トレースヒーター監視

トレースヒーター監視

エラーの早期検出

電流測定による簡単な保証

媒体の温度は、多くのプロセスにおいて重要な役割を果たします。温度は、蒸気、熱交換器を使用して制御されるか、または純粋に電気的に制御されます。旧式トレースヒーターは、大抵1つのヒューズのみを介してのみパワーグリッドに接続されます。そのため、障害がしばしば気付かず、システムのダウンタイムの原因になります。

フエニックス・コンタクトのソリューションで、システムは簡単な電流測定などによって監視されます。加熱システムの電流は、当社の電流変換器により測定されます。これらの機器は、当社の無線システムと結合され、複雑なケーブル配線を必要とせずに測定信号を制御センターに送信します。

特長

  • トレースヒーターの故障の早期検知およびシステムのタウンタイムの予防により、システムの可用性を向上
  • エネルギー消費の最適化によるシステムの経済効率の向上
  • 無線テクノロジおよび複雑なケーブル配線を省くことで、設置やメンテナンス費用の削減
  • トレースヒーターシステムから制御室へ直接、Trusted Wireless経由による信頼性の高いデータ伝送
  • 事前組立式ですぐに使用可能な制御ボックスにより、すばやく簡単に設置

標準部品による簡単な実装

モジュール式に拡張可能なトレースヒーター監視

フエニックス・コンタクトのRadiolineマスターは最大99のスレーブと通信可能です。スレーブステーションでは、通信モジュールは、4チャネルのアナログ入力モジュールなど、任意のタイプのI/Oモジュールを用いて拡張されます。適合する変流器が電流変換器を介して接続され、トレースヒーターシステムの電流を測定します。

トレースヒーター  

フエニックス・コンタクトのソリューションを使用すると、ケーブルにアクセスせずにリモートステーションを監視制御できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階