生物学的処理

生物学的処理

下水処理場の心臓部

フエニックス・コンタクトのソリューションを用いて最適な下水処理プロセスを確保できます。

生物学的処理は下水処理場の洗浄プロセスの心臓部であると同時に最もエネルギーを消費する部分です。重要なプロセス変数を柔軟かつ正確に制御して、最適な洗浄能力を確保する必要があります。

フエニックス・コンタクトは下水テクノロジ向けの特殊な機能ブロックを開発しています。機器を迅速に組み込んでエネルギー効率よく接続できます。エネルギー計測ユニット、安全なネットワーク部品、モジュール型でオープンな制御テクノロジにより、安全で効率的なシステム運用を保証します。

特長

  • 測定点から制御室までの通信テクノロジで信頼性の高い通信
  • 認定済みの通信による高レベルのITセキュリティ
  • ケーブル接続ソリューションやGPRS、DSL、UMTS、LTE、Bluetooth、LoRaWAN等のさまざまなアプリケーション分野向けの柔軟な監視手順

産業特有の機器を簡単に組込み

プロセスデータの取得と伝送  

運用データをモバイル末端機器経由で簡単に接続

プログラミング済みのWater Functionsライブラリの機能ブロックにより、ポンプやブロワーの計測ユニットや周波数コンバータなどの機器の、メーカーに依存しない接続が簡略化されます。回転速度、電力消費、充填レベルなどのすべての重要なプロセスデータは、PLCnext Control機器を使用して確実に取得され、制御システムに伝送されます。モジュール型設計により、プラントはいつでも拡張することができます。

無線プロセスデータ伝送

無線データ通信を行う製品を搭載した制御盤  

WLAN経由の無線通信

制御室への接続とプラント各部へのアクセスは、最新のテクノロジによりさまざまな方法で実現されます。しかし特に近代化プロジェクトでは、ケーブル変更のコストは高いことが多いです。
無線伝送手順は、現場から制御室にプロセスデータを送るための柔軟性があり低コストな代替手段です。

曝気槽から制御室への無線データ伝送

最新の無線通信でアプリケーションに必要な柔軟性が備わります。
プロセスデータは投薬ステーションや曝気槽などの個別エリア間でPROFINETやWLANを経由して交換できます。すべての関連プロセス値は制御室に安全に伝送されます。

トポロジ:曝気槽から制御室への無線データ伝送  

無線通信でプロセスデータを無線伝送可能

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階