シングルペアイーサネット

シングルペアイーサネット

ダブルケーブル - 無限の機会

シングルペアイーサネットは小規模ネットワーク通信の新しい標準です。

シングルペアイーサネットは、Power over Data Line(PoDL)経由のシングルダブルケーブルを使用してイーサネットを介したデータと電源の並列の高性能伝送を体現します。

この新しいネットワークテクノロジにより、複雑な産業用アプリケーションやIoTソリューション内でも、一貫したIP通信と電源供給が可能になります。フエニックス・コンタクトの標準化されたSPEコネクタシステムは、効率的で省スペースのシステムケーブル配線のためのほぼ無制限のオプションを提供します。

特長

  • 継続的:シングルペアイーサネットは、センサからクラウドへの、均一なイーサネットベースの通信を可能にします。
  • 将来性:インダストリー4.0およびIIoT向けの主要技術
  • 統合型:既存のケーブルインフラを使用するため、ケーブル接続の手間が削減
  • 柔軟性:最大1,000 mの範囲および最大1 Gbpsの伝送特性 アプリケーション間での使用が可能に
  • 革新的:軽量、省スペース、設置作業の削減

シングルペアイーサネットテクノロジ

4線式および8線式ケーブル配線システムから、シンプルで安全なシングルペアケーブルへの進化が始まっています。その結果、シングルペアイーサネットが実現します。

1980年代以降、イーサネットはLANアプリケーションにおける主要な通信およびネットワークプロトコルであり、常に新しいアプリケーション分野へと進化し続けています。これはTCP/IPを介した情報のシームレスな伝送を可能にし、ローカルIoTネットワーク用のアプリケーション中立型の通信プロトコルと考えられています。新世代と旧世代の間のその独自の互換性は、将来のシングルペアイーサネットの基盤となります。

ケーブル配線用の一貫性のあるソリューション

将来性のあるネットワーク通信の基盤としての標準のコネクタパターン  

将来性のあるネットワーク通信の基盤としての標準のコネクタパターン

標準化されたピンコネクタのパターンは、最も多様な部品、ケーブル、およびコネクタのバリアフリーネットワーキングの基盤を形成します。ここで、フエニックス・コンタクトは標準のピンコネクタパターン(IP20からIP6xコネクタまで)の開発で決定的な進歩を遂げました。長期的には、SPEは従来のシリアルバスシステムの代替となるでしょう。オフィスからセンサまで多機能ピンコネクタパターンをご使用ください。

IEC 63171-2に準拠したピンコネクタパターン  

IEC 63171-2に準拠したピンコネクタパターン

IEC 63171-2に準拠して、ケーブル配線を構築するためにM1 I1 C1 E1ピンコネクタパターンが開発されました。このピンコネクタパターンにより、既存のパッシブインフラで最大4倍の機器を接続することが可能になります。この規格はオフィスビルでよく使用されます。

IEC 63171-5に準拠したピンコネクタパターン  

IEC 63171-5に準拠したピンコネクタパターン

産業用アプリケーションでは、過酷な現場での使用においても、IEC 63171-5に準拠したM2/3 I2/3 C2/3 E2/3ピンコネクタパターンが採用されました。ピンコネクタパターンは、すべての従来型および標準化されたコネクタのバージョンに組み込むことが可能です。

MICEとは、イーサネットインターフェースの外的条件を表します。

  • M = 機械的堅牢性
  • I = IP特性
  • C = 耐化学性および耐候性
  • E = 電磁安全性

スマート接続のための主要なパートナー

フエニックス・コンタクトは、機器のインターフェースやケーブル配線からアクティブなネットワーク部品、また現場のセンサからオフィスのPCまで、シングルペアイーサネットの組込みに対応する重要なパートナーです。デジタル化の分野におけるパイオニアとして、フエニックス・コンタクトは幅広い製品ラインアップを開発しています。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


シングルペアイーサネット

IIoT(産業用IoT)向けの主要技術

Referrer: https://www.google.com/