パーク管理:気象データの収集

パーク管理:気象データの収集

気象データを一目で把握

フエニックス・コンタクトのウェザーステーションでシステムの効率を連続的に通知します。

戻る 地上設置型システム

カテゴリ

  • 気象データ収集ソリューション

    フエニックス・コンタクトの気象データ収集ソリューションは大型太陽光発電システムのニーズに応じたオーダーメイドです。

太陽光発電システムのオペレータは地上設置型システムのエネルギー効率と信頼性を常に知らされていたいものです。その測定結果として考えられている一つが性能比で、実際の発電量と理論的な発電量の比率です。

この値が予想を下回っている場合はシステムエラーを表します。ウェザーステーションは日照時間、風力、温度など重要な気象データを24時間体制で測定します。このデータで性能比を計算します。

特長

  • あらゆる必要なI/Oチャネルを提供
  • すべてのセンサに接続
  • オプションのセンサ加熱
  • SunSpec®に準拠しModbus経由で収集したセンサデータの提供
  • ウェブインターフェース経由でセンサのパラメータを簡単に指定

接続

PVシステムのウェザーステーション  

あらゆる一般的なセンサをウェザーステーションに接続可能

フエニックス・コンタクトのウェザーステーションは汎用設計で11の共通センサを標準インターフェースで接続できます。

またウェザーステーション内部の電気部品はすべてサージ電圧から確実に保護されます。

スタートアップ

ウェブインターフェースでウェザーステーションのパラメータを指定  

ウェザーステーションのパラメータはウェブインターフェース経由で簡単に指定

センサはウェブインターフェースから簡単に設定できます。ウェザーステーションを開始するためのプログラミング知識は必要ありません。

収集した気象データはコントローラにローカルで保存され必要に応じて呼び出すことができます。

データ伝送

アプリケーションの電源とコントローラ  

SCADAシステムにデータを伝送するためのインターフェース

上位SCADAシステムに簡単に接続できるよう気象データは必要に応じてModbus、PROFINET、SunSpec®などの標準データ形式で提供しEthernetで伝送します。

システムネットワークのウェブインターフェースでウェザーステーションにいつでもアクセスできます。

地上に設置したシステムの気象データを収集

地上設置型システムのオペレータはセンサから提供されるすべての気象データの収集を要求します。このデータを中央のSCADAシステムに送信し、適切なインターフェースでモニタリングして制御する必要があります。

データ収集と伝送はフィールドで発生するかもしれないすべての環境条件で保護される必要があります。

地上に設置したシステムの気象データを収集

ウェザーステーションですべての重要な気象データを連続的に収集

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

地上設置型PVシステムで使用するウェザーステーション

気象データは中央のSCADAシステムに送信されます。