NearFiを使用した全二重伝送

NearFi―リアルタイムの通信

全てのイーサネットプロトコルにおける全二重伝送

リアルタイムイーサネットプロトコルを送信するためには、全二重伝送(つまり両方向の同時伝送)が必要です。

NearFiでは、全二重モードを可能にするために、別々の周波数帯域で2つの60 GHz接続(1つはアップリンク、もう1つはダウンリンク)が並列に使用されます。

これはつまり、TSNやOPC UAなどの将来の開発にも適した技術です。

ビット単位の同期とパケット単位の非同期伝送

ビット単位の伝送は遅延がありません。

ビット単位の伝送

NearFiでは、同期型ビット単位の伝送方式が採用されています。これにより、リアルタイムでの非接触型通信が可能となり、あらゆるイーサネットプロトコルが即座に伝送されることになります。

これまでのその他すべての無線伝送テクノロジは、パケット単位の伝送に頼っています。これは、最初にパケットが受信され、次に再度パケット化されて無線で伝送されるため、常に大きな遅延が発生します。無線パケットは、受信側で受信し、パッケージを分解した後、再度出力する必要があります。このプロセスには多くの非同期および遅延の原因となる操作が含まれますが、これらはフエニックス・コンタクトの革新的な伝送テクノロジにより完全に排除されています。

インダクティブ(電磁誘導)方式の電力伝送の図

磁場を介したインダクティブ(電磁誘導)方式の電力伝送

インダクティブ(電磁誘導)方式の電力伝送

電力伝送はインダクティブ(電磁誘導)方式です。ベースカプラはコイルを介して磁界を発生させ、その磁界がリモートカプラのコイルに誘導されます。

アクティブなクローズドループ制御により、伝送用に常に最適なパラメータが選ばれます。そのため、数センチの動作範囲にわたり50 Wの一定出力が維持されます。

Bluetooth、WLAN、NearFiのロゴ

あらゆる要件に対応する無線技術

WLANや他の無線技術との共存性

NearFiは、60 GHz帯の無線通信を用いて、数ミリメートルの非常に狭い範囲の近距離通信を行うものです。

そのため、WLANやBluetoothなどの既存の無線技術と干渉することなく、必要な数のNearFiシステムを並行して動作させることが可能です。

ロボットを使用した製造工場

自動車製造におけるNearFi technology

自動車分野のアプリケーション

NearFiはエアギャップを介して電力とデータを伝送するため、伝送は効率的で摩耗がありません。サービスアクションとメンテナンスコストが削減され、システムの可用性が向上します。したがって、低コストや最適化された製造プロセスにより、システムの償却期間が大幅に短縮されます。

グリップツールを使用して1日に数百回の嵌合が行われる自動車製造でのロボットアームは、接続部の摩耗や損傷を示す特に顕著な例です。ただし、コネクタは汚れたり歪んだりする可能性があるため、コネクタの耐用年数は限られています。これにより、計画外または予測不能の製造停止やメンテナンスが定期的な間隔で発生し、そのコストはすぐに7桁に達する可能性があります。新しいNearFi Technologyにより、摩耗する接続部を簡単に交換することができます。