操作の検出

古いオペレーティングシステムの機械に最先端の保護 操作の検出―古くなったシステムをCIFS整合性チェックで保護

機械はその堅牢さによりサービス寿命が長いことがありますが、オペレーティングシステムのライフサイクルはそれより短いことが多いです。そして、ハッカーにセキュリティの脆弱性を突かれると、IIoTネットワークはこれらのシステムにとって不利になります。フエニックス・コンタクトのCIFS整合性チェックでは、次のものを提供します。

  • 産業用アプリケーション向けのアンチウイルススキャナ。
  • Windowsベースシステム上での操作とゼロデイ攻撃の検出。
  • インストールもインターネット接続も不要なシンプルなアプリケーション。
操作の検出

ネットワーク化された製造システムのリスク

インダストリー4.0や産業向けIoTなどのトレンドは、あらゆる業界の製造に付加価値をもたらします。主な要件の1つは、すべての機器、機械、システムが、離れた場所にあってもすべてのOTおよびIT接続機器と通信できることです。このための前提条件は、インターネットへの接続ですが、これによってサイバー攻撃のリスクも高まります。

製造システムは、技術的または経済的理由で交換できない古い機械で運用されていることがよくあります。経年により、ハードウェアが最新の要件を満たさなくなったり、プロセスが広範囲に影響を及ぼすため、Windowsアップデートができなくなることがよくあります。そのためオペレータは次のような保護が必要です。

  • 最新の危険を適時に認識して回避する。
  • 危険な状況でのみ機械と周囲のネットワークとの通信を制限する。
  • 古くなった機械が経済的または技術的に存在できなくなるまで、安全に保護する。
mGuard 4000

mGuard 4000

サイバー攻撃から保護するための産業強度のアンチウイルスセンサCIM

CIFS Integrity Monitoring(CIM)により、mGuardセキュリティルーターは産業用アプリケーション向けに高性能で信頼性の高いアンチウイルススキャナを提供します。CIFS整合性チェックはmGuardセキュリティルーター上で機能するため、Windows PCへのインストールやインターネット接続は不要です。潜在的な脅威は継続的なチェックサム比較によって検出され、変化があった場合はメールまたはSNMPトラップでアラートを受信します。

そのため製造現場の古くなった機械を、更新なしで安全に運用を継続でき、ゼロデイ攻撃を適時に回避することができます。

CIFS整合性チェックは、継続的な検査により古い機械に対してもデータの一貫性を確保するため、デジタルファクトリーでのセキュリティのための保護に最適です。

Frank Brockhagen - Phoenix Contact, Senior Project Manager, Data Security
Frank Brockhagen

通信に影響することなく安全に運用

CIMアンチウイルススキャナを使用することにより、プラントや機械の確実な運用を可能にします。次のメリットがあります。

  • ファイル操作に対する追加の保護。
  • 監視対象システムのリソースを節約(CPUパワーなど)。
  • デジタルファクトリーでの誤認警報の防止。
個別で拡張可能なソリューション
お客様と共に、お客様に最適なソリューションを見つけます。
今すぐ工場をデジタル化して、将来の競争優位性を確保しましょう。
お問い合わせください
デジタルファクトリー内の従業員