二次沈殿

信頼性のあるシステム動作

信頼性のあるシステム動作

当社はワイヤレスデータ通信ソリューションとシステムの連続動作を提供します。

取除いたスラッジには安定したリン酸とバクテリアがあり、スラッジの一部はポンプで沈殿池に送られます。一部は処理プロセスに戻され水に新しいバクテリアが入ります。再循環材料の正確な量を計算するためにスラッジのレベルが監視されます。最適な水質のためにpH、濁り、硝酸値も監視されます。

フエニックス・コンタクトのソリューションを使用してシステムを連続的に動作させることができ、ワイヤレスプロセスデータ通信でシステムを常時監視できます。

特長

  • 信頼性の高いデータ通信により、プラント内の手が届きにくい部分を可視化
  • 無線通信で低コストの設置とメンテナンス
  • 信頼性のあるモータ保護でシステムを連続運転

無線通信

水処理場  

Radiolineは大規模システム向けの無線システムです。

非常に遠隔地で手の届きにくい設備は、安全なデータ通信にとって課題となります。これは例えば、遠隔ポンプ場や井戸接続、ならびにスクレーパブリッジの回転部品や、充填レベル監視が該当します。無線システムRadiolineは、産業環境で使用するために特別に開発されました。シリアルコントローラデータと標準I/O信号を確実に伝送します。Modbus、PROFIBUS、PROFINETなど、すべての一般的な通信規格がサポートされます。Trusted Wireless 2.0などの専用テクノロジではプロトコルはパブリックで利用できず基本的に第三者による攻撃からの保護に非常に優れています。

セーフティ機能を組み込んだハイブリッドモータスタータ

Bio-Pタンク  

ハイブリッドモータスタータで連続動作とモータ保護

生物学的リン除去タンク(略称:Bio-Pタンク)では下水に含まれるリンがスラッジのバクテリアで除去されます。

CONTACTRONラインアップの1台4役ハイブリッドモータスタータはモータを確実に保護し連続動作を可能にします。このため組込みのセーフティ機能はあらゆる非常停止要件を満たします。

最終沈殿でBluetoothを利用した無線データ通信

PROFIBUSもPROFINETも:二次沈殿プロセスを安全に監視して最適な水質を実現します。例えば、スリップリングに代わるコスト効率の良いWLANを使用します。最終浄化槽からのプロセスサイズは確実に後続の制御レベルに確実に伝送されます。干渉を受けやすいスリップリング伝送を避けます。スリップリングは設置やメンテナンスコストが高くなります。

トポロジ:最終沈殿でBluetoothを利用した無線データ通信  

Bluetooth経由でプロセス値を制御レベルに確実に伝送

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階