Höchenschwanderberg飲料水供給における信頼性の高い制御と表示

概要

飲料水の貯水  

合計18基の高架水槽と2つの山頂貯水池を使用して、消費者に飲料水を供給します

  • Höchenschwanderberg水道施設組合は、南シュヴァルツヴァルト(southern Black Forest)の約24,000人の住民に、アルブ峡谷から飲料水を供給しています。
  • このプラントでは、高品質の水を保証するため、継続的な近代化が必要でした。
  • AXC 1050コントローラ、産業用PC、Waterworx機能ブロックライブラリ、Visu+ 2表示ソフトウェアなどの、フエニックス・コンタクト製のコンポーネントが、個々のアプリケーションの制御と表示のために現在使用されています。
  • このソリューションは、オープン性と取扱いの容易さで責任者を感心させ、コストと依存性を軽減しながら可用性を向上させます。

お客様のプロファイル

Höchenschwand山頂貯水池  

海抜1,020 mの高度にあるHöchenschwand山頂貯水池は、水道施設組合の最高位の貯水池です

南シュヴァルツヴァルト(southern Black Forest)のHöchenschwanderberg水道施設組合は、7つの自治体に年間620,000立方メートルを超える飲料水を供給しています。これは3つの深い井戸から採取され、18基の高架水槽と2つの山頂貯水池を介して、全長65キロメートルの配管ネットワークを通して約24,000人の消費者に供給されます。

アプリケーション

水処理場制御システム  

すべての運用メッセージと測定値は、新しい制御システムで表示されアーカイブ

この施設組合の地理的位置は、2つの渓谷にまたがり、高度差は約360メートルで、ポンプ制御と貯水システムを効率的に使用することが必要です。そのため、気候条件が良くない場合でも高品質の飲料水を保証するため、さまざまなプラントに数年にわたって投資が行われてきました。責任者は、とりわけ制御と表示テクノロジを重視しています。「近代化の措置を行うことに決定した際、システムのオープン性、シンプルな構成の表示テクノロジ、制御の効率的なプログラミングを重視しました」と、当時の組合の会長であるStefan Dorfmeister氏が説明します。「従業員が運用と今後のプラント拡張を自身で実施できることが必要でした。これにより、コストと依存性を軽減し、可用性も向上します。」 継続的な運用とプラントの監視をスムーズに実行するために、新しい表示システムを既存のソリューションとともにセットアップする必要がありました。

ソリューション

施設組合チームは新しい表示ソフトウェアとしてVisu+ 2を使用することを決定しました。このツールはプロセスの制御と監視のためのSCADA機能をすべて揃えていることが特長です。VISU+ 2は、適切な通信ドライバにより、以前使用されていた表示システムへのデータ接続を中断することなく、すでに設置されているS7-300ヘッドステーションにアクセスできます。プラントデータの解析とアーカイブ、レポートの作成には、Acronソフトウェアツールを使用します。中断した場合には、アラームが生成されてMessengerに表示され、AIPアラームポータル経由で適切な従業員に電話で通知されます。すべてのツールとアラームポータルはBL Rackmount 4U産業用PCにインストールされ、RAIDシステムテクノロジを使用することによって、プラント全体の高いフェールセーフパフォーマンスを保証します。フエニックス・コンタクトは、制御システムのエンジニアリングとPCシステムのインストールおよびそのアッセンブリを引き継ぎました。施設組合のメンバーを訓練することで、望ましいレベルの独立を保証しました。

AXC 1050小型コントローラ  

強力なAXC 1050小型コントローラは、任意の必要なI/Oモジュールで拡張できます。

外部構造も新しい制御システムで制御および監視されました。施設組合には独自のケーブルネットワークがあるため、イーサネット エクステンダーを使用して広範なIPネットワークを実現できました。さまざまなメーカー製のコンポーネントを、PROFINET対応AXC 1050小型コントローラ経由で簡単にアプリケーションに統合できます。Push-in接続テクノロジにより配線時間が短縮される一方、USB接続によって診断目的でPLCに迅速にアクセスできます。さらに、AXC 1050は無停電電源装置により短時間の電圧降下に対応することができます。TRIO UPSが、QUINTバッテリーモジュールシステムとともに長時間の停電に対応します。Waterworx機能ブロックライブラリは、アプリケーションのプログラミングをサポートします。プログラミング済みの業界に特化したブロックと機能で、時間を節約しプロセスの透明性が高まります。

まとめ

制御・表示テクノロジの近代化の枠組みの中で、責任者は消費者が将来も確実に供給を受けられるように、この公益事業会社の従業員自身が使用してさらに拡張できる、オープン ソリューションを重視しました。これはフエニックス・コンタクトのオートメーションテクノロジおよびサービスを使用して実現できました。制御テクノロジ、産業用PC、イーサネットエクステンダ、電源、WLANアクセスポイント、さまざまなソフトウェアツールがすべて、飲料水がまさに必要な時に利用できることに貢献しました。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

Referrer: