接続箱

接続箱

最適な性能を目指して

接続箱ソリューションで太陽光発電システムの最大稼働率と最大発電量を実現できます。

戻る 地上設置型システム

カテゴリ

太陽光発電システムのプランナと設置者は太陽光発電システムの稼働率と性能を最大にするという課題に直面しています。このとき重要になるのがストリング電流の収集と分散、個別モジュールの落雷とサージ電圧による損傷からの保護、およびシステム性能のモニタリングです。

フエニックス・コンタクトの接続箱(SCB)は省スペースのハウジングでこの要件を満たしています。当社の太陽光発電ストリング電流モニタリングシステムにより個別のストリングが故障した場合でも誤作動とパワー損失にすぐに対応できます

特長

  • サージ保護機器の設置場所が最適かどうかをアプリケーション指向で分析
  • 低コストで短時間配線
  • フィールドで別の電源を追加する必要がない
  • コンパクト設計で省スペース設置
  • DC 1500 Vまで電圧測定

収集と分散

フィールドの接続箱  

プリアッセンブリで試験済みの接続箱

すばやい設置とスタートアップおよび高いシステム稼働率:プリアッセンブリSCBでオペレータの満足を保証できます。

最適に調整された部品と通信インターフェースを使用しSCBを上位パーク管理システムにすばやく簡単に接続できます。

接続と保護

ハイブリッド端子台  

特別な端子台で配線の手間を省く

幅広い端子台の広範な製品ポートフォリオでどのアプリケーションにも適切なソリューションを提供します。ヒューズ端子台はストリングを逆電流から保護するのに理想的です。

ダイオード端子台は太陽光発電薄膜を使用するために特別に設計されています。またハイブリッド端子台で新たに配線することなく最大4つのストリングをまとめます。

サージ電圧からの保護

太陽光発電システムのサージ保護機器  

太陽光発電システムで信頼性のあるサージ保護機器

サイズと設置場所で地上設置型太陽光発電システムは落雷とサージ電圧による
危険性が極めて大きくなっています。

フエニックス・コンタクトの雷電流アレスタとサージ保護機器で予防策を講じれば、システムの稼働率が大きく向上します。保護機器はEN 50539-11およびUL 1449第3版の太陽光発電設置時のサージ保護の基準を満たしており、KEMA認証を受けています。

ストリング電流と電圧のモニタリング

電流測定モジュール  

ストリングレベルでの太陽光発電システムモニタリング

ホールセンサを用いることで電流測定モジュールは太陽光発電システムの特性データをコンタクトフリーベースで決定し通信モジュールに送ります。4チャネルと8チャネルのバージョンがあります。

電圧測定モジュールで最大1500 VのDC電圧を測定できます。このモジュールは地上設置型・分離型のどちらの太陽光発電システムの測定にも適しています。

電源

DC/DCコンバータ  

コンパクトな太陽光発電向け基本機能DC/DCコンバータ

新しい太陽光発電向け基本機能DC/DCコンバータで地上設置型システムから直接接続箱に電源を供給できます。

この結果、インストレーションコストを抑えシステム効率を上げることができます。コンパクトな設計と高い効率でDC/DCコンバータは小型制御ボックスでも使用できます。

バスケーブルの電流の変換とモニタリング

電流変換器  

太陽光発電システムのDCバスケーブルをモニタリング

汎用AC/DC電流変換器で最大600 AのDCバスケーブルをモニタリングできます。つまりモニタリングする電線が邪魔になることがありません。

この電流変換器で交流をさまざまな伝送比率に変換できます。下流のエネルギーメーターで特性データを制御盤内で直接記録して表示できます。

太陽光発電ストリングのモニタリング

測定モジュールで直流電流を最大8か所、DC電圧は1か所同時に測定します。このシステムを使用し、1つの通信モジュールで8つの測定モジュールを稼働させることができます。

2線式通信ケーブルは測定モジュールへの電源供給にも使用します。追加電源は必要ありません。汎用の電流測定変換器でバスケーブルのAC/DC電流を測定できます。

太陽光発電ストリングのモニタリング

ストリングからバスケーブルまで、フエニックス・コンタクトは太陽光発電システムを確実にモニタリングします。

フエニックス・コンタクト株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-7-9
友泉新横浜一丁目ビル6階

サービス

太陽光発電

PVシステムの最適化と確実で安全な稼働