AVU Netz社:モバイルマーキングシステムでプラントのマーキング時間と移動距離を削減

概要

モバイルプリンタによる現場でのマーキングの作成  

現場でのマーキングの作成

  • AVU Netz社はドイツのエネぺ=ルール(Ennepe-Ruhr)地域全体に、電気、ガス、水道を供給する1,800を超えるプラントを建設して運営しています。
  • 同社は広大な給水施設のすべてのプラントコンポーネントを詳細にマーキングできるような、モバイル印字システムを探していました。
  • Thermomark Primeマーキングシステムを使用することで、例えばメンテナンス作業時の移動や歩行距離の多くを回避できます。
  • これによりこの供給会社は大幅な節約が実現します。

お客様のプロファイル

Verbundwasserwerk Wittenでの限外ろ過プラントでの水処理  

Verbundwasserwerk Witten水処理プラントでは、新しい浄化段階の一環として、水を限外ろ過プラントで処理

AVU Netz社は電気とガスの供給と並行して、地域の飲料水が清潔であることも保証しています。飲料水用貯水池のEnnepetalsperreダム貯水池は、総貯水容量が1230万立方メートルを超えます。

Rohland水処理プラントおよびジョイントVolmarstein水処理プラントとの協力により、AVU Netz社は自社のネットワークエリアの水製造を運営しています。

アプリケーション

AVU Netz社のネットワークサービスシステムテクノロジ部門、Stephan Maubach氏  

AVU Netz社のネットワークサービスシステムテクノロジ部門、Stephan Maubach氏

「ユーティリティプロバイダとしては、プラントの文書化が決め手です」と、AVU Netz社のネットワークサービスシステムテクノロジ部門のStephan Maubach氏が説明しました。「飲料水の供給は非常に繊細な分野で、特にサービス需要が上昇した場合、当社のプラント技術者がいつでも迅速かつ効率的に、すべてのプラントコンポーネントにアクセスできなければなりません。」 メンテナンスやサービスの時間が長引くと、供給ネットワークを不必要に妨害しますが、理想的には常時運転しているべきシステムです。プラントの修理や拡張の場合、既存のマーキングを制御盤内の新規コンポーネントとともに調整する必要があります。

「私たちは現場でのマーキングとプラントの文書化の問題に直面しました。追加するマーキングは手書きで紙に記録され、製造部門に送られていました」とMaubach氏が付け加えます。「そのためコストが発生し、他の分野で回収する必要がありました。これが、マーキングが必要な場所でマーキングを作成する、モバイル印字ソリューションを探すことになった動機でした。」

ソリューション

制御盤のコンポーネントのマーキング  

制御盤内の各コンポーネントを便利に現場でマーキング可能

また、ユーティリティ業界は現在、コスト削減の強い圧力にさらされており、企業は常に新しい節約の可能性の探求や、既存のプロセスの効率向上を迫られています。ワークショップにおける制御盤製造で使用される固定プリンタと同じ印字品質を提供する、技術者向けのモバイルマーキング機器は、期待できる興味深いソリューションでした。

そのためAVU Netz社は、充電バッテリー駆動のモバイル印字システムTHERMOMARK PRIMEに決定しました。Maubach氏は、あらゆることを考慮して、新しいプロセスは固定プリンタを使用する以前のプロセスと比較して、時間を15パーセントも節約できると指摘します。「ラベルのデータを現場で直接入力できるため、時間がかかりエラーが発生しがちな中間ステップはもはや不要です。ワークショップで再印刷するためにかかる時間と、移動も不要になりました。」

供給の連続性を保証できるようにするため、システムの各終点は、同じシステムに従って指定、文書化、マーキングが行われます。THERMOMARK PRIMEは、柔軟なアプリケーションオプションとはっきりして読みやすい印字画像により、AVU Netz社のシステム技術者にとって重要な役割を果たす、制御盤内の有効性と一貫性を保証します。Maubach氏が報告したように、「40年たった端子台でも、最新の印字テクノロジで問題なくマーキングできます。」

フエニックス・コンタクトのすべての印字システムで使用され、モバイルプリンタに組込まれているCLIP PROJECT markingソフトウェアにより、ユーザーはタブレットと同様に機能する組込みのタッチディスプレイから、必要なデータを現場で直接入力できます。マーキングプロジェクトは作成後、プラグアンドプレイで機器のさまざまなインターフェース、例えばUSBスティックや無線接続経由で伝送でき、そこで印字や保存ができます。

まとめ

地域供給ネットワークで必要とされる高いレベルの操作安全性は、非常に正確で一貫したマーキングと文書化なしでは不可能です。「フエニックス・コンタクトのTHERMOMARK PRIMEソリューションを選択し、非常に短期間で利益を生み出すことができました。」とMaubach氏がまとめました。「現場ではるかに効率的に作業できるようになりました。THERMOMARK PRIMEモバイルプリンタを取得した主な理由は、高い柔軟性、タッチディスプレイからの分かりやすい操作、そして何より、当社のEPLAN CAEシステムとのインターフェース接続が優れていることでした。」 Maubach氏はさらなるプロジェクトも検討しています。現在、THERMOMARK PRIMEを10 kVのローカルグリッドでステーションのリモート伝送の分野に使用する計画があります。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: