クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタ

クラス1+2の雷電流とサージアレスタの組合せ

2つのアレスタを1台の機器に

クラス1+2直撃雷用アレスタとクラス2サージ保護の 最適な組合せ

戻る 電源用サージ保護

カテゴリ

絞込み検索 クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタ

このカテゴリの製品をすべて表示する

FLASHTRAB SEC T1+T2 は、市場で独自のクラス1+2特殊組合せ雷電流およびアレスタです。切換えが頻繁な環境を保護するのに理想的です。雷電流は強力なスパークギャップから安全に制御され、変動が速いサージ電圧はバリスタベースのクラス2アレスタで確実に制限されます。

特長

  • 内蔵バリスタのなだらかな応答動作により、特に頻繁なスイッチング動作のある繊細な設備のサービス寿命を延長
  • バックアップヒューズなしで最大315 Aまで使用でき、時間とコスト、スペースを節約
  • 安全断路機器の先進的テクノロジのスパークギャップを使用することにより、中断のないシステム運用
  • 汎用プラグ式バージョンの保護機器により、メンテナンスが簡単

定格電圧が高く世界中で使用可能

FLASHTRAB SEC T1+T2の使用範囲  

FLASHTRAB SEC T1+T2の使用範囲

FLASHTRAB SEC T1+T2は、国際規格のIEC 62305-1に準拠した最も厳しい要件である雷保護レベルIを満たしています。これは、機器が200,000 Aの落雷から確実に保護されることを意味しています。

このアレスタの定格電圧はAC 350 Vと高いため、世界中で使用できます。クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタは、電圧変動が大きい不安定な電源でも信頼性のある保護を提供します。電圧保護レベルは常に1.5 kV以下です。

主な仕様項目:

UC = 最大連続電圧
UTOV = TOV要件、IEC 61643-1に準拠
UN = 定格電圧

接続と取外し

FLASHTRAB SEC T1+T2  

汎用プラグ式アレスタ

FLASHTRAB SEC T1+T2の大きな特長はすべてのアレスタが汎用プラグ式であることです。 

絶縁を測定するときはプラグを外します。配線の取外しや配線をする必要はありません。

極めて強力な落雷などにより個別保護プラグに予想外の過負荷が発生した場合は、影響を受けたプラグをすばやく低コストで交換できます。

保護プラグのチェックはテスト機器CHECKMASTER 2ですばやく簡単に実行できます。

配線とマーキング

回転させたクラス1+2特殊組合せ雷電流およびアレスタ  

アレスタは180度回転可能

クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタは、対称的な設計で、基本要素とプラグは180°回転できます。これには次のような利点があります。

  • 設置が非常に簡単
  • 上からの電源ラインも下からの電源ラインも常に正しく接続可能
  • ケーブル長を最短にすることが可能
  • マーキングエリアが大きく読みやすい
  • さらに、チャネルごとに2箇所の接続ポイントがあり、ポイントを経由したV字配線が可能です。

便利なモニタリング

FLASHTRABセーフエナジーコントロール  

プラグで直接表示

FLASHTRAB SEC T1+T2の保護モードの動作状態はすべて監視されています。モジュールのLEDで直接確認できますが、電源は使用しません。

同時に無電圧のc接点でも監視できます。そのためメンテナンスの容易なリモート信号の実装が簡単になります。お客様の利点: クラス1+2特殊組合せ雷電流およびサージアレスタの状態に関する情報を、最も適した場所で取得できます。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

コンフィグレータ

個別アプリケーションのために製品およびソリューションの環境設定を行います。

ビルディングオートメーション用サージ保護