DINレール上のバッファモジュール

バッファモジュール

メンテナンス不要のバッファモジュールで、無停電電源装置システムを設定します。数秒続く主電源エラーに対して、アプリケーションを保護してブリッジします。バッファモジュールは、電子スイッチオーバーユニットとメンテナンスフリーのコンデンサベースのバッテリーモジュールを同じケースに組み込みます。DINレール取付けにも適しており、コンパクトな設計で省スペースです。

詳細情報

新製品

インターフェース付きのQUINT CAPバッファモジュール
メンテナンスフリーのバッファモジュール
内蔵のインターフェースでインテリジェントな保護

インターフェース内蔵の新しいQUINT CAPバッファモジュールは、産業ネットワークに簡単に統合することができます。最大数分間の巡回エラーをバッファリングし、電子スイッチオーバーユニットとバッテリーモジュールを1つのケースに組み込みます。

こちらが特長です

  • 自由に選択可能なインターフェースにより産業ネットワークに簡単に組込み:PROFINET、EtherNet/IP、Modbus/TCP、EtherCAT、USB、およびModbus/RTU
  • メンテナンスフリーの二層コンデンサによる長いサービス寿命
  • スタティックブーストで高負荷を確実に起動
  • 幅広い信号伝達:監視機能により障害が発生する前にクリティカルな動作状態を報告
  • 4台までの機器の並列接続により、バッファ時間を延長

こちらが主な機能です

  • 長寿命(+40℃):20年以上
  • 最大10 Aの急速充電
  • 広い温度範囲(テスト済みの起動タイプ-40℃):-25℃~+60℃
  • 充電/放電サイクル:≥ 500,000

特長

  • コンパクトなバッファモジュール設計で省スペース
  • 取扱いが簡単:電解コンデンサによりメンテナンスフリー
  • 滑らかな起動で、低電力範囲の電源にも使用可能
QUINT BUFFERバッファモジュールは、数秒続くエラーの瞬断を埋めます。

QUINT BUFFERバッファモジュール

QUINT BUFFER―数秒続くエラー対応のコンパクトなバッファモジュール

QUINT BUFFERバッファモジュールはコンパクトサイズで、数秒続く主電源エラーの瞬断を埋めます。

  • 電解コンデンサ
  • 幅広い信号伝達
  • 温度範囲:-40°C ~ +70°C
  • 固定および可変の起動閾値:QUINT POWER電源に最適化された自動モード、追加のアプリケーション向けに手動コンフィグレーション可能