ワイヤレスシステムによる遠隔制御

ワイヤレスシステムによる遠隔制御

ワイヤレスでパワフル

可能性を見つける:BluetoothからWLANへ、シリアルデータからI/Oシグナルへ。

Radiolineワイヤレスシステムにより、データとシグナルを数キロメートル先まで伝送できます。遠隔制御テクノロジでは特にシステム部品の新規取付け中や不良通信ケーブル交換中に新しくケーブル経路を敷設するよりも信頼性がありコストがかかりません。ワイヤレスモジュールにはさまざまなインターフェースがあり、プロセスステーションのローカルセンサ/アクチュエータとコントロールセンターの間のゲートウェイとして動作します。

特長

  • プログラミングなしですばやく簡単に開始
  • ポイントツーポイントまたはネットワークで簡単に接続(スター型、メッシュ型)
  • T-BUS経由で各ステーションのI/O機器を32台まで拡張可能(ホットスワップ対応)
  • ワイヤレスインターフェースのデータ速度は調整可能
  • 128ビットデータの暗号化(AES)

Radiolineの機能:

  • プログラミングなしですばやく簡単に開始
  • ポイントツーポイントまたはネットワークで簡単に接続 (バス型、スター型、メッシュ型)
  • ステーションあたりI/OモジュールをDINレールコネクタ経由で32台まで接続するモジュール式ステーション構造
  • I/Oシグナルとシリアルデータの伝送
  • Trusted Wirelessテクノロジ
  • RS-485ステーションと組合せ可能

I/O拡張モジュールの機能:

  • サムホイールからのI/Oマッピングで簡単に開始でき、プログラミングは不要
  • 稼働中でも簡単にモジュール交換(ホットスワップ機能)
  • チャネル同士を電気的に絶縁
  • 広域な温度範囲:-40~+70℃
ネットワーク内のシグナル分散(I/Oマッピング)  

ネットワーク内のシグナル分散(I/Oマッピング)

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階