雷電流監視

収集、解析、応用

収集、解析、応用

システムへの落雷に関する通知をオンラインで受信し、負荷に基づいたメンテナンスに活用します。

戻る モニタリングと診断

カテゴリ

  • 製品リスト:雷電流測定
    雷電流測定

    雷電流モニタリングシステムLM-Sで落雷をリアルタイムで検出、評価し、遠隔でモニタリングできます。

絞込み検索 雷電流監視

このカテゴリの製品をすべて表示する

この測定システムで雷サージ電流のあらゆる重要なパラメータを検出して解析します。解析とリモートシグナリングをリアルタイムで行います。システムの操作パラメータと測定データが1つにまとまることで、管理やメンテナンスの決定に対する判断基準となります。

特長

  • インテリジェントな測定システムで直撃雷電流負荷を簡単に検出して解析
  • 連続リモートモニタリングでよりよいメンテナンス計画が可能
  • 組込み式ウェブサーバでデータ出力とコンフィグレーションが簡単
  • RJ45 Ethernetインターフェースで標準ネットワークシステムに組込み可能

監視システムの構造

フエニックス・コンタクトのユニークな雷電流モニタリングシステム  

雷電流モニタリングシステムでリモートモニタリング

このシステムの基本構成は最大3つのセンサを接続可能な評価ユニットです。センサは雷保護システムのダウンコンダクタに取り付けます。シグナルは光ファイバで伝送します。

安全な測定方法

フエニックス・コンタクトの独自の雷電流監視システム:ファラデー効果  

独自の雷電流監視システム:ファラデー効果

システムはファラデーの原理に準拠して動作します。落雷時は、サージ電流により保護機器周辺に発生する磁界をセンサが検出します。

測定結果は光ファイバケーブルから評価ユニットに送信されます。

評価ユニットではセンサのデータを解析し、次の雷電流のパラメータを測定します。

  • 振幅
  • 電流峻度
  • 負荷
  • 固有エネルギー

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス


Einfache Inbetriebnahme

Erfahren Sie, wie Sie das LM-S Blitzstrom-Messsystem einfach in Betrieb nehmen.


LM-S雷電流モニタリングシステム

LM-Sはパワー出力1.5 MWの広西風力発電基地を監視します。