電源用サージ保護機器

タイプ1、タイプ2、タイプ3電源用サージ保護

タイプ1、2、3サージ保護は、過電圧によって生じる誤動作と障害から保護します。効果的な保護がなければ、システム障害による高いコストがかかる可能性が高いです。最悪の場合、影響を受けた機器を修理または交換しなければなりません。フエニックス・コンタクトの多段階コンセプトでシステムと機器が効果的に保護されます。

詳細情報

特長

  • 強力な部品で、一般的なあらゆる電源システムで使用可能
  • 続流のないスパークギャップテクノロジにより、優れたシステム可用性を実現
  • 調整された保護機器で、すべての保護段階を一貫して保護
  • 薄型設計により省スペースで低コストの設置を実現
  • プラグ式保護機器の予測試験により、状況を事前に把握
  • 電源用サージ保護は、COMPLETE lineシステムの一部です
セーフエナジーコントロール製品シリーズ

セーフエナジーコントロール製品シリーズ

セーフエナジーコントロール(Safe Energy Control)製品ラインアップ

SEC(セーフエナジーコントロール)製品シリーズは、雷保護およびサージ保護の分野において、非常に優れた耐久性を実現するとともに最高の性能をもたらす製品シリーズです。技術的に優れたスパークギャップにより、中断のないシステム保護を確保します。雷電流アレスタとサージアレスタの独自の複合型SPDのスパークギャップとバリスタ間の直接調整により、- 動的過負荷時にも敏感な機器を最大限に保護します。同時に、このシリーズは、Push-in式接続テクノロジによる迅速で簡単な設置を特長とする、世界初のタイプ3保護機器です。標準のコンパクトな設計とバックアップヒューズなしの動作で、SECシリーズが完成します。

タイプ1+2サージ保護機器 – FLT-SEC-P-T1-3S-350

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型タイプ1+2 – FLT-SEC-P-T1-3S-350

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型タイプ1+2

すべての雷電流アレスタタイプ1は、放電能力に関して高い要件を満たします。  同時に、タイプ2サージ保護機器(SPD)でもあります。雷電流アレスタタイプ1が試験クラスIIを満たすという事実は、冗長な情報であり、追加の適格性を示すものではありません。そのため、これらのタイプの保護機器は「雷電流アレスタとサージアレスタの複合型」(SPDタイプ1+2)と呼ばれます。  雷電流アレスタとサージアレスタの複合型タイプは、この両方の試験クラスを満たす保護機器です。

サージ保護機器、雷電流アレスタとサージアレスタの複合型特殊タイプ1+2 – FLT-SEC-T1+T2-3S-350

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型特殊タイプ1+2 – FLT-SEC-T1+T2-3S-350

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型特殊タイプ1+2

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型特殊タイプ1+2は、タイプ1+2のバージョンとは根本的に異なります。   これは、雷電流アレスタとサージアレスタの複合型特殊タイプ1+2に、非常に小さなスペースに並列して接続する2つの独立した保護機器が含まれているからです。電圧スイッチングスパークギャップ(SPDタイプ1+2)は、電圧制限バリスタ(SPDタイプ2)とともに使用すると最適に機能します。この組合せによって、1つのコンパクトなブロック内の2つの自律的保護機器により、最適な応答動作、最適なシステム保護、コンポーネントの長寿命が確保されます。

タイプ2サージ保護機器―VAL-SEC-T2-3S-350

タイプ2サージ保護機器―VAL-SEC-T2-3S-350

タイプ2サージ保護機器

タイプ2サージ保護機器(SPD)は一般的に、分電系統または機械制御盤に取り付けられます。三段階のサージ保護コンセプトにおける2番目の保護レベルを形成します。タイプ2のSPD、間接落雷またはスイッチング動作による過電圧を安全に放電できなければなりません。スイッチング動作により生じる過電圧は、非常にダイナミックなことが多く、雷によって生じる過電圧よりもはるかに頻繁に生じます。ここでは、高速応答動作のテクノロジ(バリスタテクノロジなど)がその能力を発揮します。 

タイプ3機器保護―PLT-SEC-T3-230-FM-PT

タイプ3機器保護―PLT-SEC-T3-230-FM-PT

タイプ3機器保護

タイプ3サージ保護機器は一般的に、保護対象である末端機器のすぐ上流に取付けられます。そのため、「機器保護」とも呼ばれます。さまざまな取付け環境に対応するため、タイプ3 SPDには幅広い設計があります。

  • DINレール取付け用機器
  • ソケット挿入用機器
ビル、発電所、風力発電所、太陽光発電システム、インフラの風景

あらゆるアプリケーションに対応するサージ保護

適切なサージ保護により、アプリケーションの可用性を確保します。再生(クリーン)エネルギー発電用であれ、未来のモビリティ用であれ、過電圧に対する適切な保護は必要不可欠です。ネットワーク化されたビル、産業システム、および関連インフラは、自動化による価値創造における基礎となります。

機器と投資の可用性と生産性を維持するため、当社はほぼすべてのアプリケーションと供給システムのコンフィグレーションに対し理想的なサージ保護製品を提供します。

太陽光発電システムのサージ保護機器
風力発電機向けのサージ保護
E-Mobility向けのサージ保護
ビル設備用サージ保護
バスバーシステム用サージ保護
電力メーターの前段用サージ保護
工作機械とシステム製造用サージ保護
インフラ用サージ保護
タイプ1、タイプ2、タイプ3サージ保護

タイプ1、タイプ2、タイプ3サージ保護

タイプ1、タイプ2、タイプ3サージ保護の違い

__タイプ1__組合せ雷電流およびサージアレスタはメーター制でないエリアで使用されます。直接の落雷による影響に対して保護することになっているため、非常に厳格な要件を満たす必要があります。一般的な主配電設備環境では、短絡電流定格に対する要求が非常に高くなります。この要件を満たすことができるためには、スパークギャップテクノロジなどの高性能のテクノロジが必要です。

雷電流アレスタとサージアレスタの複合型__タイプ1+2__は、雷電流試験に加え、タイプ2サージ保護機器の要求試験も満たす雷電流アレスタです。雷電流アレスタとサージアレスタの複合型__特殊タイプ1+2__は特殊な機能を備えています。高性能のスパークギャップとバリスタ方式のサージ保護機器を直接組み合わせています。

放電容量の低い__タイプ2__サージ保護機器は、メーター制のエリアに設置されます。一般的に、分電系統または機械制御盤に取り付けられます。このサージ保護機器は、間接的な落雷またはスイッチング動作によって発生する過電圧を放電できなければなりません。ここでは、高速応答動作の放電テクノロジ- (バリスタテクノロジなど)がその能力を発揮します。

放電容量の最も低い__タイプ3__サージ保護機器は、機器保護とも呼ばれ、末端機器にできるだけ近い場所に設置されます。信号線用には特殊なサージ保護機器が必要です。一般的に、保護対象である末端機器のすぐ上流に取り付けられます。さまざまな取付け環境に対応するため、この機器には幅広い設計があります。標準のDINレール取付けの他に、ソケット取付け用や末端機器のプリント基板に直接取り付ける製品もあります。

技術的な意味では、タイプ3サージ保護はタイプ2と同様で、バリスタに基づいていますが、放電容量に関する要件はタイプ2. と比較してさらに低くなっています。タイプ2/3サージ保護は、とりわけ屋外から建物に入るケーブル上に提供されます。