浮遊物の除去

浮遊物の除去

エネルギー効率の良いシステム

関連測定値を収集し流速に応じて投与単位を制御します。

水の抽出後、濁りを削減するため、ろ過およびフィルタシステムが使用されます。必要な水の浄化に加えて、これによって下流のプラント部品が保護されます。

フエニックス・コンタクトのソリューションを用いて、プラントの浮遊物除去の部分からのすべてのプロセス関連の測定値を収集できます。オープンな制御技術により、プロセスを簡単かつ安全に制御できます。

特長

  • モジュール型エネルギーデータ収集で節約の可能性を判断しエネルギーコストを抑える
  • システム部のインテリジェントスイッチングでシステムを最適活用
  • 予測的トレンド演算によるピーク時負荷の低減

濾過の段階をモジュール制御

回転ドラムシステム  

濾過を確実に制御

地表水の最初の処理は回転ドラムシステムで行われます。

PLCnext Controlシリーズのモジュール型制御技術により、幅広い標準インターフェースから収集した測定値をベースにして、濾過を確実に制御します。

革新的なエネルギーデータ収集

エネルギーデータ収集部品を搭載した制御盤  

モジュール型パワー測定端子台でエネルギーデータを収集

凝集作用においては、エネルギーを適用して凝集のサイズを制御します。

これは速度制御を通じて行います。モータにかけられたエネルギーを監視してエネルギーを最適化します。IoT対応のエネルギー計測ユニットEMproでデータを取得します。

柔軟なイーサネットネットワーク

オープン濾過ステージ  

PROFINET経由で簡単に制御を組込み

オープン濾過ステージはオーバーフローの原理に従って動作します。水の保持時間は浄化性能に大きな影響を与えるからです。

バルブの安全制御とドライブテクノロジを、Modbus、PROFIBUS、またはPROFINET経由でネットワークに簡単に組み込みます。

オートメーション業務に柔軟に適用

PLCnext Technologyフレームワークでは、様々な性能クラスのコントローラを利用できます。そのためオートメーション業務に理想的に適用できます。

コントローラは、PROFINET、PROFIBUS、Modbusなどの、現在および将来の通信規格を使用して、フィールドデバイスと通信できます。制御レベルへの遠隔接続は、OPC UA、DNP3、IEC 60870-5-104などの、これに適したプロトコルで実現されます。

トポロジ:特定のオートメーションタスク向けのコントローラ  

PLCnext Controlで、無限の適用の可能性

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階