水抽出

水抽出

供給源の安全確保

フエニックス・コンタクトが開発したソリューションで飲料水処理プロセスを監視し制御します。

戻る 飲料水の供給

カテゴリ

飲料水の抽出には多くの可能性があります。地下水や地表水の水質によって異なる処理が施され飲料水として提供されます。使用するテクノロジの選定にあたっては、プラントまたはネットワークのサイズも非常に重要です。フエニックス コンタクトはあらゆる形態の飲料水抽出のためのソリューションを提供します。現代的なインターフェースをはじめとする標準化されたシステムとソフトウェアソリューションにより、分散型井戸システム向けの安全な遠隔制御通信を保証します。

特長

  • IEC 60870、Modbus/RTU、Modbus/TCP準拠の遠隔制御規格からIEC 60870-5-101/-104またはOPC UAへの柔軟なプロトコル変換
  • 事前にプログラミングした機能ブロックで分散型ステーションをシステムネットワークに簡単に組込み
  • ターゲットを絞った井戸システム制御で省資源

スマート水管理

スマート通信経路  

クラウド経由で井戸システムを効率的に稼働

インテリジェントで資源効率の良い井戸システムの運用は、プロセスの透明性を環境からの情報に組合せることによって達成されます。井戸のポンプは機能ブロックを使用してターゲットに合わせて制御され、個別の井戸からのデータがクラウドに伝送されます。すべての重要な測定値および消費値は、処理されて天気予報や電気料金などの
外部データと比較されます。この情報から、井戸システムをできる限り高い効率で管理するために推奨される対応が導き出されます。その結果、エネルギーとコストを削減しながら最大限の
省資源を達成できます。

遠隔制御技術

制御システム  

標準遠隔制御通信でデータ伝送を処理

制御室ソリューションは、分散施設の制御と調整作業に対応します。これには機器のスイッチングの制御や測定値の記録が含まれます。重要なメッセージが一般的な遠隔制御プロトコル(IEC 60870-5-104、DNP3、OPC UA)経由で上位レベル制御システムに送信され、SMS経由で操作スタッフに送信されます。

コスト効率のよいプロトコル変換

標準的な遠隔制御通信を使用してバンドルされたプロセスデータをさまざまな遠隔制御ステーションから制御室に伝送します。産業用PCにより、このデータをIEC 60870-5-104やIEC 60870-5-101などのクラシック遠隔制御プロトコルに変換します。さらに、通信はOPC UAなどの最新のテクノロジに伝送できます。このためすべての遠隔ステーションを常時監視することができます。

トポロジ:コスト効率のよいプロトコル変換

遠隔制御規格からのプロトコル変換

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階