CAPAROCのご紹介

CAPAROCは過電流保護向けの電子式サーキットブレーカシステムです。豊富なモジュールで、独自のシステムを組み立てることができます。CAPAROCの詳細を確認して可能性を見つけましょう

カレントレール上のサーキットブレーカモジュール

柔軟な標準品CAPAROC

電子式サーキットブレーカシステムCAPAROC

CAPAROCは、個々のお客様のためのモジュール型システムです。数多くの組合せオプションで、システムをお客様のアプリケーションの状態に理想的な形で合わせることができます。CAPAROCは常に拡張されています。このシステムを使用することで、将来に向けて完璧な体制が整います。

新しい電源モジュールCAPAROC PM IOLは、工作機械とシステム製造において多用されているIO-Linkインターフェースを採用しています。
IO-Link機器の設置は非常に簡単で迅速に完了できるため、複雑なトレーニングは必要ありません。機械からの追加情報は、その機械の状態を反映しています。IO-Linkインターフェースにより、エラー状態と超過した閾値を早期に検出することができます。したがって、早期にメンテナンスを計画することができます。内蔵のエラーログにより、12~24 V DC範囲でのトラブルシューティングにおいて、問題を迅速に特定できるようになります。

モジュールの詳細

CAPAROCサーキットブレーカシステム向けの、PROFINETインターフェースを備えた電源モジュール
CAPAROCシステム内の2チャネルのサーキットブレーカモジュールのコンフィグレーション例
1チャネルおよび4チャネルのサーキットブレーカモジュールを備えたCAPAROCシステム構成
コンフィグレーション例:電源供給モジュール付きCAPAROCシステム
CAPAROCサーキットブレーカシステム向けの、PROFINETインターフェースを備えた電源モジュール

システムコンフィグレーションは電源モジュールから始まります。中央の電源入力と通信はここで管理されます。すべての追加のモジュールは背面側のカレントレールから直接供給されます。システム内の自動モジュールアドレス指定により、それ以上の作業は不要です。すべてのシステム情報は電源モジュール経由で収集され、提供されるインターフェースに転送されて評価されます。これにより、24 V給電グリッド全体の透明性があることが保証されます。

現時点で既に、次の電源モジュールをお選びいただけます:

  • 状態出力とリモートリセット付き
  • IO-Linkインターフェース付き
  • PROFINETインターフェース付き

3D製品ビュー:CAPAROC PROFINET電源モジュール
CAPAROCシステム内の2チャネルのサーキットブレーカモジュールのコンフィグレーション例

CAPAROCシステム内の2チャネルのサーキットブレーカモジュールは、直感的で簡単に設定することができます。設定された定格電流を機器上で直接いつでも簡単に読み取ることができます。さらに、アクティブ電流制限機能により、上流側の電源をよりターゲットを絞って活用することができます。

3D製品ビュー:2チャネルのサーキットブレーカモジュールを備えたシステム
1チャネルおよび4チャネルのサーキットブレーカモジュールを備えたCAPAROCシステム構成

1チャネルおよび4チャネルのサーキットブレーカモジュールは、チャネル固有の方法でシステムに統合されています。定格電流は固定および調整可能で、チャネル当たり幅わずか3 mmの最もコンパクトなものから、最大電線断面積サイズ4 mm²の分電モジュール端子を4つ内蔵したものまで、あらゆるアプリケーションに理想的に適応します。CAPAROCシステムには、確実な保護のために必要なあらゆるものが含まれます。

3D製品ビュー:1チャネルおよび4チャネルのサーキットブレーカモジュールを備えたシステム
コンフィグレーション例:電源供給モジュール付きCAPAROCシステム

背面側のカレントレールはCAPAROCシステムの基本ブロックです。これによりシステム内のすべてのモジュールに確実に給電します。モジュールは追加の設置作業なしで、追加または取外しできます。分電器は、正および0 Vの負荷給電向けのすべてのサーキットブレーカモジュールの理想的な拡張です。

3D製品ビュー:電源供給モジュール付きCAPAROCシステム
防爆エリア向けCAPAROCシステム、電源モジュールと2チャネルのサーキットブレーカモジュールで構成

CAPAROC EX

防爆エリアで使用

爆発性雰囲気でもCAPAROCを使用できるようになりました。電源モジュールCAPAROC PM S-R EXと調整可能な新しい2チャネルのサーキットブレーカモジュールにより、防爆エリアの負荷を過負荷や短絡電流から確実に保護することも可能になります。
Zone 2向けのEx e認証により、対応可能なCAPAROCシステムアプリケーションの幅が大幅に広がります。

CAPAROCコンフィグレータ
カスタム仕様のサーキットブレーカシステム
お客様のご要望に応じて、カスタム仕様のサーキットブレーカを設計します。さらに、2Dおよび3Dのモデル、システムデータシート、個別製品番号など、重要な設計データをすべて入手することができます。カスタマイズされたシステムを、引受数量1ユニットからご注文いただけます。
今すぐコンフィグレーションを開始
画面にCAPAROCコンフィグレータを映すモニタの前の人
インタラクティブCAPAROCデモ

インタラクティブデモ CAPAROC

このインタラクティブなアプリケーションでは、CAPAROCシステムのステータスリセット電源モジュールのさまざまな機能をご紹介しています。

アプリケーションは、異なる負荷に対応する6つの回路を提供するために設計されています。

CAPAROCハードウェアの説明動画

制御盤内のサーキットブレーカシステムCAPAROC

CAPAROCに関するその他の動画

サーキットブレーカシステムCAPAROCは、幅広い可能性を提供します。下の動画で詳細をご覧ください。