デジタルファクトリー内の従業員

OTとITとの間の橋としてのIIoT Framework OTとITの出会い―データを利用可能、読取り可能、どこでも評価可能に

収集されたデータは、適切なフォーマットで存在しないため、または上位レベルのシステムへの接続がないため、製造システム内のデータサイロに保存されることが多いです。

IIoT Frameworkは次のものを提供します。

  • OTとITの間のデータ交換用の、シンプルで信頼性の高い接続。
  • プログラミング知識不要のオープンプラットフォームにより、無制限の拡張可能性。
  • 標準化されたデータをリアルタイムで利用でき、タイムスタンプにより履歴を追って評価可能。
OTとITの出会い

異なる要件、規格、設定を結合

データはOTとITで生成されて収集されます。しかし、過去の経緯から、通信の種類や技術が異なるため、限られた範囲でしかデータ交換ができず、また、非常に時間とコストがかかるという問題があります。技術革新に伴い、製造現場にはさまざまな機器が増え続けています。

2つの環境をつなぐためには、変化を強要することなく2つの世界をつなぐ橋が必要となります。さらにこの橋は、OTとITの機器とシステムが、互いに通信してデータを交換できるように、無制限で全体的なデータ処理が常時可能でなければなりません。デジタルファクトリーの要件を満たすため、変化する条件に柔軟に対応できる必要があります。

PLCnext Storeの画面の前の従業員

IIoT Framework―オープンインターフェースによる無制限のデータ交換

フエニックス・コンタクトIIoT Frameworkは、OTとITとの間の、拡張可能でオープンかつ非常に柔軟なインターフェースです。PLCnextベースのソフトウェアには、3つの基本コンポーネントが含まれます。

IIoT Framework
IIoT Framework自体は、ソリューションのメインコンポーネントで、基本的機能、要素、表示システムを備えた基本ライブラリが含まれます。このフレームワーク内で、収集されたデータは標準化されて保存されます。拡張性により、Raspberry Piから高性能PCまで使用可能です。さらに、当社のインテリジェントなMLnext Technologyソリューションにリンクして、製造内の予知保全により異常を検出することもできます。

インコネクタ
インコネクタ(アプリ内)は、OTおよびITの環境内でデータ収集を担当します。ここでは、各通信プロトコルに対して1本のコネクタが必要です。周期的に収集されるデータは、変換もタイムスタンプもなしで保存されます。

アウトコネクタ
アウトコネクタ(アプリ外)は、データのさらなる処理を担当します。OT機器またはIT機器から要求されると、標準化されたデータがそれぞれの出力フォーマットに変換され、要求された間隔で送信されます。

PLCnext StoreでIIoT Frameworkをご確認ください。

IIoT Frameworkにより、オープンアーキテクチャを通して無限の接続性と最大レベルの独立性を組み合わせています。

Stefan Schnake - Phoenix Contact, Manager, Manufacturing Data Support
Stefan Schnake
画面でデータを評価している人

今すぐOTとITをネットワーク化

IIoT Frameworkは次のものを提供します。

  • オープンインターフェースを備え、独自のコネクタを作成することが可能な、最大限の自由度とベンダーに依存しないアクション。
  • 簡単に交換可能なPLCnextハードウェアプラットフォームにより、最高のパフォーマンスと将来の持続可能性。
  • OTとITをすぐに使用できるコネクタで接続するための費用対効果の高いソリューションと、新しいコネクタのコンフィグレーションガイド。
  • 任意のOTおよびITシステムや機器で、データを利用可能かつ可読にする機能。
個別で拡張可能なソリューション
お客様と共に、お客様に最適なソリューションを見つけます。
今すぐ工場をデジタル化して、将来の競争優位性を確保しましょう。
お問い合わせください
デジタルファクトリー内の従業員

OTとITの違いは何でしょうか。

ITはInformation Technology(情報テクノロジ)の略で、データの可用性や制御、そのハードウェア・ソフトウェアのことを指します。データの機密性と完全性を重視します。

対照的に、オペレーショナルテクノロジ(OT)とは、製造とそのプロセスを制御・監視するハードウェアとソフトウェアです。製品の長いライフサイクル、多様な機器/メーカーの状況、さまざまな通信プロトコル、厳格な環境規制が特徴です。ここでは、PLCに接続されたセンサとアクチュエータが、インフラ内のすべての動きを追跡します。Bluetooth 5.0やWLANなどの最先端の無線技術も使用されます。
人員の安全と、製造プロセスの最大レベルの信頼性と効率性が重視されます。

産業向けIoT(IIoT)は、デジタルファクトリーにおけるプロセスの完全な監視と制御を包括しています。IIoTが関与するどんな産業でも、常に最新のテクノロジを追求し、デジタル化された製造の要件に対応します。