二次沈殿

信頼性のあるシステム動作

信頼性のあるシステム動作

当社はワイヤレスデータ通信ソリューションとシステムの連続動作を提供します。

取除いたスラッジには安定したリン酸とバクテリアがあり、スラッジの一部はポンプで沈殿池に送られます。一部は処理プロセスに戻され水に新しいバクテリアが入ります。再循環材料の正確な量を計算するためにスラッジのレベルが監視されます。最適な水質のためにpH、濁り、硝酸値も監視されます。

フエニックス・コンタクトのソリューションを使用してシステムを連続的に動作させることができ、ワイヤレスプロセスデータ通信でシステムを常時監視できます。

特長

  • 可動部や手が届きにくいシステム部の信頼性あるデータ通信
  • Bluetooth通信で低設置コストでメンテナンスに時間がかからない
  • 信頼性のあるモーター保護でシステムを連続運転

セーフティ機能を組み込んだハイブリッドモータースターター

Bio-Pタンク  

ハイブリッドモータースターターで連続動作とモーター保護

生物学的リン除去タンク(略称:Bio-Pタンク)では下水に含まれるリンがスラッジのバクテリアで除去されます。

CONTACTRONラインアップの1台4役ハイブリッドモータースターターはモーターを確実に保護し連続動作を可能にします。このため組込みのセーフティ機能はあらゆる非常停止要件を満たします。

Bluetoothでセキュアなプロセスデータ通信

沈殿池  

Bluetoothを利用した低コストのプロセスデータ伝送

スリップリングはデータ通信に問題をもたらす可能性がある。特に回転用途。フエニックス・コンタクトのBluetoothモジュールは、可動部や手が届きにくいオートメーションデバイスを簡単、確実、低コストでPROFIBUSまたはEthernetオートメーションネットワークに組み込むことができます。

デジタルおよびアナログプロセス値の伝送ではBluetoothテクノロジを活用することもできます。

サージ保護機器の利用でシステムの可用性を向上

二次沈殿のサージ保護機器  

二次沈殿のサージ保護機器ソリューション

水管理ではシグナル測定、データ通信、制御技術を利用できることが信頼性のあるシステム動作に欠かせない要件です。長距離通信や大型ポンプや駆動装置の切換え動作にはサージ保護機器の利用が欠かせません。

フエニックス・コンタクトの広範なサージ保護コンセプトは、あらゆるアプリケーションにユーザーフレンドリーですぐに設置可能なソリューションを提供します。

二次沈殿でBluetoothを利用したワイヤレスデータ通信

PROFIBUSもPROFINETも : 二次沈殿プロセスを安全に監視して最適な水質を実現します。低コストでスリップリングに代わるBluetoothを使用します。

沈殿池のプロセス値を上位制御レベルに確実に送信します。干渉を受けやすいスリップリング伝送を避けます。スリップリングは設置やメンテナンスコストが高くなります。

トポロジ:二次沈殿でBluetoothを利用したワイヤレスデータ通信

Bluetooth経由でプロセス値を制御レベルに確実に伝送

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階
045-471-0093 (代表)