mGuardによるシステムネットワークの保護

デジタルファクトリーのサイバーセキュリティ―ハッカー攻撃の可能性を排除 セキュリティ評価―産業用サイバーセキュリティのコンサルティング

製造システムのデジタル化の促進とともに、セキュリティリスクも増加し、サイバー攻撃の危険性も高まっています。最新の法律と規格に従って、内外からの攻撃に対して工場を保護するためには、認定されたエキスパートによる総合的な分析とコンセプトを持つことが重要です。

フエニックス・コンタクトは、目標志向のサイバーセキュリティサービスを提供します。

  • IEC 62443に準拠の全体的な360°のセキュリティコンセプトに関するコンサルタントサービス(設計図)。
  • 現在の危険およびリスクの状況を解析し、最適化の可能性を発見する機能。
  • 国際的な経験豊富なサイバーセキュリティのエキスパートの、長年にわたる専門知識。
セキュリティ評価

IIoTは新しい可能性を開きます。それには不正アクセスも含まれます

IIoTと、それに伴うネットワーク接続の増加により、これらが工場内にセットアップされているか、複数施設にわたるのか、1か所なのか、サードパーティにセットアップされているのかに関わらず、攻撃や操作の新しい機会が出現しています。古い保護メカニズムは、これらの脅威に対して保護するようには設計されていません。これに対して、国内法や規格、取組みは、全世界を通じて国際的に適用される産業用サイバーセキュリティ(ICS)に関する指令を作成するように定義されています。これらの指令を順守できない場合、企業はサプライチェーンのステークホルダーにはなれません。

企業は、自社の製造の現状を分析し、OTおよびIT向けのセキュリティコンセプトを構築するために必要な、最新の適用される法的規定に関する複雑な知識が不足していることが多いのです。さらに、必要な作業には膨大な時間とコストのリソースがかかります。

デジタルファクトリーの完全に包括的なセキュリティを確保するため、次の要件が適用されます。

  • 現在適用される国内および国際ICS法および規格への準拠。
  • 企業の各拠点への、セキュリティコンセプトの個別適用。
  • 外部からだけではなく内部からのサイバー攻撃に対する保護。
ノートPCによる製造システムの解析

経験豊富なICSエキスパートによる個々に調整されたサービス

フエニックス・コンタクトは認定セキュリティサービスプロバイダとして、サイバーセキュリティの分野で次のような幅広い知識を備えています。

危険およびリスク分析
危険およびリスク分析は、製造ネットワークの現状を記録し評価するために実施されます。エキスパートが製造内のすべての通信を記録し、ネットワーク構造を分析し、機器に古くなったファームウェアがないかスキャンします。この情報は潜在的な弱点を特定するために使用されます。

360°のセキュリティコンセプト
IEC 62443に準拠する設計図の作成を通して、理想的な安全性の高い工場を実現するための詳細なドキュメント付きのコンセプトを提供します。

個別トレーニングコースとセミナー
ネットワークのセキュリティ解析は反復的なプロセスです。将来の脅威を独立して分析して排除できるようにするため、参加者グループと所定のフレームワーク条件に個別に合わせた、包括的なトレーニングセッションとセミナーを提供します。常に理論と現在の実践を結び付けることに重点を置いています。

デジタルファクトリーでのサイバーセキュリティの実装は、常にユースケースに合わせて適応する必要のある、技術的および組織的措置のやり取りによるものです。当社の専門知識と経験を生かして、実装の成功をサポートします。

Dr. Lutz Jänicke - Phoenix Contact
Dr. Lutz Jänicke
デジタルファクトリー向けの総合的なセキュリティコンセプト

ワンストップで提供

「セキュリティ評価」ソリューションにより、次のものを提供します。

  • 現在適用される国内および国際法および規格への準拠に関する、ICSエキスパートの幅広い専門知識。
  • 現在の保護措置の評価と、お客様の専門知識とプロセスを内外からの不正アクセスから保護するために最適な方法。
  • 産業用サイバーセキュリティの分野での、お客様自身の専門知識をターゲットを絞って拡張。
個別で拡張可能なソリューション
お客様と共に、お客様に最適なソリューションを見つけます。
今すぐ工場をデジタル化して、将来の競争優位性を確保しましょう。
お問い合わせください
デジタルファクトリー内の従業員