岐と機器保護を迅速で省スペースな方法で組み合わせることができます。全体幅がわずか6 mmで、PTCBは、過負荷電流や短絡電流から確実に保護します。このため、標準のミニチュアサーキットブレーカと比較して最高70%の省スペースを実現できます。スペースをほとんど必要としない信頼性の高い保護が得られます。

LEDボタンを介してドライバを用いてサーキットブレーカPTCBを設定

各機器の電流値を0.1~0.63 Aまたは1~8 Aまで調整可能なため、幅広いアプリケーションに対応することができます。起動時にも変更できます。アプリケーション内の変更にいつでも対応できます。さらに、幅広いアプリケーションで柔軟な機器用サーキットブレーカPTCBを使用して、在庫と物流のコストを削減することができます。

起動した機器用サーキットブレーカは機器上でリセット

現場でもリモートでも、常に情報を把握することができます。PTCB eFuseは現在の動作状態を報告し、いつでもリセットすることができます。これにより、障害の明確な検出とエラー箇所の正確な特定が促進されます。従来のヒューズ保護と比較して短くなった応答時間を活用し、コストのかかるサービスコールを削減しましょう。

開始ページ:PTCB説明動画

1~8 A向け単極のサーキットブレーカの仕組みを、この詳細な説明動画でご説明します。

PTCB説明動画を開始

電子式マルチサーキットブレーカ CBM

サーキットブレーカの設定がこれまでよりはるかに簡単になりました。組込みの定格電流アシスタントを使用すると、接続された負荷に適した電流レベルの選択が、驚くほど簡単です。これにより設定がすばやく便利でシンプルになります。

4チャネルおよび8チャネルバージョンの電子式マルチサーキットブレーカCBM
ポテンショメータをドライバで回転することで、定格電流アシスタントを使用してCBMを設定
電流限界の電圧制限ディスプレイ
CBMサーキットブレーカは、ドライバを用いて内蔵のロータリスイッチで設定
開始ページ:CBM説明動画
4チャネルおよび8チャネルバージョンの電子式マルチサーキットブレーカCBM

  • 定格電流アシスタントで容易な設定
  • アクティブ電流制限機能で、上流側の電源をより有効に活用
  • チャネルごとに0.5 Aから10 Aまで段階的に調整可能

製品リストへ
ポテンショメータをドライバで回転することで、定格電流アシスタントを使用してCBMを設定

定格電流アシスタントによりCBMの設定が非常に簡単になりました。それにより負荷電流の調整を最適に行うことができます。最適な電流が見つかるまでロータリスイッチをただ回すだけです。LEDは理想的な設定を表示します。理想的なシステム保護を設定するのが非常に簡単です。

電流限界の電圧制限ディスプレイ

アクティブ電流制限は、短絡電流と過負荷電流を定格電流の1.25~2倍に制限します。これにより電源を極端な大電流から保護しスイッチモード電源ユニットの出力電圧降下を防ぎます。電源と機器の間のケーブル経路を長くして遮断動作に悪影響を与えないようにすることもできます。

さらに、システム内の電流は常時監視されます。CBMは、不足電圧と過電圧を区別するため、システムの可用性を高めます。動作電圧にエラーがある場合、回路はシャットダウンされ、システムは定義された状態に切り替わります。エラーは、「DC OK」のLEDで示され、リモート表示接点を介して直接通知されます。

CBMサーキットブレーカは、ドライバを用いて内蔵のロータリスイッチで設定

CBMは正確な定格電流の段階で調整することができます。定格電流範囲は0.5~10 Aです。そのため、接続された末端機器にチャネルを個別に適応させることができます。チャネルごとに個別に設定が可能です。個別チャネルの使用率が80%を超えた場合、メッセージが送信されます。これにより、適時に対応して、サーキットブレーカに設定を行うことで障害を回避することができます。
柔軟に調整可能なため、1台の機器でさまざまな負荷に使用することができます。これにより、在庫コストを削減し、同時にシステム計画における高い柔軟性も確保します。

開始ページ:CBM説明動画

マルチサーキットブレーカの仕組みを、この詳細な説明動画でご覧ください。

CBM説明動画を開始

コンパクトマルチチャネル電子式サーキットブレーカ CBMC

電子式サーキットブレーカCBMCは、お客様のご要件に合わせて正確に設計されています:コンパクト設計と個別調整機能を兼ね備えています。
つまり、たった1台でお客様が簡単で柔軟に電流を設定し、省スペースを実現、またあらゆるアプリケーションを確実に保護することが可能になるということです。

コンパクトな電子式サーキットブレーカCBMCは、1~4 Aおよび1~10 Aに調整可能
全体幅がわずか36 mmであることを示す寸法線のある、CBMCサーキットブレーカの前面図
CBMCサーキットブレーカは、LEDボタンで工具を使用せず指で設定
コンピュータでサーキットブレーカCBMCを個別に設定する人
IO-Link通信インターフェースを備えた4チャネル電子式サーキットブレーカCBMC
開始ページ:CBMC説明動画
コンパクトな電子式サーキットブレーカCBMCは、1~4 Aおよび1~10 Aに調整可能

  • コンパクトなデザインと個別調整用オプションで、再計画なしで簡単な機器交換
  • 回路は、1つのLED押しボタンで工具を使用せずに調整可能
  • 設定済みの状態で注文可能―ご使用のシステムの特定要件を満たす機器保護用
  • IO-Linkテクノロジによるインテリジェントな制御と監視

製品リストへ
全体幅がわずか36 mmであることを示す寸法線のある、CBMCサーキットブレーカの前面図

CBMCで制御盤内の省スペースを実現したり、従来のシステムを最小限の作業で変換したりできます。コンパクトな全体幅と個別調整機能を兼ね備えているため、適切な製品を簡単に選択することができます。同時に、必要な機器は1台だけなので在庫のコストも節約することができます。

CBMCサーキットブレーカは、LEDボタンで工具を使用せず指で設定

1つのボタン操作だけで個別回路を簡単に調整できます。機器用サーキットブレーカのチャネルを、ニーズに合わせて工具なしで個別に調整することができます。
しかし、多機能ボタンは機器用サーキットブレーカのプログラミングという選択肢を提供するだけではありません。製品や接続機器の動作状態を検出し、信号機カラーを使用して状態を示します。さらに、ボタンを使用して各チャネルを個別にオン・オフ切り替えることができます。

コンピュータでサーキットブレーカCBMCを個別に設定する人

システムに最適な保護を確保し、要件に合わせて設定済みの機器用サーキットブレーカをご注文ください。つまり、プログラミング時間を節約し、製品を設置して直ちに起動することができます。

ご注文時に、ご希望の事前設定内容を決定してください。各定格電流を個別に選択します。事前設定値を後で変更できるようにするか、永続的に固定にするかも自由に決定することができます。固定値の場合、各チャネルの電流値は前面に直接印字されます。機器用サーキットブレーカの設定を、設置後もいつでも容易に確認することができます。
完全にカスタマイズされた機器用サーキットブレーカを、たった1個から必要な数量だけご注文いただけます。

再注文をできるだけ簡単にするため、各機器には側面に注文コードが添付されています。そのため再注文はスムーズです。

設定可能なCBMC 1 - 10 Aへ
IO-Link通信インターフェースを備えた4チャネル電子式サーキットブレーカCBMC

IO-Linkにより、機器用サーキットブレーカをプロセス監視システムや制御システムに完全に統合することができます。これにより、例えば電流と設備稼働率に関する最新情報を常に得ることができ、全プロセスの概要がわかります。機器に全世界からアクセスできるのに加えて、CBMCに対するローカルな変更を防止するアクセスロックも利用することができます。

1~10 A向けのIO-Link通信インターフェースを備えたサーキットブレーカCBMCへ移動
開始ページ:CBMC説明動画

コンパクトなマルチサーキットブレーカの仕組みを、この詳細な説明動画でご説明します。

CBMC説明動画を開始
制御盤内の機器用サーキットブレーカを内蔵した電源

機器用サーキットブレーカを内蔵した電源

機器用サーキットブレーカを内蔵した電源

1台の機器のみで信頼性の高い給電と保護:電源ユニットTRIO POWERには、オプションとして電子式マルチサーキットブレーカを内蔵したものもあります。

コンパクトな電源は設置作業や制御盤内でのスペース要件、材料コストを削減します。直感的に分かる手動操作またはIO-Linkからのコンフィグレーションで、試運転を非常に簡単に行うことができます。インテリジェントな自己監視機能を備えた優先順位付け負荷管理システムにより、24 V電源は優れたシステム可用性を確保します。