街灯

街灯

効率の良い照明制御

最先端の照明ソリューションが道路や広場の魅力と安全性を高めます。

戻る 道路交通

カテゴリ

  • 効率の良い街路照明制御

    現在、LEDテクノロジは、道路、公共広場、地下鉄、および同様のエリアなどの照明に望ましい選択です。

街路照明用の既存のインフラは、新たな技術的および経済的課題に対応しなければなりません。通りや広場の安全性と魅力を高めるために、これらに重点が置かれています。都市計画者は、これらの目標を達成するために省エネで低メンテナンスのソリューションを利用します。

フエニックス・コンタクトの革新的な照明管理システムは、標準化された遠隔制御技術による制御室からの照明の要求ベースの制御を提供いたします。柔軟なスイッチングシナリオにより、効率的なスイッチングが可能になります。

特長

  • 制御システム内のすべてのステーションの診断とモニタリングによるメンテナンスとエネルギーコストの大幅な最小化
  • 分析およびアーカイブ用のモバイル通信経由で制御センターのすべてのデータを送信
  • 通信障害の場合のカレンダーエントリーに基づく照明の自動制御

分散制御と収集

街路照明システムの制御  

要求ベースの照明制御

街灯システムを効率的にそして何よりも省エネで制御します。

私たちのオートメーションシステムは、標準化された遠隔制御技術による通信を可能にします。必要な時と場所にのみ、特定の夕暮れ状況に応じて照明をオンにします。

保護

サージ保護用の完全なソリューション  

サージ電圧からの保護

サージ電圧による早期停電で、省エネLED街路照明の節約の可能性が大幅に削減されます。フエニックス・コンタクトのサージ保護および機器保護向けターンキーソリューションでこのコストをできるだけ低く抑えることができます。

BLOCKTRABサージ保護装置は、ご使用の電気機器向けの信頼性の高い保護を提供します。ランプまたはケーブルジャンクションボックスに直接簡単に取り付けることができます。

継続的なデータ交換

制御センター内のデータ管理  

安全なデータ伝送

リモートシステムを監視し、測定値を分析、またデータをアーカイブするためには、すべてのステーションを制御センターにネットワーク接続する必要があります。ODPサーバは、不正アクセスから保護されたデータのリモート送信を可能にします。

街路照明用分電盤とSCADAシステムとの間で、データの継続的な交換(有線またはモバイル通信経由)が可能です。

M2M通信を用いた街路照明の効率的な起動

TC Mobile I/O X300制御および信号機器は、街路照明用分電盤のライトストリップの起動を引き継ぎます。通信は、モバイル通信を使用するODP/OPCサーバを介して行われます。

街路照明用分電盤内の電力接触器の個々の起動は、夜間の設定、半夜間の設定、および歩行者横断の別々の起動を可能にします。信号機器は、分散型スイッチオンおよびスイッチオフ時間を送信し記録します。通信障害が発生した場合、街灯の静的で時間制御されたスイッチオンが確実に行われます。

トポロジ:街路照明制御  

街灯の要求ベースの起動

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス