遠隔給水ステーションから制御センターへの信頼性の高いワイヤレス接続

概要

オーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の高架タンク  

深い井戸はオーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の高架タンクから制御されています。

  • ホッホタウヌスクライス(Hochtaunuskreis)地区に隣接するオーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の自治体は、主に地下水供給源から関連の消費者に供給しています。
  • 変電所は主にケーブルが経時的に劣化してきている遠隔制御ネットワークを経由して制御されています。
  • したがって、Radiolineのワイヤレスシステムは、制御構造を制御システムに確実に接続するために使用されています。
  • ワイヤレスパスは当初から安定した動作を提供しており、他のプロジェクトでもRadiolineを使用するようにシステムインテグレータを促進しています。

お客様のプロファイル

オーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の自治体の表示  

オーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の自治体はホッホタウヌスクライス(Hochtaunuskreis)地区に隣接しています

フランクフルト(Frankfurt)/マイン(Main)の北約35キロメートルに位置する5800人ほどのオーバー=メルレン(Ober-Mörlen)の住民は、地方自治体の地下水供給から主に供給されています。

供給ネットワークは約60キロメートルをカバーしており、年間25万立方メートルを供給するように設計されています。

アプリケーション

ワイヤレスネットワークの概要  

ワイヤレスネットワークは、2つの高架タンクと3つの深井戸システムで構成されています。

井戸、高架タンク、およびポンプ場は、以前は常設線を経由して市役所の中央制御室に接続され、そこから監視されていました。長い年月をかけて、劣化した常設線は徐々にGSM/GPRSモデムに交換されています。

しかし、モバイルネットワークが故障した場合でも、まだどこのステーションもすぐ届く範囲にはないでしょう。このような場合、高架タンクコントローラはもはや深井戸のポンプを自律的に制御することはできなくなるため、水供給全体が崩壊します。したがって、地方自治体はプロバイダとは独立して作動する並列ワイヤレスネットワークを構築することを決定しました。

変電所を接続するための選択肢が限られていたことにより、このような決定の性質になりました。利用可能な総予算は、通常の費用は1メートルあたり100ユーロまでだったため、新しい地下ケーブルの修理や設置は不可能であることを意味しました。従って、個々の遠隔構造は無線回線を経由してそれぞれの高架タンクとネットワーク接続する必要がありました。

ソリューション

制御盤内のRadiolineモジュール  

2.4 GHzおよび868 MHzの機器を使用してワイヤレスネットワークが設定されます。

まず、フエニックス・コンタクトのワイヤレスチームは、オフィス内のコンピュータ上のワイヤレス通信可能範囲を調査しました。これにより、ワイヤレスパスの実用性に関する第一印象が与えられました。次に、オンサイト試験により、重要であると見なされるワイヤレスパスの信頼できる機能性について検証されました。地方自治体は2.4 GHzのモジュールを使用して2つの深井戸を近くの高架タンクに接続します。見通し線によると、駅間の距離は700メートルです。遠隔ステーション間には、より低い周波数範囲によってよりうまく克服されるいくつかの障害があるため、868MHzの機器で実装されたもう一つのワイヤレスネットワークも存在します。その結果、約700メートル離れた丘の後方に位置する第3の深井戸を、他の高架タンクに直接接続することができます。

2.7キロメートル以上離れたポンプ場は、2つのステーション間の高さの差が約100メートルあるため、高架タンクと直接ネットワーク接続することができませんでした。さらに、丘と樹木に起因する減衰が、868MHzのモジュールでも高すぎます。したがって、丘の上に位置する送信ステーションはリピータとして使用されています。ここから、高架タンクとポンプ場の両方に最適なワイヤレス接続を確立することができます。

ワイヤレス部品は、主にデジタル信号を変電所から高架タンクコントローラに送信し、信号を処理します。とりわけ、エラーおよび警告メッセージが報告され、流量およびレベルが記録および解析されます。この情報に基づき、ポンプは必要に応じて稼働し、高架タンクを満たすように水をポンプで送ります。制御室内のコンピュータは、GSM/GPRSモデムを経由して高架タンクコントローラにアクセスし、それぞれの動作状態を示します。さらに、流入と流出を記録し、水ポンプ動作の統計的評価を行います。変電所内で障害があった場合、システムからオンコールチームに通知されます。

まとめ

ワイヤレスソリューション実装担当のプロジェクトチーム  

Radiolineワイヤレスシステムは、Steffen Rehde、Karlheinz König、そしてThomas Pfeiffer(左から右へ)に感銘を与えました。

「Radiolineシステムの有益な経験と優れたサービスに基づいて、フエニックス・コンタクトのワイヤレスシステムを今後頻繁に使用する予定です。」とPfeiffer Electronic GmbHのオートメーションプロジェクト担当のManaging DirectorであるThomas Pfeifferは述べています。

「ワイヤレスパスは安定した運用を保証し、初日から一度も故障がありません。」と、オーバー=メルレン(Ober-Mörlen)浄水場を監督していたKarlheinz Königが付け加えています。このように、Radiolineは、簡単で、柔軟、且つ堅牢なソリューションを提供します。単にサムホイールを回すだけで最大250ステーションの信号を配信するとともに、ワイヤレスネットワーク内のモジュールのソフトウェアなしの起動、拡張、および交換によってこれが実現します。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

関連情報

Referrer: